ブログ

ガルバリウム鋼板メリット&デメリット

「ガルバ」と略されることもある外壁材ですが聞いたことはございますでしょうか?ガルバリウム鋼板という錆に強い金属板を家の屋根や外壁として使用する事例が多くなっています。ガルバリウム鋼板は、メッキ金属として純亜鉛ではなく、アルミニウム (Al) 55%+亜鉛43.4%+珪素 (Si) 1.6%の合金を用いている。Alはメッキ層表面に強固な不動態皮膜を形成して、メッキ層を保護します。Zn含有量が低下することで犠牲防食性能は劣化するものの、Alの不動態皮膜とZn腐食部の腐食生成物がメッキ層の腐食進行を抑制するため、全体として高い防食性を発揮します。合金比率は、Znの犠牲防食性能とAlの不動態保護性能のバランスで決められています。ガルバリウム鋼板で家を建てる際のメリット・デメリットを分かりやすくお伝えしたいと思います。参考にしてみてくださいね。

ガルバリウム鋼板とは

「錆びにくいメッキ加工をした鋼の板」昔は「トタン」を使うのが一般的でしたが酸性雨などに弱いことから「ガルバリウム鋼板」が開発されました。トタンに比べて約3~6倍の耐久性があります。

ガルバリウム鋼板は錆びないからメンテナンスフリー。

耐用年数が長いのでガルバリウム鋼板で建てれば長寿命住宅。

ガルバリウム鋼板の外壁は断熱が高いので屋根や外壁に使えば断熱性が上がる。

ガルバリウム鋼板の屋根や外壁は軽いので耐震性が高い。

ガルバリウム鋼板メリット

錆びに強い
錆びにくい加工施しているのでトタンや金属サイディングに比べて錆びに強いと言われてます。耐用年数は10~25年と言われており非常に耐久性に優れています。ただ、全く錆びないというわけではないため定期的なメンテナンスは必要になります。金属系サイディングの中でも、ガルバリウム鋼板は金属で出来ているにもかかわらず非常に錆びにくいです。建材における錆びは、美観を大きく損なうために看過できません。錆びが起こりにくいというのは金属系外装材として非常に優位性があります。

耐震性が高い
ガルバリウム鋼板は金属でありながらも非常に軽い素材。瓦に比べ、1/10程の軽さであり、よく外壁に使われるサイディングよりも軽いため家全体の重心を下げることができます。地震多い地域には揺れを抑えることができるためよく利用しているようです。

デザイン性が高い
家づくりの好みや問題にはなりますがガルバリウム鋼板はすっきりとしたシンプルモダンな印象を与えてくれます。シンプルなお家が好みの方にはおススメの外壁材です。色の種類も豊富で、瓦のようにデコボコしていないため統一感のあるスタイリッシュな外観になります。

長期耐久性が高い
亜鉛めっき鋼板の犠牲防食機能とアルミめっき鋼板の長期耐久性を合わせ持つため、特に酸性雨に強い。例えば、海岸地域でトタンと比較して3~6倍の寿命が期待できます。トタンの場合だと5~10年程度だったところが、ガルバリウム鋼板の場合、10年~20年と長寿命化しています。

熱反射率に優れる
トタンと比較して、太陽熱の日射熱反射率が高く、特に夏季には表面温度・屋内温度を抑制します。

費用対効果が高い
ガルバリウム鋼板は他の外壁に比べお手軽な価格です。メリットは大きいが価格は低く抑えられるので非常に費用対効果の優れた外壁です。

ガルバリウム鋼板デメリット

遮音性が低い
ガルバリウム鋼板は薄くて軽いため振動に弱いです雨が当たると音が伝わりやすいことがデメリットに一つと言えます

断熱性が低い
「金属の板」であるため断熱性あまり優れていません。熱伝導率が高いため太陽光の熱をそのまま吸収し、表面に熱を遮る塗装をするなどしてガルバリウム鋼板のデメリットを補う施工方法をしていくことです。

通気性が悪い
断熱性を高めるためにも隙間なく設置していくため空気の流れが悪く、湿気の逃がすことができません。太陽光の熱は吸収しやすいという特性もあるため内部で結露が起こってしまいやすいです。通気層を作ることで補うことができます。

見た目が…
ガルバリウム鋼板の外装材の見た目は好み。「かっこいい」という人もいれば「トタンみたいで安っぽい」「倉庫見たい」という人もいます。ガルバリウム鋼板は好き嫌いが分かれる部類の外装材だと感じます。

ガルバリウム鋼板はおススメ

おしゃれな家にしい
スッキリとしてカッコいい印象を与えてくれるのでデザインにこだわりたいにはおススメの素材。

耐震性にこだわりたい方
他の外壁に比べて軽いため地震が起こった際にも基礎部分などに影響が少ない素材です。耐震性の良い安心なお家です。

メンテナンス回数を抑えたい方
耐用年数が10~25年と長いためメンテンナンス費用を抑えたいという方にはピッタリです。境目の部分は紫外線などで劣化はしていきますので定期的なメンテナンスは必要になります。

海の近くや川の近くなどの地域や軒の出が少ない場合は、塩害や酸性雨の影響を受けるので、1~2か月に1回程度に水かけの頻度を上げる必要があります。日常的なメンテナンス方法としては、定期的に水で洗い流しを行う必要があります。年に1~2回程度の頻度で晴れた日に全体的に水をかけるだけとても長持ちします。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031