ブログ

平屋について

若い子育て世代の方が新築で平屋を建てる方が多くなっています。平屋建ては高齢世代向けスローライフを楽しむ方々が主流でしたが、高齢化や核家族化など、世帯人数の減少に伴い住宅事情の変化があり近年平屋住宅が注目を集めています。間取りプランも充実し、ある程度の敷地があれば建築が可能となっています。平屋建ての間取りは、工夫次第でとても住みやすい間取りとなります。平屋建てに関することについて伝えたい思います。参考にしてください。

平屋とは

「平屋」は、一戸建ての家。1階建ての住まいです。「平屋」は、近年大変人気があり、「平屋の家に住みたいけれども、周辺の環境や日当たり、土地の広さ、建てる家の大きさ」などを考えると二階建てを考える方が多い中、平屋は1階で贅沢に生活をと考えている方が多くいでしょう。「平屋」を建てるには、土地の広さが必要になります。設計の自由は高く中庭を設けることやロフトや吹抜けを取り入れ自然の採光を取り入れ、開放感や自由度を強調する間取りとなります。

平屋のメリット

①平屋は1階のワンフロアの中で動線短く移動距離が短くとても行動しやすい。
階段はなく、段差の少なさは、怪我や事故のリスクが少なくなります。移動もスムーズとなり、水廻りなど家事動線もコンパクトに配置できます。子育て中から高齢者まですべての世代にお勧めです。

②ワンフロアでつながっている為、階段のない生活だから上下移動をしなくていい。
車椅子生活の方や足の不自由な方には大変生活しやすい環境です。ゆくゆくの老後の生活に備えた間取り設計ができます。ワンフロアで全てを完結できるため将来、安心して暮らすことができます。間取りがワンフロアに集中するため日々の家事や掃除が楽々。

③平屋は、天井が高く、平面的な広がりが出るので、開放感があり広く感じられる。
コンパクトなのに広々と暮らせる生活設計に、安心快適な暮らしが実現できます。いつも広々とした雰囲気が手に入るでしょう。2階がない分、天井を高くし、大きく窓を複数に設けたりできます。大きい窓を増やせば自然の採光をお部屋に取り入れることができます。自然の光を取り入れられる空間作りは、四季折々の楽しみが感じられます。

④平屋は、家族のコミュニケーションがとれやすい間取りに。
家族の顔が合わしやすい空間でしょう。いつも家族が身近に感じられる空間が実現します。

⑤電気代が経済的
1階フロア―に各お部屋が集中しているので冷暖房の効率が良く、各部屋の温度が管理しやすく各部屋の急激な温度差が少なく、冷暖房費用や電気代にやさしいでしょう。

⑥耐震性が高い
2階建てや3階建てより構造が安定しやすい。耐震性は、2階建てや3階建てより平屋の方が揺れには強い構造でとても安定しています。台風や強風などの影響は、高さがある方が風を受けやすく被害が大きいでしょう。

⑦メンテナンスがしやすい
住宅は新築を購入してもメンテナンスが必要です。家を長くに渡り大切に使用していくためには、メンテナンスが必要です。コンパクトな平屋では、こまめに掃除をすることが大切です。平屋なら掃除をするにも掃除機を2階に運ぶ必要もありません。たとえば、外壁を修理するためには2階建てと足場を組む必要がありそのぶんコストも多くかかります。平屋は、メンテナンスコストを抑える。

平屋のデメリット

①平屋は土地の広さや近隣の建物環境の影響を受けやすい。
近隣の建物が異常に高かったり、接近して建築されていると冬の日照時間が少なくなると平屋だととても寒いでしょう。

②土地の確保が必要
2階建てと比べると、平屋建ては土地が広く確保する必要があるため土地価格も気にして購入する必要があります。平屋の中心部は、日照の関係で部屋が暗くなる可能性があるため、窓の位置の工夫が必要です。

③防犯対策が必要
開放感を得られる大きな窓は、防犯面から考えると注意が必要です。就寝時は、窓を開けづらく、長期間家を空けるときには、空き巣の心配があります。間取りの工夫や窓の仕様、センサーライト、踏むとよく足音が響く砂利など様々な防犯対策が必要です。平屋の場合は、1階しかないため防犯面では、注意が必要です。坪庭などをつくり、プライベート空間が実現できます。平屋だと近所の人が頻繁に通る道沿いに窓をつくる家の中が丸見えで視線が気になるため、窓の位置を考えながらまた、垣根など目隠しとなるガーデニングをする工夫が必要です。

④生活の音に注意した間取り
1階にすべての部屋が混在するため、水廻りの音が響く可能性があります。就寝時の水の音が気になるため、入浴やトイレの音漏れ聞こえないように水廻りと寝室を分離し、壁や収納などで音漏れを防止しましょう。

⑤客間の位置
玄関からすぐリビングだと家族にとって移動がとても楽です。お客様を迎えるお部屋の位置家族の生活の場を見せないような間取り配置が必要です。トイレが家の奥にあるとお客さんは生活スペースを通り抜けて行かなければならないため、トイレの位置も気を付けて配置する必要があります。

⑥収納スペースの心配
平屋は敷地面積が小さいと収納スペースの不足を心配があります。階段のスペースを収納へあてることができません。空間の有効利用をするなど、いろいろと対策があります。ロフトや床下収納を採用するのも効果的です。

日本は、これから少子高齢化社会へ向かっています。平屋を好んで建てる方は、少ないかもしれませんが今後は、人気が出る物件でもあります。伝統的な日本家屋からおしゃれな平屋まで色々と増えつつあります。平屋の魅力について詳しく担当者がお話させていただきます。お気軽にお問い合わせください。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930