ブログ

家事をラクする家事動線は水廻りから

ママにとっては、家事動線をコンパクトにまとめた間取りがとても生活しやすいと感じますよね。火事が楽になる家事動線の整った間取りは毎日の暮らしの中で家事楽を実感できる空間です。効率的でストレスのない家事動線のいい家にするポイントを紹介したいと思います。もしよろしければ参考にしてください。水廻りは、毎日家族みんなが使いやすい空間にそれは、水廻りの間取りの配置の仕方で生活導線が決定できます。使い勝手がよく簡単に家事ができるようにしたいですね。家の大きさや生活スタイルによって最適な水廻りというのは生活習慣によって変わってきます。生活しやすい環境をつくるには、キッチンや収納・洗濯スペースなどさまざまなグッズの置き場まで、家事導線の意識を持った間取りが家づくりに重要なポイントになります。水廻りのレイアウトや間取りそして収納について考えていきたいと思います。

家事を楽にしてくれる家事導線

理想の間取りを考えると様々な動線を考える必要があります。家事動線、生活動線、来客動線などなどそれぞれのシーンで家族がどのような経路で動くかを考えるのが間取り計画です。この間取りならどのように家族が生活していくかを考えながら毎日の洗濯、料理、掃除はもちろんこまごまとした家事動線を考えながら間取りを作る必要があります。洗濯をしながら、料理をつくることや掃除をしながら子供の勉強を見るなど同時に様々な家事をこなすためにはできるだけ移動が少なくする家事動線が理想的です。家事の負担を軽くするためには無駄な動きがない暮らしやすい間取り動線を考える必要があります。家事導線は、家事を行うときに移動して行う経路や行動範囲のことを示します。たとえば、洗濯機の場所から干す場所までの移動は家事導線の一つです。家事は洗濯以外には、料理や掃除はもちろんのこと家族や子供の身支度などキッチンからリビング、洗面化粧台、玄関周辺など身支度にせわしなく行き来する場所のことも配慮しながら間取りデザインを考える必要があります。そんな行き来を最小限に抑えられる家事導線を見つけることができれば最小限の動きで日々の家事を楽にしてくれることは間違いありません。家事導線の良し悪しを変える間取りについてピンとこないことも多いでしょう。専門家の視線でいろいろとアドバイスさせていただきます。是非、お問合せ下さいね。

水廻りの間取り

水廻りの間取りは、できるだけ一か所にまとめるということを基本形な形が良いとされています。浴槽と洗面脱衣室が一緒にそしてトイレは少し離れた別の配置にするというのが一番シンプルな水廻りの配置でしょう。最近では、浴室の残り湯も洗濯物に利用することで節水する家庭もあります。入浴する時その場ですぐに洗濯機に脱いだ洋服を入れられることを考えて洗面脱衣室では洗濯機がお風呂の近くに配置されるのが一般的となっています。ほとんどの家庭は、浴室のすぐ近くに脱衣室とランドリールームを一緒にすることが多いでしょう。洗面脱衣室内に着替えやタオルを収納できるようにする場合は、洗濯機の上をあまり使う以外に場所がないのがネックとなります。洗面脱衣室の入り口の場所を変えるだけでも収納をつくり棚など設けるスペースを作ることができます。一般的な水廻りの間取りでも扉の位置次第で使えるスペースは変わってくるため、スペースを有効活用できる扉の配置なのかどうかを確認してみると有効利用ができます。また、開き扉より釣り扉にすることにより、バリアフリーや場所を有効利用できます。老後のことを考えるとバリアフリー化をすることをお勧めします。

洗面室からトイレにアクセスする間取り

水廻りの間取りをコンパクトにするためには、洗面脱衣室からトイレにアクセスするという間取りがあります。水廻りの間取りのメリットとしては、トイレの入り口が洗面脱衣室の中にあるためトイレの入り口を家の奥に隠せることと人を気にせずにトイレタイムが取れることです。コンパクトな住宅の場合トイレの入り口が玄関やリビング近くで生活導線上や人が良く行き来する場所に配置することもあります。トイレの時間を大切にするためにもトイレは、生活導線上やリビング内に配置せず少し離れが場所に配置するのがとても効率の良い間取りかもしれません。

水廻りを一か所に近づけることで家事導線を短くした間取り

お風呂や洗濯機、キッチンといった水廻り設備をまとめることにより、家事時間のロスを減らしつつ空き時間で家事ができるようになっています。家事は生活上避けては通れないものです。家事導線の効率化は、効率の良さと快適さの両立でサクサク家事ができスッキリとした暮らしが快適な家事導線です。無駄な導線を省き、回遊性がある間取りは使い勝手がとてもいい間取りです。また風通しの良い空間考えながら設計する必要があります。日々の家事ルーティンワークの時間や体力的な負担を少なくするためにも家事導線をしっかりと探求する必要があります。家事室のような独立した部屋に洗濯物を取り込むたたむ、アイロンをかける作業をする方法もあります。リビングや隣接の和室などで家族の姿を見えるスペースで団欒を楽しみながらする方も多いでしょう。ファミリークローゼットのようなものを家事室に設置し家族一人ひとりの収納場所を設けると家族などの生活スタイルによって様々ですので家族で相談し生活効率が良い方法を考えましょう。

家事導線を主観において間取りを見直すと普段は意識しなかった家族の日常生活が違って見えてきます。間取りを決定する際は、ご自身と家族のライフプランを考えながらまた、今後の家族の成長に合わせて長く生活しやすい間取り設計を考える必要があります。長く大切に暮らす家なのだから失敗はしたくないですね。生活する家族に寄り添う住まいづくりを実現しましょう。ぜひ、弊社にお問い合わせください。あなただけのオンリーワンの間取りを一緒に考えましょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031