ブログ

H様邸 地盤調査

地盤調査には、いろいろな方法があります。スウェーデン式サウンディング試験、基準貫入試験(ボーリング試験)、オートマチックラムサウンディング試験、ポータブルコーン貫入試験、三成分コーン貫入試験などなどたくさんまだあります。今回は、スウェーデンサウンディング試験を行いました。スウェーデン式サウンディング試験は、地盤の中に入れていくロッドとロッドの先に装着するドリルのようなスクリューポイントそして重さを加えていく重りと回すためのハンドルがあります。ロッドの先にスクリューポイントを取り付けて地盤にセットします。おもりを使い5Kgから100Kgまで順番に思わを加えていきます。その間に重さを加えることで25㎝ロッドが地盤の中に入っていきます。25㎝毎に圧を与えて100Kgの重りを乗せても沈まない場合は、ハンドルを使って回転します。回転することでロッドが少しづつ地盤の中に入っていき、25㎝沈む間に回転させたり、金づちでたたいたりし、石を砕き地盤をしっかりと、チェックしていきます。弱い地盤ならどれくらいの深いところに強い地盤があるかなどの地盤補強をする必要があります。

地盤調査で確認することとは、

地盤調査では、安全で経済的な基礎工法ができるか?地震の時に液状化を起こす可能性を軽減できるか?地中の粘土層の長期間の累計沈下量などです。地盤調査で最も重要なのは、地下水位の把握をします。その次に、地盤が自然地盤なのか土でもどこからの土であるか。地盤に耐久性があるか?さらに造成地では切り土と盛土などのどのような土で造成が行われたか確認する必要があります。

今回の結果は

調査する限り問題なしでした。後日、検査結果の書類が届きます。保証書が届きます。

建物基礎の仕様と地盤の密接な関係とは、

建物は基礎が支えています。そして建物と基礎は地盤が支えています。地盤が軟弱で建物の荷重に耐えきれないと、建物は沈下してしまいます。一様に沈下する限り、おおきな支障はありませんが、不等沈下の場合、生活は困難になります。しかしながら、建物の荷重に地盤が耐えられるかどうかは、見た目だけではわかりません。そこで地盤調査を行い、客観的な数値で地盤の強さを把握する必要があります。地盤調査の結果を知ることで、地盤の強さに見合った建物基礎の仕入れを決定できます。

スウェーデン式サウンディング試験

対象は、小規模建築物(新築住宅、店舗併用型住宅)、アパート、小規模マンション、店舗、倉庫、工場用地、駐車場、道路など

住宅向けの一般的な地盤調査方法で、地盤の支持力を算出する際に必要なN値に相当する「換算N値」を算出することができます。試料を採取しない簡易的な調査方法で調査機関が短いため、費用も抑えることができます。スクリューポイントを地盤に回転貫入させ、貫入時に要する荷重と回転数から抵抗値を測定する試験とします。長所としては、試験装置・試験方法が簡単で容易であり、試験結果をN値に換算でき、深度方向に連続してデータが取れることです。端緒としては礫・ガラなどは貫入困難となり、調査深度は10m程度が目安となります。

メリット

・調査期間が短い。(戸建て住宅の場合、5測点を調査します。半日ほどで完了します。)

・費用が数十万円ほど

・狭小土地での調査も可能です。

・敷地全体の地盤を把握できます。(複数測点を調査します。)

デメリット

・簡易調査であるため高層マンションを計画の場合は精密度は低いが戸建て住宅の場合は充分であります。

・調査機械、調査技術者によって誤差がある場合があります。

地盤調査の手法は多種にわたりますが、設計・施工に必要な情報を得るために、最も正確で確実な方法を提案しています。設計・施工にも携わっている実績を持つ弊社ですから最新の手法を提案もできます。住まいの快適性や安全性だけでなく、健康面も重視して家づくりを考えましょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。これからも、工事が進んでいきます。また、最新情報をレポートしますね。

関連記事一覧

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031