ブログ

ニッチについて

ニッチの役割は住宅において、壁面にくぼみを作り飾り棚として使ったり、スイッチやインターホンのモニターなど出っ張りのあるものを集めてスッキリとさせてくれる機能もあります。また玄関近くでは、お家の鍵や車のカギを置く場所としてとても便利です。壁に埋まっているマガジンラックなどもよく見ます。ここではニッチについて伝えたいと思います。

ニッチとは壁面のくり抜き棚

「ニッチ」は、壁の一部を凹ませて造るくり抜き棚のことです。内壁に使うとインテリアのアクセント、季節のお花や飾りそしてちょっとした収納としてとても便利な場所です。おしゃれインテリアの一部という目的でニッチを造る方が多いように思います。季節の飾り、小さな観葉植物や写真立て、かわいらしい小物、お子さんの素敵な作品を置くような使い方もできます。収納として設置する場合は床に家具を置くのと違って場所を取らないので、空間を広く使えるようになる点もメリットです。ニッチを造る場合は基本的に四角形、家型、アーチ型などなどサイズによって金額が変わるオプションという形で承っています。中には家を建ててからDIYでニッチを造るという方もいらっしゃるようですが、壁に穴を空けますから、構造に詳しい工務店に依頼するのが一番安全で間違いないと思います。断熱材が入った外壁側の壁や引き戸の戸袋がある壁など、設置できない部分に穴をあけてしまうと大変ですね。設計段階でニッチの場所も打合せしておくことがとても大事ですね。

ニッチのメリット

  • 壁面を収納として使うことで空間を広く見せることができます
  • 飾り棚として使うことでおしゃれなインテリアを演出できます

デメリット

  • 費用が増えることがあります
  • 壁が薄くなり強度や音漏れなどの問題が発生することがあります
  • 間取りや構造によっては筋交いが通っている壁などにはニッチが作れないことがあります

プランや設計段階で、作りたい場所を確認しておくといいでしょう。

色や柄のクロスを張って遊び心を

ニッチの内側全部もしくは一部に、色や柄の付いたクロスを張るとよりおしゃれに見えます。オシャレでセンスがいいと思います。ニッチの奥など一面だけに、タイル調とかレンガ調とか、異素材の風合いを持つクロスを張るのも面白いですよ。少し他と違ったニッチを造りお部屋のアクセントとしてもいいでしょう。

置くものを事前にイメージしておく

おしゃれでかっこよくニッチを使うには、ニッチの大きさと置くもののバランスも重要です。ニッチに何を置きたいか、事前にシミュレーションしておきましょう。いざ置いてみたらサイズがしっくりこないとか、物を詰め込みすぎたなんてことになると、せっかくおしゃれなお家を目指したのに残念なことに。そのあたりのバランス感覚も、コーディネーターや大工に相談すればアドバイスしてくれるはずです。弊社もお客様生活スタイルに合わせてコーディネートしますのでご安心ください。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧

2020年12月
« 11月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031