HOME > スタッフブログ > 自然素材の家って?素材や単価、メリット・デメリットを事例付きでご紹介!

スタッフブログ

< オーナー様邸見学会、盛況でした!(※今週末も連続で開催しますよ~)  |  一覧へ戻る  |  今人気!?の平屋建て~メリット&デメリットをご紹介~ >

自然素材の家って?素材や単価、メリット・デメリットを事例付きでご紹介!


家を建てるなら「自然素材の家」を建てたいという方が増えています。健康志向、安全志向から、安心して暮らせる家として自然素材の家が注目を集め選ばれるようになってきたのです。そこで、従来の家なら分かるけれど自然素材の家はよく知らないという方のために自然素材を使った家についてその魅力やメリットデメリットなどをご紹介します。


自然素材の家とは

20180409105339-c39f28c8077eabcf9a4335c6e37c164787b10a76.jpg
自然素材の家とは、人体に有害となる人工的化学物質を含まない天然の素材で建てられた家。住む人の健康に優しいことが魅力のひとつです。さらに木や土、石といった天然の素材は、色や形、模様など同じものがないことも大きな魅力です。また、それらの天然素材を原料とした紙、タイル、瓦、珪藻土など内装や建具などに使う素材は種類も幅広く、デザイン次第で和にも洋にも演出できる柔軟性を併せ持っています。具体的には無垢材を使ったフローリング、漆喰(しっくい)の壁、タイルを使った水場、琉球畳の和室などが挙げられます。自然素材で作られた家は住む人の健康に優しいことはもちろん、住む人の健康や生活を優しく包み込むと同時に、住む人の生き方を象徴することも可能なのです。


本物の自然素材

20180409105429-5f9df17ce72d5369048523fc5693491f92d97ae2.jpg


自然素材を使って家を建てる時にぜひこだわってほしいのが「本物」の自然素材を使うことです。例えばフローリングでも接着剤で固めた合板素材ではなく無垢の素材を使う、畳ならナイロン素材ではなくイ草を使ったものを選ぶ、壁ならビニールクロスではなく漆喰の塗り壁にする、などです。本物の自然素材にこだわることは化学薬品を遠ざけることにも繋がります。さらに「本物」を選ぶという観点で自然素材を深く見てみると、メーカーや価格によって素材の配合割合が異なったり、含まれるボンドが化学性のものであったりすることがあります。例えば珪藻土の価格がメーカーによって異なっている場合には配合割合などの内容を比較してみると、価格が異なる理由が見えてきます。せっかく自然素材を使って家を建てるならぜひ、素材の内容まで確認して「本物」を選ぶことをお勧めします。
自ら固まる力のない珪藻土は特殊な固化材によって水で練り固められます。珪藻土壁材といっても原材料比率が10%未満のものもあります。それに対して漆喰は塗った後時間をかけてゆっくりと自分で固まっていく性質があります。もとの石灰岩に戻っていく自然の力を持っている塗り壁材です。

 

自然素材の家の坪単価

20180409105509-b99af07a14ae3ee3eda1cff956c4dc68ab803e20.jpg

自然素材の家を建てようと考えた時に気になるのは、坪単価です。自然素材の家に限らず家を建てる時に一度は坪単価を計算しておきましょう。坪単価とは、1坪当たりにかかる建築費を表したものです。「坪単価=建物本体の価格÷延床面積」という計算式で一般的には算出されます。延床面積とは、建物本体の各階の床面積を合計したものを指します。例えば延床面積が40坪の家の建物本体の価格が2000万円であれば、「2000万円÷40坪=50万円」となり、坪単価は50万円と算出されます。業者によっては打ち出した数字は想定プランによるもので実際とは異なることもあり、広告に掲載されている坪単価を単純に他と比較できない場合があるため注意が必要です。

さて、自然素材の家の坪単価についてですが、目安となる坪単価は「60万円前後」と言われています。つまり延床面積が40坪の家を建てるなら建物本体の価格が2400万円となるのです。


 自然素材の家はやっぱり高い?        

20180409105542-48af47521ae7f8dc93196febfe3188f5787526fe.jpg

自然素材の家の坪単価の目安を「60万円前後」とご紹介しました。ではここで、一般的な注文住宅の価格と比較してみましょう。一般的な注文住宅の坪単価は「約50万円」が目安と言われています。つまり延べ床面積が40坪の家を建てるなら建物本体の価格が2000万円となるのです。比較してみると、坪単価に約10万円の差があるため、延床面積が大きくなるほど建物本体にかかる費用の差が開いてきます。その差について数字だけを比較して「高い」と捉えるのか、健康面での安心やこだわりを加味して「想定内」と捉えるのかは人それぞれですが、家を建てる時には、単純に坪単価が安ければよいと考えているわけではない方が多いようです。

 

失敗しない家づくり

20180409105613-c4dcc4e870c64d6f4dccf7888f4e063bac13d314.jpg
一生の中で大きな買い物となる「家」だからこそ、できるだけ失敗を避けたいものです。家づくりにおける失敗とは、土地や資金面、業者選び、外構や庭のつくり、内装や間取り(特に収納)など様々な面において生じる可能性が考えられます。実際に使ってみたり住んでみたりして初めてイメージしていたものと違うことに気付くこともあるのです。シックハウス症候群などもその一例として挙げられます。
失敗しない家づくりをするためには、建てる側の最初の心構えも大切です。資金面で無理をしない、何のために誰のために作るのかという目的をはっきりさせること、業者選びの際にはこれまでの施工例を見て自分達が希望する家を建ててもらえそうかどうか検討するなど、契約を結ぶ前にしっかり準備・検討しておきましょう。

 

自然素材でもアレルギーテストは必要

20180409105643-5955d08ccd0a935afa59b812bd2d7e94fb782819.jpg
自然素材の家=健康面で安心できる家と捉えがちですが、個人のアレルギーが多様化しており、自然素材を使っていても、中にはいずれかの自然素材に対するアレルギーを持っている人もいます。そのため、事前に建築素材等に対するアレルギーテストをしておくことは、失敗しない家づくりのため、自然素材においても非常に大切なことです。


 

押入には自然素材


20180409105712-942fe2b5af2e2cba3bfb24776b4bb90928567ced.jpg
自然素材にこだわって家を建てるなら収納スペースの中に使う素材にもぜひ気を付けたいものです。収納スペースの中は使う時にしか見えないことが多いため、使う素材へのこだわりが弱くなる方が少なくありません。しかし、押し入れなどの締め切った空間となる収納スペースには空気の循環が少なくなり、カビが発生しやすい環境です。だからこそ、素材そのものに適度な湿度調整をしてくれる力がある無垢材が収納スペースの素材として適しているのです。自然素材の特長を生かしたまさに適材適所な素材使い方と言えます。



新築の臭い

20180409105738-cdc7ec8502269e9bdc26f712482aeb8917211ce6.jpg

買ったばかりの物には新品ならではの臭いがあるものもあります。家についても同様です。家が完成して住み始めてから、新築の臭いが気になることに気付くこともあるのです。新築の臭いと言うとこれまでの一般的な住宅においては、クロスの接着剤臭などのような化学物質の臭いを指すことが多く、それらはシックハウス症候群の原因となっているものもありました。では自然素材の家における新築の臭いとはどのようなものなのでしょうか。自然素材の家では無垢材をふんだんに使っていることが多いため、特に新築の際には森林などの自然の中にいるような臭いがすると受け取る方が多いようです。自然素材の家における新築の臭いは好意的な声が主流なのです。

 

無垢材のデメリット

20180409105804-5a40957c2cf17656bc4d2ec008fec982ed6b0d34.jpg

肌障りがよく、空気中の湿度調整をしてくれて、自然の中にいるような気持ちにさせてくれる無垢材。家で使う自然素材としてメリットの多い無垢材ですが、デメリットもあります。例えば、傷やシミが付きやすい点や、湿度調整の中で無垢材が一時的に膨張したり収縮したりすることを繰り返すため、フローリングに若干の隙間が生じたりひび割れが生じたりすることがある点などがあります。特にお手入れが面倒ではないかと心配している方も少なくありませんが、実際のところはどうなのでしょうか。無垢材にはお手入れが必要ですが、合板のフローリングやビニールのクロスであってもお手入れや掃除は必要です。経年による色の変化も味わいとなる無垢材は、色あせの心配もありませんし、材料の品質選びをしっかりしていれば大きな反りや割れを生じることはほとんどありませんし、頻繁にワックスがけをする必要もないのです。他の素材と比較しても敢えて大きなデメリットとして捉えるほどの心配はないと言ってもよいのではないでしょうか。

 

 

珪藻土・漆喰のデメリット

20180409105830-b165e4dbdb64754f1e17dda64887fbb9a859fda5.jpg

自然素材の壁として、珪藻土と漆喰が挙げられます。一般的なビニールクロスを使った壁と比較してそれぞれどのような違いがあるのでしょうか。ビニールクロスの壁と違って珪藻土や漆喰の塗り壁に対しては、掃除が大変そう、触ると手が汚れそう、気軽に時計などを取り付けられないといったイメージや心配を抱いている方は少なくありません。これらのデメリットは珪藻土や漆喰の塗り壁に日常的に触れる機会が少ないことに起因するものや昔の珪藻土や漆喰の塗り壁に対するイメージが強く残っていることに起因するものが多いようです。しかしこれまでの珪藻土や漆喰の塗り壁と現在の塗り壁は素材や技術も向上しており必ずしも昔ながらのデメリットと同程度の心配があるわけではないのです。ぜひ一度、実際の珪藻土や漆喰を使った塗り壁のある家を見学して、使っている場所やそれぞれの特性について確認しておくとよいでしょう。

ここで簡単に珪藻土と漆喰の塗り壁の違いについてご紹介しましょう。

珪藻土は植物性プランクトンの死骸が海底などに堆積してできた土が材料となっており、壁にする時には糊を混ぜて使います。耐火性もあり、湿度調整能力に秀でています。素材の特性により凹凸ができ、ざらっとした手触りです。

漆喰は消石灰に砂や糊などを混ぜて壁にします。表面が硬くなるため傷が付きにくく、耐火性や耐久性にも優れています。消石灰の特性により防カビ効果や消臭効果も期待できます。表面はツルっとしていて、仕上げ方によって表情を付けることもフラットにすることもできます。

アトムアソートが使用しているスペイン漆喰には地中海地方の大理石の骨材を混入しています。塗り厚さ確保と強度アップの目的で表面の仕上げは鏝タッチをラフに残し質感を出すようにしています。

 

自然素材の家のデメリット

20180409105858-91b7226c37e4b5f63a4667bf0383067ab4b6065f.jpg

自然素材の家は、内装の仕上げに手間や時間がかかります。建築に係る期間を短くする「効率」を重視した家とは異なるため、手間や時間がかかり、結果として人件費等も増えてきます。素材そのものの価格をプラスすると、一般的な注文住宅と坪単価を比較しても高めになる傾向があります。また、自然素材ならではの経年劣化を味わいとして受け取ることができない場合や素材の色や模様にバラつきがあることが気になったり、お手入れが手間だと感じたりする場合には、ストレスを感じてしまうことも考えられます。短期間で家を安く建てたいといった希望が主な目的である場合などにも、自然素材の家のデメリットが大きく感じられることもあると言えるでしょう。

自然素材の家を建てたいと思ったら、こだわりから資金面でオーバーしすぎないように予算内に収める工夫をしたり、施工期間にゆとりを持って臨んだり、住む人と一緒に住まいも味わいが出てくることを楽しむという気持ちが必要だったりすると言えそうです。

 

 

自然素材の住宅施工例


◇漆喰と無垢材のこだわりの家【丸亀市今津町 M様邸】

20180409105930-3cd98d67253557eb2b61db9d37ab10c16c62727a.jpg
20180409111027-8e7c06ecb612f01647e118859489f00b8f62f0e7.jpg20180409111059-d01fc17a82c71ffc02b823667d9a6c9098aaf0bb.jpg
無垢材を主に部屋や廊下などのフローリングとして使い、一部の壁にも用いることで家全体が温かくナチュラルな雰囲気に統一されています。漆喰の塗り壁や木材を活かしたドアや家具、建具とも調和が図られたデザイン性の高い家です。暮らしやすさ、収納と動線を重視した作りにすること、漆喰と無垢材をふんだんに使ったところがこだわりとなっています。




◇スパニッシュの家【高松市三谷町S様邸】

20180409111133-75eb2ae3990a41895bf42f0f26245f96e0bae01e.jpg

20180409111210-0a51e55bc50ab938b1c13faba931b49f12c1fde0.jpg20180409111237-7e42885463375c1d2cc8a89c973f077091a1e612.jpg
スペインをイメージしてデザインされた自然素材の家です。内装外装ともにスペイン漆喰を使っています。スペイン漆喰は、調湿・遮熱効果が高いため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができます。また、生活臭を吸着してくれるため空気が爽やかで「おむつの臭いが気にならないですね(笑)」と奥様もお気に入りです。床にはボルドーパイン材をはじめ、ドアなどの建具も無垢材を使っています。漆喰の白い塗り壁と調和して落ち着いた雰囲気を演出しています。「自分が家を建てるなら漆喰で」と決めていたという旦那様。完成見学会では奥様も漆喰の良さを実感され、ほぼ即決だったそうです。「おしゃれな家なので、子供の手が離れたら、雑貨などを飾ってみたいですね」とこれからの生活を楽しみにしていました。
 

詳しい事例はこちら


 

  ◇人と環境に優しい家【さぬき市造田 M様邸】  

20180409111308-893a96ff26a627ec755c7ffdd8afee85a10a5bd3.jpg
20180409111332-872ddfe53b57c5a8c4e0f4fe51c53d72e864349b.jpg20180409111357-3fcb5b788fa2a8c1535ab9ec49b00f11ba17c5e1.jpg

「パッシブデザイン」と「自然素材」を組み合わせた人と自然に優しい家です。パッシブデザインとは、建物の構造や材料の工夫などによって熱や空気の流れを制御して快適な室内環境を作り出す建築設計の手法のひとつです。南側に設置した無垢材のウッドデッキは全面に屋根がかかっていて、雨降りでも玄関まで濡れずにたどり着くことができます。リビングの大きな庇で夏の強い光を遮り、冬の光はほんわかとする熱に変えてくれます。ヨーロッパ伝統の漆喰を使うことで、温度の高い真夏には放熱、温度の低い真冬には太陽熱を蓄熱してくれます。室内の珪藻土は湿度調整と消臭効果が高く、部屋の空気感を爽やかにしてくれます。使いやすいリビングにはピアノを設置し、子供たちとの楽しい会話や音楽が日々の癒しになっているそうです。ウッドデッキの階段を上がると玄関に繋がる、北欧をイメージしたこだわりの家です。

 詳しい事例はこちら





まとめ
 

自然素材の家は、素材そのものに力があり、家となってもなお素材の息遣いを感じることができます。湿度の調整機能や自然の香りなどがその例のひとつです。自然素材には生まれ育った環境があります。種類ごとに特徴もあるため、素材選びは非常に大切です。素材の特長を生かした適材適所、信頼と技術のある職人選びをして家づくりをすることで、家に生命力が宿るのを実感することができるのではないでしょうか。自然素材の家は、メンテナンスも大切となります。長いお付き合いができる業者を選ぶことは家を大切に使うためには欠かすことができません。「心地よく」て「身体にもよい」自然の家を建てるからこそ、事前にしっかりとしたリサーチをしておきましょう。


 


< オーナー様邸見学会、盛況でした!(※今週末も連続で開催しますよ~)  |  一覧へ戻る  |  今人気!?の平屋建て~メリット&デメリットをご紹介~ >

0120-20-1106 メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ