ブログ

エアコンの効率を上げるひと工夫

連日の猛暑でエアコンがつけっぱなし。家族の健康を考えればエアコンを利用する必要があります。熱中症対策は、それだけでいいでしょうか。気になるのは電気代。いくら猛暑とは言え、ガンガンエアコンをつけまくるとお金の方が心配。節電対策にもなる部屋を涼しくなる方法をお伝えしたいと思います。参考にしてみてくださいね。

エアコンをつける前に空気を循環させる

夏は、仕事や外出から帰宅すると、ドアを開けたとたんにむっとするような熱い空気に出迎えられてますね。その前にまず窓を開けて空気を動かすことのほうが大事です。扇風機は、風を送り、部屋にいる人が体から発する熱を運んでいくことで、涼しさを感じさせてくれます。
部屋の中の空気を動かすことで「涼しさを感じる」のでしょう。窓を一カ所だけ開けても風は通りませんので、南北や東西などできるだけ対角線に位置する窓を開けるようにしましょう。窓だけではうまく風の通り道を作れないようなら、玄関のドアを開けるのもオススメです。

日光をさえぎり、照り返しを抑える!

部屋の中の温度の上昇は、部屋に日光が差し込むことによって生じる熱が大きな原因の一つ。この日差しによる室温上昇の対策としては、遮光カーテンや「すだれ」、窓に貼り付ける遮光フィルムがあります。窓の外に置く昔ながらの「よしず」もいいでしょう。今はグリーンカーテンを作っている人も多いと思います。ヘチマやゴーヤ、キュウリや朝顔などのツル性の植物をネットなどに這わせ、よしずのようにして日光をさえぎるグリーンカーテン。ガーデニング好きの方なら一度は試したことがあるかもしれませんね。ベランダの床に「すのこ」を敷くと、照り返しを防ぐことができます。

湿気が発生したらすぐに外に出す

人が暑いと感じるのは、温度の高さだけではなく湿度も大きく関係しています。湿度がそれほど高くなければ、気温が高くても暑さは感じにくく、同じ温度でも湿度が高いとしんどく感じてしまいます。家の中では、とくに入浴時や調理時に湿気が出てきてしまいます。このような湿気は早く家の外に出すよう、浴室の窓をこまめに開けたり換気扇を回したり、除湿機を使ったりなどの対策をしましょう。エアコンの除湿機能も状況に応じて使うと、湿度が下がり過ごしやすくなります。

エアコンの設定温度は外気温に応じて変える!

夏の外気温が30度を超える日も多い近年では、エアコンの設定温度は28度ぐらいが適切。35度を超える日は、もう少し高い設定温度でもいいかもしれません。外気温と室温の差が5℃以上あると、身体に負担がかかり夏バテの原因になることも。適切な温度設定を心がけましょう。外から帰ってきて、冷房の効いた室内に入ったとたんに寒さを覚えるほど冷やすのは、身体だけでなく節電という点からも望ましくありません。
エアコンだけでは室内に気温のムラができてしまいますので、部屋全体を効率的に冷やせるよう、扇風機も併用して冷気を全体に行き渡らせるのが効果的です。扇風機を置く位置は、部屋の中でエアコン反対側がおすすめです。部屋の空気を循環させやすくなります。部屋の中で暑さを感じる原因は、淀んだ空気や窓から差し込む日光、湿気など。一つひとつは小さな工夫が大切です。部屋を効率的に冷やすには十分な力を発揮してくれます。窓の外にすぐ隣の家の壁があって風が通りにくかったり、南西のリビングに夕方から西日が強烈に差し込んだりとなります。住宅に合った対策で、暑さを乗り切りましょう。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930