ブログ

24時間換気システム

新しい家を購入したきっかけに、部屋にいると頭痛、めまいやセキが出る、目がチカチカするなど…「シックハウス症候群」に悩む人とても増えています。 シックハウス症候群の背景は大きく3つに分けられます。
「住宅の気密化」。
「化学物質を多用する製法、工法の普及」。
「化学物質を含む生活用品の増加」。
2003年7月の改正建築基準法で住宅の計画換気が義務付けられ、放散有害物質によるシックハウスへの対策を行うようになり、この法律により、1時間あたり0.5回の換気能力を持つ機械式換気を設置しなければなりません。一般的だったのは自然給気を行う第3種換気ですが、隙間の多い家では給気口から給気されず、安定した換気経路を確保できないという欠点があり、最近では給排気ともに強制的に行う第1種換気が主流になりつつあります。換気システムでも「建物の気密性」が十分確保されていることが第一条件です。建物の隙間が多いと、その隙間から給気してしまうため、室内すべての換気がなされないからです。

24時間換気システムには、第1種換気、第2種換気、第3種換気の3つの種類があります。

《第一種換気システム》

給気と排気の両方を機械で行う換気方法。

どちらも機械で行うため、空気の循環をコントロールしやすいのがメリットです。

第1種換気とは、給気口と排気口の両方に換気扇を設置して強制的に換気する方法です。換気扇を使用するため、新鮮な空気をたくさん取り込み、空気の循環をコントロールできるという特徴があります。家の中に取り入れる空気が冷たい場合、排気口から出ていく空気の熱だけを取り出し、給気口に熱を送る仕組みを持つ熱交換システムを使用すれば、室内に入ってくる空気が暖められ、外気による室内温度の変化を防ぐことも可能です。一方、給気口と排気口の両方に換気扇が必要なので電気代が2倍になることや、設置費用が高くなるというデメリットもあります。さらに熱交換システム用にダクトを設置するとなると、さらに設計・施工費用が高くなる場合もあります。また、物件によっては、第1種換気ではあるが熱交換システムがないという場合もあるので注意しましょう。それから第1種換気では給気も強制的に行うため、汚染物質などを室内に取り込まないよう、目の細かいフィルターを設置する必要があります。そのため、フィルターの掃除や交換といったメンテナンスをこまめに行わなければならず、フィルターを交換するのにも費用がかかります。

 

《第二種換気システム》

給気を機械で行い、排気は自然の空気の流れを利用する換気方法。

機械で給気を行うことで、中に溜まった空気を押し出します。
汚染物質が入り込みにくいため、主に工場や研究所などのクリーンルーム、病院の手術室などで使われています。

第2種換気は、給気口だけに換気扇を設置し、排気口には換気扇を設置しない換気方法です。空気が入ってくる力が強く、出ていく力が弱いのが特徴で、室内の気圧が高いため、ドアや窓を開けても外からの菌や汚染物質が入りにくいという衛生的なメリットもあります。空気の入れ換えや不衛生な物質の侵入防止を重視する工場や研究所などのクリーンルーム、病院の手術室などでよく使用されるシステムです。性能が高く、第1種換気と後述する第3種換気のメリットを併せ持ってはいますが、第2種換気方法を採用している住宅は少ないのが現状です。デメリットとしては、排気の力が弱いため室内に湿気がたまりやすく、結露が発生しやすいことが挙げられます。また、給気口の近くは外気温と同じ温度なので、冬は寒く、夏は暑く感じられます。

 

《第三種換気システム》

給気を自然換気で行い、排気を機械で行う換気システムです。

室内の空気を機械で外に出せば、自然に外の空気が中に入ってくる仕組みです。
設置コストや電気代を安く抑えられるというメリットがあり、住宅によく使われます。

第3種換気は、給気口には換気扇を設置せず、排気口にのみ換気扇を設置する方法です。一戸建て住宅やマンションに多く採用されている換気方法で、第1種換気や第2種換気と違い、すべての部屋に給気口が必要となるのが特徴です。第3種換気は湿気が室内にたまりにくく、第1種換気よりも設置コストや電気代が安いというメリットがあります。一方で、熱交換システムに対応していないため、外気の温度がそのまま室内に入ってきやすく、給気口近くにいると冬は寒く、夏は暑く感じやすいというデメリットがあります。また、第1種換気に比べると空調効率が落ちるので注意しましょう。

24時間換気システムの導入は、設置に必要な費用や住宅環境に適した換気方式について把握はできても、空気の循環効率や詳しい数値など、素人には判断しづらい点も多いと思います。24時間換気システムを導入する際は専門家に相談してください。具体的な換気効果を調べてから決めるようにしましょう。機械によって温度と湿度を調整しながら常に室内に新鮮な空気を取り込む換気システムを採用しています。
新しく建てる家については、24時間換気システムの設置は義務付けられていますが、その換気方法や性能は住宅会社によって様々ですので、どのような換気方法が採用されているかを設計士に確認しましょう。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031