ブログ

土地探しについて

家を建てるのは、一生に一度の大きな買い物。後悔しない家づくりをするためにも周囲の環境や利便性、敷地の方向や地盤調査など様々な視点から探していかなければなりません。今回は、土地探しのヒントをここではお伝えしたいと思います。

土地について

「良い土地」の条件は、その人それぞれです。土地探しを始めると坪単価が安くていい土地が欲しいそして、という思いは、みんな同じだと思います。駅が近くて、閑静な住宅地そして陽当たりが良好、前面道路もゆったりとしている、学校が近くにある…また、夫婦共働きで車通勤の場合は車の駐車スペースが数台取れることも考慮に考える必要があります。「良い土地」のポイントは一人一人考え方も違います。家族の生活スタイルに合わせてどんな土地を購入するか、家族で考えましょう。また、子供の成長と共に通う学校のことも考えながら家族に適した土地探しをしましょう。駐車スペースが広い、総合病院が近い、スーパーやホームセンタードラッグストアなど買い物が便利な立地、駅から近く通勤通学に便利、日当たりと風通しが良好など、希望を叶えるにはたくさんのハードルがあります。優先順位をきめしっかりと考えていきましょう。

周辺環境

購入を考えている物件には必ず足を運んで選ぶことが大切です。最寄りの駅やバス停から距離があるか、また、通勤や通学で電車やバスを利用するか実際に確かめてみましょう。病院や学校などの公共施設などの距離も確かめておきましょう。周囲の騒音や外灯が少なくない場合や交通用が多いなど住み始めて気づくことがたくさんあります。街の様子は平日、週末、昼間、夜間と時間帯によってがらりと変わってくることもありますので、曜日や時間帯を変えて訪問することが大切です。それぞれの視点で確認してできるだけ家族みんなで出かけるようにしましょう。

形状と方位

土地の形は南北より東西の方が少し長い方がいいです。2:3くらいの割合の長方形が理想的です。好条件の土地はなかなか見つからず見つかっても人気があり、割高です。形状、方角のそれぞれのメリットとデメリットをしっかり見極めて自分のライフスタイルにあった土地を検討しましょう。

地盤

土地を購入する場合は、その土地や周辺部が増税前はどんな状態だったかを行政より出されている地図で確認しましょう。沼地や水田などを埋め立てている場合は、地盤強化が十分に行われていないと地盤が沈下したり一部が浮きあがってしまうこともあります。地盤改良しなければならずその分費用が必要になります。

災害面について

自然災害は、いつどこで発生するかわかりません。土地の場所によっては、台風や大雨などの被害を受ける可能性があります。土地の周りの広い範囲で過去災害状況を確認しましょう。

土地探しのポイント

敷地の大きさ

土地の広さ

車のスペースは何台。お庭のスペースは?お家の広さは?

土地の形状

変形した土地?整形地?道路と面している敷地の広さ?

道路の広さ

敷地の前の道路の幅は?どれくらいの頻度で車を出し入れするか?

・周辺環境について

駅までの距離

歩いてどれくらいで駅?駅まで自転車?どれくらいの頻度で駅を利用するか?

学校までの距離

通学ルート。車の交通面。距離がどれくらいある

買物環境

スーパー、ドラッグストア、コンビニ、ホームセンターなどの施設への距離はどれくらい

静けさ

交通の多い道に面していないか。今の住まいの環境と比べる

子育て環境

近所に同世代の子供状況。

公園環境

子供の歩ける範囲にあったほうがいい。

これから、住み続ける環境なのだから、ただ、漠然と土地探しをするのではなく、子供さんの成長過程の生活や夫婦の老後のことも視野に入れて立地の良いところに土地を購入する必要があります。また、今、住んでいるところの生活環境より便利になるか、不便になるかも考えながら、これからの生活のことを考えながら、検討しましょう。

メリット

・南側が道路なので、陽当たりがいい。

・季節を問わず昼間の日照時間が長くリビングが明るい

・湿気が部屋にこもりにくい

・真夏の日差しはほぼ垂直で部屋の中に侵入する時間が短い

・冬の日中は長い時間陽射しが入り部屋の奥まで届き自然の暖かなぬくもりをもたらす

・一階でも洗濯物や布団が干せる

・南面の居室がとても明るい。

・冬は日照により室内が暖かい

デメリット

・人気なので価格が高い

・夏は、室内の気温が高くなる

・庭やベランダが道路側になるのでプライバシーが確保されにくい

・フローリングや家具、カーテン、書庫の本が日焼けする

陽当たり条件のよい建物の南向き1階は大きな開口部を設けることが一般的で、道路を歩く人からの視線が気になる場合はカーテンやブラインドで目隠しすることになり、日中もカーテンやブラインドを利用すると折角南面でも暗い場合があります。土地は絶対に南向きが良いと思っている方が多いですが、南向きの住まいは、一年を通して日照時間が長く明るいので、家族みんなが心地よい暮らしができるように家も計画的に建てる必要があります。冬でも陽射しがリビングの奥まで差し込むことで過ごせ、暖房費の節約にもなります。また、南向きの住まいは人気があるため、価格も比較的高めの設定です。

陽当たりが悪いと、洗濯物が乾きにくく、湿度が高くなりジメジメし、冬場は結露が出てきます。部屋に湿気の空気が溜まってしまうとシックハウス症候群やアレルギーのげんいんになってしまいます。風通りをよくすることによって湿度を低下させ、冬場の結露も防ぐことができます。風向きを考慮して窓を開けることや、換気扇を利用して空気を入れ替えるなど風の通りをよくするために工夫できることは様々です。細目に換気し、風通しの良い住まいにするようにしましょう。エリアやこだわりから希望する物件を探すことができるでしょう。様々な条件や間取りなどを専門家の知識を聞きながら家族にぴったりの住まいを是非見つけてください。私たちもお家づくりのお手伝いをさせていただきます。是非お問い合わせくださいね。よろしくお願いします。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930