ブログ

リビングで子供が勉強できる環境をつくる家づくり

「頭の賢い子供が育つ」といわれるリビング学習は、近年多くの方が家庭に取り入れています。「勉強になかなか身が入らない、やる気をだしてくれない」と頭を悩ます子供にとってリビング学習はとても効果的です。リビングに勉強するスペースを作るとリビングのインテリアに合う学習机を選択することも一つの案です。リビングのレイアウトの仕方などいろいろと考えるテーマが多くなります。家族みんなが集まるLDKの雰囲気を壊さないリビングに勉強机の配置や子供が集中する場所、勉強できる環境を考えてみました。

リビング勉強のメリット

リビングの勉強は、集中力を上げる効果があります。人は、音がないほど集中できないそうです。音がない方が不自然で不安になるようです。逆に騒がしいほうが集中しようという気持ちも湧いてくるそうです。学習以外のメリットは、家族の団欒の場であるリビングは、勉強のわからないところをすぐに質問できるため、親子のコミュニケーションが増えることで安心してお子様が勉強できる環境になるでしょう。お子様からも信頼が増えていくでしょう。お子様の勉強の様子や勉強をどこまで理解しているかを把握することができます。子供部屋にひとりで勉強していると、様子や行動が見えない部分がありますが、リビングで勉強することでお子様の勉強姿勢など見えない部分がよく見えるようになり勉強の手助けがしやすくなり、成績が上がるでしょう。

リビング勉強のデメリット

リビングは、家族みんなが集合する場所だから、みんなのグッズが集合する場所でもあります。お子様の苦手な整理整頓は、「モノがなくなった!」と探し物ばかりしないといけません。宿題や勉強道具、ランドセル、カバンなどそのまま放置してしまうケースがあります。また、消しゴムのカス、鉛筆の芯の折れたものなど勉強の際に出るごみが散乱すると夕食の支度にも影響が出てきます。そのようなときの対処法として家族みんなでルールを決めるなどするといいでしょう。

また、家族みんなが寛いでいると勉強しようとしているお子様がダラダラしたり、リラックスしすぎたり、テレビを予定より見過ぎて宿題ができなかったり、勉強が身に入らない場合もあります。勉強できる環境を家族みんなで整えてあげましょう。

勉強に集中できるリビング勉強机

キッチンに立って家事仕事をする中でパパやママが子供の勉強をしている姿をあたたかく見守っているというのが理想ですね。勉強をしている子供の様子を見ながら家事ができることは、お子様にとっても安心感を与えることでしょう。子どもが勉強に集中できる環境を家庭で整えたいですね。LDKのリビングに勉強机を設置する場合、スペースが必要です。折りたたみの収納机もあり、コンパクトなリビング空間でも大丈夫です。インテリアを考慮したリビング勉強机のレイアウトを検討する必要があります。

生活の動線を考慮したリビング勉強机の配置は?

勉強机をリビングのどの位置に配置するのかが重要です。家族がキッチンとダイニングそしてリビングなど家族の良く通る動線から外した場所に勉強机を設置することが理想です。リビングの雰囲気を壊さないことやお子様が集中できる場所で学習スペースが確保でき、お子様が勉強しやすい環境になります。また、勉強道具が散らからないように収納する場所の確保です。机の上を広く利用するため机の上に本棚のスペースを確保すると隅で机の前に座ると圧迫感を感じます。テレビの映像が気になり集中できない場合は、視界に入りにくい場所に配置にする。

リビング学習でテレビが気になる場合

勉強机をどのように配置する工夫をすることによって勉強に集中できるスペースを確保できます。テレビを見るときと勉強するときのONとOFFのメリハリをつけましょう。

部屋の明るさが気になる場合

ライトスタンドで手元を明るくし、集中できるように配慮する。暗い場所だと、学習意欲も低下するため、照明にも工夫が必要です。

壁に向かって勉強すると、圧迫感がある場合

小窓がある方向に机を設置したり、人の回遊が少ない方向へ机を向けたりと、家族で相談し設置しましょう。勉強机の前は空間作りに工夫しましょう。

リビングで勉強したくなる環境に

勉強道具がすぐ手の届く所に整理整頓でき、勉強意欲の障害がない環境をつくる。お子様の要望を取り入れ勉強道具の置き場所など定期的な場所を決めるなど、学習できる雰囲気づくりを一緒に考えましょう。お子様がどんな勉強しているのか、親も興味を持つことが大切です。お子様の勉強でわからないところのSOSをすぐに対応できるようになり、より親子の絆が深まることとなるでしょう。

 

スペースを有効利用してダイニングテーブルで勉強する習慣をつける。

勉強机をリビングに設置するスペースがない場合、ダイニングテーブルをリビング勉強机として利用するのもひとつです。食事と勉強のメリハリをつけることが大切です。ダイニングテーブルの上にはモノを置かず、食事後、食器をきれいに片付けて勉強スペースを提供しましょう。ダイニングテーブルが大きいと食事をした場所から少し離れたところでリビング学習ができて、メリハリがつけやすくなります。すこし、大きめのダイニングテーブルを購入すると心地よく勉強ができるかもしれません。ママやパパが寄り添って子供の勉強を一緒にできるというよい距離感が保てます。

ダイニングやリビングのテーブルと同じ素材の勉強机を設置すると違和感なくLDKに馴染むでしょう。家族みんなが使うリビングでは、みんながお子様の勉強できる環境を話し合いながら簡単なルールなど決めて整理整頓を徹底しましょう。家族との時間が増え子供たちとの触れ合いがふえます。また、パパやママが寄り添って子供の勉強を手助けをすると、きっと子供の学習の意欲が増加するでしょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930