ブログ

軒や庇について

昔ながらの住宅には、必ず軒や庇のある家が圧倒的に多いのですが最近の住宅は、軒や庇がない家も多くなっています。住宅のデザインがシンプルになり、軒や庇がない住宅がおおくなっています。軒や庇は、どこの部分?軒は屋根が壁からはみ出している部分。軒天といったほうが理解しやすいかもしれません。庇は、サッシや勝手口、玄関などの開口部の上にある小さな屋根のところを言います。軒や庇の役割は日本住宅の軒や庇がより深く建てられた理由は、夏の直射日光を遮り暑さを抑えつつ、冬の太陽の光は室内の奥まで取り込み抑えることもできます。日差しが直接お部屋にはいると日差しで家具が色あせすることを防ぐことにも役立ちます。カーテンやブラインドなどで日差しを遮ることができますが毎日開けたり閉めたりすることで手間がかかるため、庇や軒があるほうがとても便利ですね。ここでは軒や庇について伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

軒や庇のメリット

雨が多いとき軒や庇は雨除けまたは家を守る役割がある。

昔ながらの住宅は、必ず軒や庇がありました。それは、雨対策で家を守る役目があります。雨が降っていて窓を開けていても雨が部屋の中へ直接入りにくくすることが可能です。じめじめした雨の日でも窓を開けて換気ができるように設計されています。外壁は、常に外にさらされているため汚れています。雨が降るとその汚れが一緒に流れますが、雨ダレで汚れている家が時々ありますが、この汚れ対策を行ってくれます。

太陽からの日照りをカットし日差しの調整をする

夏の天気のいい晴れた日では、軒や庇がないと窓ガラスや外壁に直接直射日光が当たり室温が上昇します。軒や庇は太陽の光をカットしてくれます。夏場では、太陽の光の下と日陰の下ではかなり気温が随分異なります。家も庇や軒で太陽の直射日光を家に極力侵入しないようにカットすると建物自体も厚くなることを防いでくれます。特に、開口部の窓や玄関、勝手口など少しでも快適な住空間になります。夏の太陽の日差しは、外付けロールスクリーンで遮断することが一番効果的です。

外壁に対する保護

住宅の外壁が外にさらされていて、直接、雨風や太陽の紫外線など経年劣化もありますが、直接ずっと当たることにより長持ちができにくくなります。外壁が雨で濡れてしまう状態が続いていくと、汚れが目立つかもしれません。また、長雨が続くと水による建物のダメージがあります。雨の通り道部分、壁が黒ずんだ汚れになります。軒や庇があると扉やサッシを汚れや劣化から守ってくれます。

デザインの上では軒や庇がない方がオシャレ

軒や庇がない住宅が今、流行。見た目やデザイン的な感覚で軒や庇を取り除く場合があります。デザイナーズハウスやシンプルハウスを好んでいる方は、見た目で判断し、スッキリとしたデザイン性を重視で考えます。デザイン性を重視した住宅は、好む人は軒や庇を嫌がり外観をスッキリと見せたいと思っています。その人それぞれの好みに応じて、デザイン性を重視する方にとっては、軒や庇は必要ないと判断されるかもしれません。軒や庇は、雨、風から住宅を守り長持ちするようにするなど、いろいろなことを考えて検討してくださいね。

コストダウンのため

軒や庇がない住宅はコストダウンになります。建築会社によってはコストが下がる可能性もあります。施工面積が減るから、軒が出れば出るほど屋根の部分の面積が大きくなります。軒がない場合は軒天の下地そして仕上げ材料まで施工の手間がかかります。価格が抑えられることから、建築会社からの提案があるかもしれませんが、安くてデザイン的に良ければ良いと思いがちですが、経年劣化することも考えて安くてデザインを優先することなど何を優先するかを考えて検討してください。

軒や庇がないときのデメリット

耐風性が低い

軒下から外壁に当たって軒天に向かって噴き上げる風に対して対策をしなければ外壁がもろくなりやすく。外壁の劣化が早まりメンテナンス時期が早まったり、補修工事が必要になる。

デザイン性が低下

軒や庇をつくることによってシンプルモダンな住宅イメージがデザイン崩れがあり見栄えが良くない場合があります。しっかりと打ち合わせをする必要があります。

居住面積が狭くなる

軒や庇を設置することにより、隣地境界制度で外壁から余裕を持ち住宅を建築する必要があるため、室内の敷地が狭くなる可能性があります。多くのことを懸念して計画してください

コストアップになる

軒が長くなると、それだけ材料費や工事費、人件費などがアップすることになります。

軒がなくても平気

昔の日本家屋の外壁は、現在のサイディングではなく、漆喰や土壁仕上げでした。漆喰や土壁仕上げと比べてサイディングの場合、直射日光が当たっても雨や風にさらされても昔の漆喰や土壁にくらべてサイディングは改良されています。ガラスに関しても昔のガラスと比べて紫外線をカットするガラスや二重ガラスになっています。サッシも木製サッシではなくアルミサッシの普及に伴い雨風にさらされても問題なくなっています。水漏れに関しても防水性能も充実してきました。全室24時間換気システム導入により空気の入れ替えは出来ている事など、共働きが増え日中家にいないため窓を開ける習慣が少なくなっていることから、軒や庇が必要ないと考えている家庭も多いかもしれません。軒や庇がない住宅は、初期コストは抑えることができるかもしれませんが、早めにメンテナンスが必要になる場合が多いです。外壁材やシーリング材などの材質によってメンテナンスが必要ですね。色々な新しい素材が出てますのでいろいろなメリットデメリットを検討してくださいね。

軒や庇は、昔から設置しているように、設置するほうが良いとも思います。デザイン的な好みやコストなどで軒や庇をない住宅を選択される場合もありますが、住宅のメンテナンスまたメリットやデメリットも考えながら、きちんと理解した上で選択することをお勧めします。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930