ブログ

住宅の換気について その1

コロナ禍で、換気についていろいろと試行錯誤してお部屋の換気しやすい空間づくりを考えています。コロナウイルスで空気の質に対する関心が高まり、換気の重要性が見直されています。換気とは、部屋の中の空気と、外の空気を入れ換えることで、部屋の空気中にある汚染物である空気いわゆる人間に対して悪い物を、部屋の中から外へ出したり、新鮮な空気に入れ替えることです。

汚染物質を部屋の外に出したり、薄めたりするため

閉めきった部屋は、空気が部屋の外に出しにくいため、汚染物質がずっと部屋の中に停滞したり、増えたりしたままの状態になり汚い空気がお部屋に浮遊することになります。その空気が、人間に対して悪い影響を与えることもあります。これらの汚染物質を部屋の外に出したり、薄めたりするためには換気がとても大切です。

汚れた空気が部屋に停滞すると

住んでいる住宅の多くは、「気密性」が高くて、汚れた空気が部屋の外に出にくいのです。このような住宅では、なにもしないと十分な換気ができず、汚れた空気が部屋の中にどんどんたまっていきます。

住宅での換気の知恵

あなたの住んでいる家が2003年7月より後の建物であれば、もともと換気をする仕組みの換気口・24時間換気システムの設置義務があります。正しく使われていないことが多いことがあります。部屋の壁や天井には「換気口」がついていますが、生活をする中で、お風呂やトイレ、洗面所などの換気扇を使うと、換気口から部屋の中の汚れた空気が建物の外に出され(排気)、同時に建物の外から新しい空気を取り込むような設計されています。住宅換気ではこの換気システムが最も一般的で、2時間で室内の空気をまるまる一回入れ替えることができます。今すでにある24時間換気システムをきちんと「正しく」使うことが基本です。

浴室の換気口
外から空気が入ってきて一番寒い真冬または一番熱い真夏という理由で換気口を閉じたり、24時間換気システムのスイッチをオフにしたりしてしまうと、せっかくの換気システムが役割を果たすことができず、知らず知らずのうちに室内の空気に汚れがたまってしまいます。換気口は開けた状態で、24時間換気システムはいつもオンにして「正しく」使用する必要があります。

窓を開けて空気の通り道を作りましょう

窓を開けて換気するときの時間と回数の目安は、1時間に5~10分程度と言われています。窓や部屋の大きさや、室内に浮遊している汚染物質の種類によって外に出るスピードは異なるため、どの程度の換気であれば確実に感染症リスクが抑えられるのか、換気の効果について一概にはいえません。1時間に10分の換気を1回するよりも、1時間に5分の換気を2回する方が換気の効果は高くなります。回数を多く換気をすると効果的です。

空気の通り道を作る窓の開け方

窓開けで換気をする時は、1か所の窓だけでなく、2カ所の窓を開けることで空気の通り道ができて効率的な換気ができます。窓から風が入る場合は、窓を開けましょう。2つの窓は対角線上にあるとさらに効率的。

窓を開けても風が入りにくい場合

窓から風が入りにくい場合は、風や空気は、小さい隙間から勢いよく入り、大きい隙間から(小さな力で)出ていきやすいという性質があるため、外から空気が少しでも入ってくる側の窓は小さく開けて、外に空気が出る側の窓を大きく開けると効率的な換気ができます。

開ける窓が1つしかない場合

窓が1つしかない場合は、部屋のドアを開けて、扇風機などを窓の外に向けて設置すると効果的です。扇風機を窓の方へ向け、部屋の外に空気を流すのが上手な使い方です。扇風機を部屋の方へむけて、窓の外の空気を部屋に入れるやり方では、外の空気は部屋に入ってきますが、汚れた部屋の中の空気が外に出ずに部屋の中にとどまることがあるからです。

窓がない部屋の場合

窓がない部屋の場合は、部屋のドアを開けて、扇風機などを置いて部屋の外に空気が流れるようにしましょう。浴室や洗面室、トイレなどに設置されている換気扇を運転すると、他の部屋から流れてきた空気も効率的に家の外に出すことができます。

台所の換気扇を活用しましょう

住宅の換気扇の中でも排気量が特に大きいキッチンの換気扇を運転することで効果的に換気することができます。その場合は、キッチンに近い窓を開けると部屋全体の空気が換気されにくいので、キッチンからできるだけ離れた窓を開けるようにしましょう。窓を2つ開けている場合でも、キッチンの換気扇を運転することで、換気をアシストすることができるので、窓開けと換気扇の併用はおすすめです。

お住まいの環境に応じて、今すでにある24時間換気システムをきちんと使うこと、窓を開けて空気の通り道を作ること、キッチンの換気扇を活用することをうまく組合せて、換気を効率的に行いましょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930