ブログ

K様邸外構工事、インターロッキングブロックについて

おしゃれな舗装にするのに、インターロッキングブロック。インターロッキングブロックは地面に直接固めずにブロックを噛み合わせる施工方法です。そのため柔軟性があり、ブロックの形状や色を組み合わせることでデザイン性の高い舗装にすることができます。玄関アプローチ、駐車場などに施工することで地面にもアクセントを持たせることができ、敷地全体の雰囲気を高めてくれます。今回はK様邸外構でインターロッキングブロックの施工しました。参考にしてくださいね。

インターロッキングブロックの施工方法

1.土地の事前調査 路床、路盤、付帯設備、横断勾配などの確認をします。

2.路床工事 現状の床の不陸等不良箇所を、漉き取り、整地します。

3.端部拘束 インターロッキングブロック同士のかみ合わせ効果の確保と、ブロックの移動(ズレ防止)を防ぐために、インターロッキングブロック舗装の端部に現場打ちのコンクリートを設置します。

4.排水処理 インターロッキングブロック舗装の表面排水や地下排水を円滑に行うために、排水処理を施します。

5.レベル出し インターロッキングブロック舗装を所定の高さに仕上げるために、レベル出しを行います。

6.路盤工事 砕石等(厚み100mm~状況や施工箇所により変わる)で不陸を調整し機械等で固めます。

7.敷き砂工事 砕石で固めた路盤に、必要な厚さで、均等に砂を敷き、表面を締固めて、所定のレベルに均等に均して仕上げます。

8.ブロック工事 インターロッキングブロックを、平面設計に基づく割付け図に従って、敷設します。

9.目地工事 目地砂をインターロッキングの上に撒き散らし、乾燥させた後、ほうき等で掃きます。
所定の目地幅でブロック相互を十分にかみ合わせるために目地の通りを確保します。

10.仕上がりの確認 設計通りに施工されていることを確認して、完了です。

土地の傾斜を確認しながら、インターロッキングブロックの準備をしています。

インターロッキングブロックの材料。

車庫にはコンクリート、お庭には砂利を敷き、広々とすっきりとした空間となりました。砂利の下に防草材を敷く事により、雑草を防ぎます。駐車スペースは土間コンクリートを打設しました。玄関アプローチにはカラフルなインターロッキングを敷き、カジュアルでおしゃれな外構デザインに仕上げました。アトムアソートの住宅も、おしゃれな外構工事も手掛けています。快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031