ブログ

コンクリートのかぶり厚

かぶり厚さとは
鉄筋を覆っているコンクリートの厚さのことです。コンクリートの表面から、鉄筋の表面までの距離をいいます。家も土台からきちんとした施工する必要があります。見えないところをきちんとする必要があります。鉄筋の間隔を測ったり、鉄筋の数やその他のチェック項目をクリアして次のお家づくりの工程へと進みますがクリアできない場合はやり直しをする必要があります。

 

かぶりとは、鉄筋コンクリートの設計に用いる項目のひとつで、鉄筋からコンクリート表面までの最短距離のことです。建築用語ではかぶり厚といいます。かぶりは鉄筋を酸化から守る役割を果たしている。かぶり厚が不足すると、鉄筋が酸化をはじめ、鉄筋コンクリートの強度を著しく低下させることになります。かぶりが不足している鉄筋コンクリートは配筋が浮き上がって見えることがありますので注意が必要です。

 

建築基準法施行令 第七十九条

1  鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁以外の壁又は床にあつては2㎝以上、耐力壁、柱又ははりにあつては3㎝以上、直接土に接する壁、柱、床若しくははり又は布基礎の立上り部分にあつては4㎝以上、基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあつては捨コンクリートの部分を除いて6㎝以上としなければならない。

2  前項の規定は、水、空気、酸又は塩による鉄筋の腐食を防止し、かつ、鉄筋とコンクリートとを有効に付着させることにより、同項に規定するかぶり厚さとした場合と同等以上の耐久性及び強度を有するものとして、国土交通大臣が定めた構造方法を用いる部材及び国土交通大臣の認定を受けた部材については、適用しない。

かぶり厚さが確保できることを確認する必要があります。

土に接する部分の実測値は75㎜です。(一般的には、60㎜)
立ち上がり部分は60㎜です。(一般的には、50㎜)

配筋検査の承認が下りるとベースコンクリート打設作業を行います。コンクリートを流し込みの作業を丁寧にする必要があります。家の土台となる場所ですので家づくりで最も重要な部分です。配置する職人さんは丁寧に施工する必要がありますので大変な苦労には頭が下がります。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

関連記事一覧

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031