ブログ

気密の高い住宅とは

屋外には、快適な生活を脅かす種々の因子があります。それらは住宅の「隙間」から室内に侵入してきます。湿気を含んだ空気、冷気や熱気、排気ガス、花粉やカビの胞子、害虫、騒音など。建物に隙間が多いと、どんな弊害があるでしょうか。高気密の家でのポイントをお伝えします。

屋外の湿気が住宅内に侵入してくるため湿度管理ができません。
外気温に左右されやすくなるため快適な温度管理ができません。冷暖房費も余計にかかります。
花粉や粉塵、害虫などの侵入を許すことになります。
外の音が入ってくるので、静かな住環境を守ることもできません。
このような”招かれざる侵入者”を防ぐためには、住宅の隙間を無くすこと、すなわち気密性を高めることが大前提となります。

気密性とは、建物の室内から空気が外部に出たり、外部から室内に外気が入り込んでくる性質を建築においては表し、この性能が高いほど、つまり高気密な建物であるほど、隙間風が通り抜けるような隙間が少ないことになります。これによって、冷暖房の効率が高くなり、快適な室内環境を実現できるとともに、計画的な換気や湿度管理など、家の中の空気をより住み心地の良いものにしていきやすくなります。そこで今回は、気密性の高い家にする方法を紹介していきたいと思います。

気密性は、建物の造りであったり、気密シートを外壁の内部に入れていくことである程度の性能が確保されますが、それに加えて、外壁などに入れられる断熱材も気密性を高めてくれるものを選んでいきましょう。断熱材にも様々な種類があり、それぞれで特徴が異なりますが、その中でも吹き付けタイプのものが気密性を向上させてくれる断熱材と言われているようです。

気密性と断熱性は違う?

住宅の環境を快適なものにするためには、住宅の気密性を高めることとあわせて、断熱性を高めることも大切です。気密性と断熱性にはそれぞれ以下の意味があります。

気密性…住宅の中に隙間風が入り込まないようにすること

断熱性…外の熱を中に持ち込ませないようにするまたは中の熱を外に逃がさないようにすること

断熱材を使用して家の断熱性を高めると、住宅の外の気温の影響を受けにくくなります。そのうえで隙間を減らし住宅の気密性を高めることで、住宅の中の空気を逃がしにくくなります。

住宅の気密性と断熱性を高めることでそれぞれの特性をより発揮でき、効率よくお部屋の空気を調整できるようになるのです。

気密性と断熱性を高める工事

住宅の気密性と断熱性を高める工事には大きく分けて二つの方法があります。

充填断熱工法

住宅の内側の壁と外側の壁の間に断熱材を入れ、隙間を減らす施工方法です。壁の間に施工をするため、敷地面積に影響がなく、次でご紹介する外張断熱工法よりもコストが抑えられるというメリットがあります。一方で隙間を完全に塞ぐことは難しく、わずかに残った隙間で内部結露が発生する可能性があるというデメリットを持っています。

外張断熱工法

住宅全体の外側を断熱材で覆う施工方法です。充填断熱工法よりも隙間ができにくく、より高い気密性と断熱性を確保できます。また充填断熱工法とは違い、外壁のさらに外を覆うので、壁の内部の配管や配線を気にする必要がありません。

しかし壁全体が厚くなるため敷地面積が狭くなってしまうことや、断熱材と外壁がしっかりと固定されていないと地震の揺れや経年劣化などの影響で壁がずれてくる可能性があるというデメリットを持っています。

まとめ

住宅の気密性を高めることで、室内の気温や温度を調整しやすくなり、また換気が効率よくできることで臭いの発生を防ぐなど、私たちの生活はより快適なものになります。省エネルギーで快適な環境が作れるため節約にもつながります。高気密住宅では、高気密が理由で有害物質が室内にとどまってしまうデメリットもありますが、換気扇をまわすなど換気をきちんと行うことで解消できます。毎日の生活を送る住宅の室内は、できる限り快適な環境を保ちたいものですよね。住宅での夏の蒸し暑さや冬の寒さなどにお悩みの方は、気密性を高めるための工事を検討してみてはいかがでしょうか。家の中でも最も隙間が開きやすい部分が窓や玄関ドアなどの開口部になります。気密性の高い家にしていくには、こうした部分の気密性にしっかりとこだわっていきましょう。窓などには引き違いのものを取り入れる住まいも多いと思いますが、気密性の面では引き違い窓はどうしても隙間が開きやすくなってしまいますので、隙間を出来るだけ小さくしたいという場合には開き窓などを検討してみるといいでしょう。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

 

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031