ブログ

建物の構造と材料 ~その②~

建物全体を支える部分は建物の骨踏みとなる部分のことを構造といいます。住まいづくりの基本となる構造の知識についてここではお伝えしたいと思います。参考にしてみてくださいね。

床組

床組は、床材を支える骨組のことです。1階と2階で違った部材が必要です。どのような部材で構成されているか確認しましょう。

1階の床組

1階の床組には、地面に設けた束石の上に床束、大引き、根太の順に部材を組む塚立て床と、コンクリートなどの上にモルタルを敷いて、直接大引きと根太を組む転ばし床とがあります。
●1階の床組部材
根太:大引にたいして直角方向に架けて床板などを受ける下地部材。40~50㎜角を用いる
大引き:土台や床束の上に架け渡して根太を支える部材。90㎜角を用いる
床束:束石の上に立てて大引きをささえる束
根がらみ貫:床束のぐらつきを防ぎ安定させるための板

●2階の床組
2階の床組は、梁や胴差しなどに根太を架けて構成します。根太を架ける間隔が狭いところでは根太だけを組む根太床。間隔が大きくなると根太だけでは床からの荷重を支え切れないので梁と根太で支える梁床などに

小屋組

小屋組は屋根を支える骨組みです。和小屋と洋小屋に分けられます。

和小屋

和小屋は日本の伝統的な小屋組です。小屋梁に小屋束をたてて母屋をのせ、さらに上から垂木をのせます。洋小屋に比べてシンプルな構造ですが、小屋梁に荷重が集中し、梁がたわみやすくなるので大きなスパンにはあまり向きません。
棟木:小屋組の最長部にあり、軒桁と平行に架ける横木
母屋:小屋束の上部を連結し垂木を支える水平方向の部材
垂木:屋根下地を受ける部材。棟木から軒桁に向けて架ける
小屋束:小屋梁に立てて、母屋からの荷重を受ける部材
小屋梁:小屋組最下部で屋根の荷重を支える水平方向の部材

洋小屋

洋小屋は陸梁や合掌、方づえ、真束、吊束などの部材でトラス(三角形を基本単位とした構造)をつくり、そこに棟木、母屋、垂木などの部材をかけて構成されるのが基本的なカタチです。小屋組全体に屋根の荷重が分散するため大きなスパンの木造建築のほかツーバイフォー工法の建物の小屋組にも用いられています。
洋小屋の部材
陸梁:洋小屋の最下部にある梁。和小屋の小屋梁に相当する
合掌:洋小屋上部の山形部分を構成する一対の斜め材
方づえ:真束は合掌とを緊結する斜め材
真束、吊束:真束は陸梁に立てて小屋の頂部を支える束、吊束は陸梁と合掌を両側から2枚の部材で挟んで支える束

壁の下地骨組み

壁の中には、構造を支える部材のほかに、壁の下地骨組となる間柱、胴縁、貫などが設けられています。木造住宅では、主に間柱や胴縁などで壁下地を構成します。貫は日本の伝統的な建物で主に使われていたもので現在はあまり利用されていません。
主な壁体部材の種類
★間柱:壁の下地材や仕上げ材のボード類を取り付けるための補助的な柱
★胴縁:壁の下地材などをとりつけるため、柱や間柱に打ち付ける部材
★貫:真壁造で柱などを貫いて、水平方向につなぐ部材。壁下地材の工程や壁の補強の役割をもつ

開口部

窓やで入れ口が設けられる開口部は、構造的に弱い部分です。開口のわきには筋交いの入った耐力壁を設けるのが一般です。開口部を支える主な部材は上部にはその上の壁を支えるまぐさ(窓まぐさ)を設けます。窓の場合は下部に窓台を設けます。和室の開口部では上部に鴨居、下部に敷居を設けます。

水盛り:建物を基準となる水平面を決めること
遣り方:基礎工事に先立ち、柱・壁などの中心線や水平線を設定するための仮設物のこと
墨出し:壁、柱、床の下地面などに工事に必要な中心線や仕上げ面の位置などを印すこと
陸墨:水平を表示する時の墨出し
矩尺:L字型の金属製の定規。長さを測ったり、直角を求めたりできる
コンパネ:コンクリート型枠用の合板のこと

家づくりをする上でとても大切なのは、基礎工事や土台づくりです。すこしでも手抜き工事をしたり材料を節約するととても大変なことになります。建物の足回りの部分は、しっかりといい材料を使う必要があります。新型コロナウイルスの感染拡大しリモートワークの普及などによって、都会から郊外への移住や一戸建ての需要が高まり、新築の需要が急増しています。そのため国内でも木材価格が高騰しています。木材価格が高騰する一因とされています。新築住宅価格も高騰する要因になっています。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930