ブログ

「中庭のある家」 メリットとデメリット

家の中から見える景色が目の前の道や隣の家ではなく中庭だったら、生活に「安らぎ」や「安心感」が増すことは間違いありません。安心して楽しめるプライベート空間は、それだけで価値があります。スペースが許すのであれば、マイホームに中庭を取り入れたいという方は決して少なくないのではないでしょうか。平屋には、生活動線が楽である、解放感があるなどの魅力があります。また、コンパクトで無駄のない間取りが実現しやすく、階段の上がり下がりがないことからメンテナンスが容易であることも特徴です。印象の平屋でも中庭を設けることで現代的かつおしゃれな住宅になります。今回は、中庭のある家についてつたいたいとおもいます。参考にしてみてくださいね。

中庭のある家のカタチをチェック

中庭というのは文字通り家の中にある庭のことを指します。目の前に設置する庭は中庭とは呼びませんよね。意図的に建物に挟まれた空間を作りだす必要があるため、家の構造を工夫する必要があります。

コの字型の家

中庭を設置する家の多くは、コの字型の構造。庭を完全に取り囲む構造ではないコの字型のメリットは、なんといっても日当たりがあることです。中庭を完全に取り囲むような構造で日当たりまで確保するためには平屋でもかなり広い空間を必要とします。コの字型なら、一方を格子などにしておくことでプライベート空間を確保しつつ日が射し込む明るい空間を確保することが可能になります。

ロの字型の家

中庭を完全に取り囲むロの字型の構造は、周囲から見られることのない完全なプライベート空間を叶えてくれます。中庭を内包する必要があるため広いスペースが必要だったり、排水に気を配ったりする必要がありますが、叶えられれば誰にも邪魔されない家族だけの庭を持つことができます。テーブルなどを設置して、中庭で団欒のひとときを楽しむこともでき、生活の幅も広がります。

中庭を設置するメリット

中庭のある家は、採光性がいいという特徴があります。中庭を設ける場合は居住空間との間をサッシや窓などで仕切り、家の中から中庭を眺められるよう設計します。太陽の光はサッシや窓を通して家の中に入り込むため、日中は照明設備に頼らず自然の光を楽しめます。すべての部屋を中庭に面して配置すれば、どの部屋も明るく、中庭の緑を楽しめる空間になります。中庭は基本的に、家の中からよく見えることを前提に設計するため、プライベートな庭の空間を楽しめるでしょう。サッシや窓を開けることによって風の通り道を確保できるというメリットもあります。窓の開放には外からの目が気になるという人も多いのですが、中庭に面している窓であれば視線を気にすることなく開けられるでしょう。
緑のある空間はとても心が和むものです。普段の生活における安らぎはもちろん、大切なお客様をもてなす際にも特別な空間を演出できるでしょう。中庭のある家は、より一層解放感があり、家全体がおしゃれな雰囲気になり高級感が生まれます。外観のよさを向上させ、家にいながらにして外の空気も感じられる中庭を設置するメリットは「安らぎ」と「安心感」そして「明るい空間」でしょう。

構造上どの空間も明るくなる

家の中央部に中庭を設置すれば建物はそれを取り囲むような設計になるため、間取りは必然的に外に面した部分が多くなります。そのため、部屋や廊下など、どの空間にも窓を設置することができ、照明に頼らなくても明るい家にできます。日の射し込みにくい北側の部屋も、北以外の方角に壁を設置しやすく、採光の条件は抜群です。

プライベート空間の確保で安心

子どもが小さいうちは外で遊ばせるのは誰だって不安なものです。中庭は「もうひとつのリビング」という呼ばれ方もされるプライベートな安心空間。ただ眺めるだけでなく、その空間を使って子どもを遊ばせたり、家族で食事を楽しんだりとさまざまな用途に使うことができます。隣の家や目の前の道からの視線を気にせず自由にくつろげる点も中庭の魅力と言えるでしょう。

ゆったり安らげるお気に入りの場所に

部屋から眺めたり、ゆったりくつろいだりと、生活の一部として活用できる中庭はさまざまな面でお気に入りの場所になります。
気候の良い時期には窓を開け放っておけば自然の風が吹き抜ける爽やかな空間になります。

中庭を設置するデメリット

中庭は生活の中に快適な住空間を与えてくれるだけでなく、デメリットもあります。建築費用が高額になるということです。中庭を設けるには、その分居住空間を狭くするか、中庭のスペースをプラスで確保するかです。希望する居住スペースに中庭をプラスするとなると、広いスペースが必要となり、その分の建築費用が上がることになるでしょう。建築費用は外壁の数が多いほど高くなるのが一般的です。中庭を設置するデメリットは、なんといっても「費用」です。住宅は10~15年に1度のメンテナンスが必要になるといわれています。外壁が多い中庭のある家は、どうしても塗装などのメンテナンス費用が高くなる傾向があり、特殊な作業が必要となることも少なくありません。よく考えて中庭の設置をしましょう。

広い空間が必要となる

コの字にしろ、ロの字にしろその中で生活するスペースをきちんと確保する必要があります。空間をきちんと確保した上でコの字、ロの字の家を建築するわけなので、必然的に広い敷地を必要とします。分譲地などではなかなか実現できない可能性もあるので、土地の吟味からきちんとしておかなければならないことを覚えておきましょう。

建築費用が高くなる

構造上、中庭のある家は「外に面する壁」が多くなるため、形状が複雑化します。強度を保ちつつ多くの窓を設置することになるため、建築費用が高くなってしまう可能性があります。窓を設置せず壁にするのは中庭を設置する魅力が半減してしまうのでおすすめできません。中庭設置分の費用に加え、排水の構造や照明器具の設置費用など、中庭を豪華なものにしようとすればより費用はアップします。理想の間取りと確保できる空間、用意できる予算などの中で理想が叶えられるポイントを探していきましょう。

空調やメンテナンスに費用がかかる

外に触れる場所が多い家は温度が下がりやすいため、冬場は特に家を温めるために費用がかかる可能性があります。外壁の塗装やをはじめ、メンテナンスにかかる費用も余分にかかってくる可能性があります。さらに、中庭に限ったことではありませんが、庭を設置すれば手入れに労力がかかります。休日はずっと草むしりをしていた。なんてことも起こってくるので、費用や労力の面を理解したうえで取り入れるかどうかも検討してみてください。

中庭を設置にまつわる特殊な条件

注文住宅の中でも「中庭のある家」はかなり特殊と言えます。検討されている方の中でも失敗談や通常のマイホームでは考えられないことが起こる可能性があるので覚えておきましょう。

狭い土地では設置すらできない

まず、場合によっては通常の家なら建てられても中庭のある家は建てられないケースがあることを覚えておきましょう。これは、確保した土地が狭すぎる場合によく起こります。予算を確保し、土地まで購入したのに「中庭はムリです」と言われてしまったら悲しいですよね。まずは土地を購入する前にしっかりと相談することをおすすめします。

湿気が発生しやすい

日陰になる部分が多い中庭は、じめじめした湿度の高い場所になってしまう可能性があります。湿気の多い場所には季節によって虫が発生してしまう可能性も否定できません。実際に作ってみると思っていたのと違うということも起こり得るため注意が必要です。

動線が不便になりやすい

家の中央に屋外スペースがあるため、向かいの部屋に行きたい時も遠回りをしなければなりません。必然的に動線がスムーズになりにくく、不便さを感じてしまうことも出てきます。効率の悪さがストレスになってしまう可能性があるので注意しましょう。

中庭のある家は明るくて落ち着けるプライベート空間をより多く確保できる住空間です。子育てや家族の団欒の場所としてもおすすめで、ステイホームの現在では家族でたくさんの思い出を作りやすい家でしょう。弊社も中庭のある住宅を現在建築中です。もし、興味のある方はご連絡くださいね。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031