ブログ

木の温かみのある住宅のメリット

木には、吸湿・放湿の働きがあります。室内の空気が乾燥していると、木は蓄えていた水分を空気中に放出し、また、湿気の多い時期には、空気中の水分を吸収します。私たちが快適に暮らせるよう室内の湿度をコントロールする天然のエアコンの働きをしてくれています。また、木には断熱性も優れています。木にはコンクリートや鉄に比べると熱を伝えにくい性質があります。この性質を活かして、夏の暑い季節には外の熱気を遮断し、冬の寒い季節には室内の温かさを逃しません。様々な環境やどの季節でも快適に過ごすことができます。また、木には、癒しの効果があります。森林浴という言葉をよく耳にすることもあります。森林浴が心地よくなるのは「木」から発散されるフィトンチッドという成分がリラックス効果やストレス解消の効果があります。製材された木材からもフェトンチッドは発散されています。自然無垢材の住宅は内でも森林浴の効果を感じられます。また、木材には、香り成分が多く含まれており、消臭や殺菌に対して効果があります。「木」は、優しく包み込んでくれる「ぬくもり」を持っています。無機質な素材が持っていない「ぬくもり」が、私たちの心を癒す大切な要素なのかもしれません。木材は様々な特徴、特質をもっており、同じ場所で育った木でも全く違った特性を発揮することがあります。その特性を生かした使用が求められます。

構造強度

木材の一番の特徴は、対重量強度が高いことであります。軽くて強いため建築材として非常に望ましい性能を有しています。耐久性、耐朽性、耐候性、対犠牲については、コンクリートなどに比べて耐久性が低いとされるが古建築が存在します。環境やメンテナンス次第では耐朽性を発揮します。耐朽性は水分環境の管理をしっかりすることで向上します。紫外線劣化などの耐候性も塗装により防ぐことができます。さらに、対犠牲は、水分、進入経路などへの注意でクリアできます。断熱性は多くの木は熱伝導率が低くなります。断熱性は比重に反比例するので、厚さの確保によっては断熱材にもなります。杉、エゾマツの密度は0.30~0.45であり、熱伝導率は0.08Kcal/m・h・℃で温度20℃です。「木」の特性を活かして建てた木造住宅、は日本の風土に調和します。お手入れの仕方次第では、100年以上も住み続けることができるようになります。日本最古の木造建築と言われる法隆寺を見ても、1000年以上維持できることがわかります。

スギ

杉は本州、四国、九州に分布する日本の代表的な樹種のひとつです。最近では天然の材は少なくほとんどが人工造林されたものです。心材と辺材の色の差がはっきりしているが、産地により違いがあり桃色から濃赤褐色までそれぞれのいろにかなり幅がある。ときには黒いものもあるが、黒心の杉は含水率が高いので使う場所を考えて使用しなければいけません。スギには特有の芳香があるため、消臭効果の高い材ともいわれています。年輪は、夏目と冬目とがはっきりしています。肌目は比較的粗い目になっています。スギ材は、とてもやわらかく、加工性が高いといわれています。また、産地ごとに多種多様な方法で造林が行われています。古木になると、独特の木目が出る材もあり、一般材から高級材までその用途は幅広いでしょう。床材として使う場合は、肌触りがよく温かさを感じられる反面、比較的柔らかいという樹種の特徴をよく理解し使用箇所を選別する必要があります。用途としては、梁、柱、母屋などの構造部材に利用されます。また、間柱、根太、垂木、胴縁、野縁などとしても利用されます。そのはか、枠材、巾木、鴨居、廻り縁、床板、羽目板、天井板などの造作、建具材、家具材としても使われます。

ヒノキ

保存性の高いヒノキは、日本に生産するほかの木材に比べて比較的乾燥が容易です。また、木理が通直・均質であるため、狙いが少なく加工性がよいという特性を持っています。耐湿・耐水性にも優れ、保存性が高く、表面をよく研がれたカンナなどで仕上げると、特有の光沢がでます。ヒノキは古くから建築用材として広く用いられてきています。世界最古の木造建築いわれている法隆寺が建立された飛鳥時代よりm、強度・耐久性・加工性のよさ、色艶、香りなどの点で「木材の王様」の地位を確立していたものと推測されます。現在一般に建築用材として利用されているヒノキは、ほとんどが江戸時代末期から戦後にかけて植されて、人工的に管理された、人工林のものです。天然林の人期は、江戸時代中期に幕府直轄の山で厳重に管理され、一般の建築物には使用できないとされたものです。その多くが国有林とされ、国有林から切り出された天然のヒノキを管材、人工造林されたものを民村と厳密に区分しています。

カラマツ

はっきりとした木目のカラマツは、日本の針葉樹のなかでは珍しく、秋には、黄色く紅葉し、落葉する高木であります。長野県の佐久地方を原産とします。かわいい新芽は、寒い地域に春の訪れを告げてくれます。生長が早く、寒さや病害虫に強いことから、戦後、信州から東北、北海道で大面積に植林された歴史があります。また、ジマツと異なり真っ直ぐ天に向かって育つという意味があります。ただし、旋回木であるため捻じれながら生長します。外観は、製材直後は肌色っぽいが経年変化によって赤みの強い渋い茶褐色となり、脂気が多いことから次第に美しい飴色になります。夏目と冬目の境界明瞭で木目がはtぅきりしていて多彩であります。カラマツは、横架材に求められる曲がりにくさに優れているため梁桁材に適しています。見かけ、構造としても性質共に、流通量の多い海外の末と似ているため国産材進行の観点から、これに代わる材として国産カラマツには期待がかかります。カラマツは、癖の強い樹種ですが、近年は乾燥・加工技術が発展してきたおかげで、構造材としての仕様も容易になり、需要が増加しています。構造材としてもこれからも期待している樹種です。

木に含まれる水分

含水率は、木材の収縮に影響します。また木材に含まれる水分は、自由水と結合水に分かれます。

木材に含まれる水分量は含水率(%)=100(W(ある水分状態での重さ)-Wo(水分0(全乾)の状態での重さ)/

特にスギのような針葉樹は全乾状態の重量の2倍もの水分を含む(200%)場合がある。木材に含まれる水分は、内部の空隙にたまる自由水と細胞壁と化学結合した結合水に分けられる。伐採した生材をほうちしていると、まず自由水が抜け始め、含水率28~30%にたっすると自由水のみとなります。結合水が抜け始めるが、結合水が抜けると結合水が占めていた細胞璧内容積が減っていき、木材の収縮が進行していきます。こうした収縮は自由水が抜けていく段階では起きませんが、乾燥が進むと、含水率は木材の置かれた温度や相対湿度と均衡し15%前後の平衡含水率に至ります。水分傾斜とは、木材の感想は空気に接する外周から進み、中心部は高い含水率を維持します。特に赤味の部分の水分が抜けにくい杉などは、中心部の含水率が高くなります。同一木材の中で含水率が異なる状態を水分傾斜が存在するということです。水分傾斜が残ったり平衡含水率に至っていない木材を建築用材に使用すると、更なる収縮や変形が進行します。

環境を守ることにもつながります

「木」を使うことは環境破壊のように感じるかもしれませんが、「木」を活用することは、環境保全につながります。温暖化の原因の1つとされる二酸化炭素を十分に吸収するのは、盛んに成長している時期の樹木で、樹齢を重ねた木は二酸化炭素を吸収力する力が弱くなります。「植え」「育て」「伐り」「利用する」という森林のサイクルを回していくことが、地球環境を守ることにつながります。木の家を建てる際の大事なポイントは、きちんと木材の性質を理解している建築会社に頼むことです。無垢材をたっぷり使っていても、その木材に合った使い方でなければシロアリや腐食などの被害に遭ってしまうことも考えられます。通気システムやアフターメンテナンスも視野に入れ、家族みんなが快適に暮らせる家づくりを計画しましょう。木のぬくもりと安らぎを与えてくれ、年を取るごとに美しくなります。内部の木部はすべて自然塗料仕上げ、健康で快適な室内空間と環境を実現できます。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

 

 

関連記事一覧

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031