HOME > スタッフブログ > 見た目にもとことんこだわって!絶対に住みたくなる北欧住宅のエクステリアとは

スタッフブログ

< 自然素材の家の間取り  |  一覧へ戻る

見た目にもとことんこだわって!絶対に住みたくなる北欧住宅のエクステリアとは



皆様、こんにちは。
アトムアソートの酒井です。

20180612135315-3527815a1cb2d0b5ac0fe01dc658ba9d6a717159.jpg

海外のオシャレな雰囲気と高い機能性を持つ北欧住宅をマイホームに検討している方も多いのではないでしょうか。 ただ、 一言で北欧といっても、細かく見ていけば多彩なデザインや色など、 こだわれば多岐にわたり、 どんなのが良いか迷ってしまいますよね。 今回は、ゲストを思わず招きたくなる北欧住宅のエクステリア(外観・外構)についてご紹介します。ぜひお気に入りのアイデアを見つけてくださいね。


北欧住宅の色使い

・ヴィヴィッドカラー

20180612135355-83952999253a73931963ef7086c0296b25f5ba20.jpg
近年、北欧風の住宅をマイホームに選ばれる方が増えております。北欧といえば、代表的なスウェーデンをはじめ、デンマークやノルウェー、フィンランドと、日本では想像もつかない極寒の地ですね。そんな北欧の住宅ですが、厳しい冬を乗り切るための高気密高断熱の機能性に加え、外観は意外にも明るい色を多用したオシャレな外観が多いんです。 ヴィヴィッドな色使いのものが多く、真っ白な雪に覆われる北欧なら、明るい色がとっても映えてオシャレな雰囲気になります。

 

・ホワイト×ブラウンカラー
 

20180612135524-eaef6550c15fe0f52dc681e5e6859655dbd98121.jpg北欧住宅は、日本でも見かけるロッジのような佇まいで、カントリー調のふんわりしたをイメージをスタイリッシュにした形です。特に色使いとして多いのが白系、茶系の組み合わせで、白い部分はサイディング、ブラウンは北欧住宅らしい木材をたくさん使った外壁が多いんです。違う素材を組み合わせるから、場所によって色を分けるなど、コントラストを作ることが出来るのも遊び心があってオシャレに仕上がります。

 

オススメの外壁

・ベンガラ
 

20180612135600-b953fc42f0db242b113b98af0d62e564045eb707.jpg
ベンガラとは、 日本でも着色料として古くから多用されている赤い色が特徴の天然鉱石です。 これを北欧住宅の外壁で中心となる木材に擦りこむことによって、 赤の映えるオシャレなヴィヴィッドカラーに早変わり。加えて、耐久性や防腐性を向上させることにも繋がります。 厳しい冬を乗り越えるため、 機能性を重視しベンガラを取り入れたことが、 後の特徴的な赤い外壁につながったとも言えます。

 

・ ラップサイデンング
 

20180612135640-ba40493bb259b8ab56afa5ed295a12bc320629ec.jpg
海外の住宅で時折見かける板を何枚も重ねたような外壁、 これは欧州ではベーシックな作りでラップサイディングと呼ばれます。 日本の住宅ではあまりなじみが無いですが、昔は鎧張りなどとも呼ばれていたそう。そんなラップサイディングですが、定番の木製に加え、最近では金属製のサイディングも流行っています。 バリエーションが豊富なうえ、部分的に取り入れればアクセントにもなってクールな印象に。

 

・ドーマー

20180612135723-dde807e223a4c19fc030a369ade4fbda89784b40.jpg海外の住宅でよく見かける、白く縁どられたドーマー(屋根窓)も北欧の住宅では定番です。ぴょこっと飛び出たドーマーが、より一層北欧感を引き出してくれます。全体的な外壁を白などのピュアな色にし、ドーマーだけをアクセントにヴィヴィットカラーなんてのも面白い工夫かもしれません。


エクステリアは自然的な空間に
 

20180612135807-d029091ea3a01d3efaa082c6b91a474cde501933.jpg北欧住宅は自然と共存する という考え方です。 エアコンで室温を調整するのではなく 、 庭に植えた木の陰による涼しさや、 大きな窓をたくさん取り入れ、 風邪を通して部屋の温度を調節します。 庭には出来る限り植物や木を取り入れ、 自然的な空間にすることが北欧らしい住宅を作るポイントです。また、個性的なデザインが多い北欧住宅の良さを無くさないよう、 エクステリアやガーデニングは出来る限りシンプルにすることをお勧めします。砂利や芝生といった自然のアイテムを上手に取れ入れてみましょう。


北欧風にはやっぱりウッドデッキ

20180612140045-685fee3943abad4a823cc84c974d6934eaf7b714.jpg過ごしやすい季節にはウッドデッキで朝ごはん・ ・ ・考えただけでワクワクが止まりませんね。北欧風の住宅を建てたい場合は、絶対に取り入れたいエクステリアの一つがウッドデッキです。住まいの中心となるリビングから続くようにウッドデッキを設置すれば、それだけで広々と空間に見えますし、 部屋からデッキへの移動もラクチンです。 ホワイトやブラウンが映える外壁と相性の良いヴィンテージ色のウッドデッキに、 ポップカラーの机やチェア、小物を取り入れるのもアクセントになってグッド。インテリア同様に、カラーでアクセントを付けるのも、 オシャレな北欧住宅ならではのコーディネートです。

 

・屋上スペースをウッドデッキに !
 

20180612140135-fd86d6388a4e79fc1e799bc28839cbda55ac01ff.jpg坪数の関係でどうしても庭のスペースにウッドデッキを設けることが難しい場合は、 思い切って屋上にエクステリアを構えるのも一つの方法です。 スノコやデッキ調の木材をたくさん配置し、ソファなどを置けば、まるでオシャレなレストランのよう。夜景を見ながら家族でバーベキューなんてのも、 プライベートな屋上ならより一層楽しめるはずです。



まとめ

いかがでしたか?今回は、近年人気の高い北欧住宅の中でも、海外の要素を上手に取り入れたエクステリアについてご紹介しました。 北欧住宅は建物そのものがオシャレな分、 エクステリアはシンプルなものが理想ですが、部分的にアイテムや色をうまく取り入れ、誰もが立ち止まってしまうようなオシャレな外観を目指しましょう。記事を参考に、特別な空間を叶えてくださいね。
 


↓北欧住宅の関連記事はこちら↓


↓お問い合わせはこちら↓



< 自然素材の家の間取り  |  一覧へ戻る

0120-20-1106 メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ