ブログ

インテリアグリーン

インテリアグリーンは、鉢植えを室内に持込、自然を身近に感じさせるものです。快適に暮らしていくうえで重要な存在となります。季節を通して暮らす部屋だから置くインテリアや家具そして観葉植物にもすべてこだわりたい。そんな生活の場にあると、より暮らしに彩りをもたらしてくれる観葉植物。おしゃれなインテリアグリーンについて伝えたいと思います。参考にしてくださいね。

観葉植物種類

観葉植物は、亜熱帯や熱帯の屋外で生息するものなので種類の選択や管理、置く場所に注意が必要です。

ヤシの仲間:育成しやすく、大きな葉で見栄えがします。代表的なフェニックスやシュロチクは、寒さや日陰に強い大型植物ですので玄関に適してます。

ツタの仲間:ツルが伸びるので吊り鉢やヘゴ材に絡ませます。代表的なものは、アイビーやハートガズラなどで小型から大型までそろっています。温度差に強く真夏以外は日差しを好みます。

サトイモの仲間:小型種が多いのですが根元から大きな葉が重なりボリューム感があります。代表的なものは、ポトス、モンステラなどです。半日陰を好み比較的低温にも強いので、冬の厳しい寒さには注意が必要です。

ゴムノキの仲間:しっかりした幹を持ち葉の形はさまざまです。高温多湿と明るさを好みます。代表的なものはガジュマル、ベンジャミンなどです。

エアプランツ:熱帯産の小さな植物。空気の中の水分や養分を吸収し、土や水が不要です。

ハイドロカルチャー:土を使わずに水のみで育てる水耕栽培の一種。排水孔のない容器と発泡させた人口土などを用いるのもで、室内が土や水の汚れず、食卓や浴室にもいいでしょう。

テラリウム:多湿を好む植物を透明容器に入れた、ミニチュアの観葉植物の寄せ植え。

アクアリウム:水槽の中に水草、石、流木などをレイアウトして清涼感を感じ楽しむもの。

観葉植物を飾っておしゃれな空間に

季節を通して、暮らす部屋だから置くインテリアや家具をこだわりたい。料理をつくる食器やご飯を食べるテーブルも素敵でリラックスできるものがいいですよね。そんな生活の場にあると、より暮らしを豊かにしてくれるのが花やグリーン。インテリアや家具に合うおしゃれなグリーンを置くことで、とてもあたたかい空間になります。インテリアグリーンとして活躍する観葉植物たちは空間づくりをしてくれるだけでなく暮らしにうるおいをもたらしてくれます。モンステラやポトスなど耐陰性(日陰でも育つ性質)のある観葉植物もいますが、基本的に観葉植物全般日光が好きです。夏場の直射日光や冬場の外は気温が低くなるので、季節に応じて管理は異なりますが、日の入る明るい場所に置くといいでしょう。

風通しのいい場所か

置き場所の中で明るさと同じくらい、気にかけたいことが風通しです。もともと植物は外にいるものなので、室内の空気が悪いと調子を崩すこともあります。また、水やりをしたあとの濡れた土が蒸れて、カビや病害虫が発生する原因になります。毎朝、起きたときに窓を開けて空気を入れ替えましょう。

目で見るだけでは気づかないこともあるので、幹や葉に触れてみましょう。季節ごとの変化や新芽を見つけたり、きっとワクワクすることや新しい発見もあるはずです。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930