ブログ

キッチン配置の種類と特徴

キッチンは毎日の食事を作る仕事場のひとつであり、毎日かなり長い時間を過ごす場所。家族を持ち、家事仕事が多くなる子供を育てるという観点からも、マイホームの中で特に「キッチンにこだわりたい」と考えている方が多いのではないでしょうか。「もっとこうだったら」という不便さを普段感じていても、気が付くと慣れてしまっていることが多く、いざ作るとなると不便さを忘れてしまっていることがあります。
今回の記事ではキッチンについて伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

キッチンの種類とそれぞれの特徴

キッチンと言ってもさまざまなレイアウトがあり、間取りに大きく影響してきます。まったく同じ設備のものを使用してもレイアウトが異なれば動線や環境が大きく変わってきてしまいます。使い勝手や特徴を理解しておくことでどのスタイルが家族にとってベストなのかも変わってくるので、まずはその種類についてチェックしていきましょう。

I型キッチン

今の家でも一般的によく見るスタイルで、キッチンレイアウトのスタンダードとも呼べるのがI型。シンクやガスコンロなどが壁に向かって一列に並んでいるレイアウトが特徴です。「I型に対応していない」というキッチン設備はほとんどなく、導入する際に選べる幅が広い点は大きなポイントのひとつです。
シンプルで使い勝手が良く、間取りを広く使えるため、スペースをそこまで確保できないという場合はI型がおすすめです。一方、キッチン用品や雑貨がリビングから丸見えになり、生活感が出るため、LDKにできるだけ生活感を出したくないという方にはあまりおすすめできません。
壁の方を向いて料理をする必要があるため、料理をしている間もリビングに気を配っていたいという方にとっては不向きなレイアウトです。壁側に窓をつけると開放感や外の景色を見ながらできるため楽しんで料理を作ることができます。

L型キッチン

シンクや調理スペース、コンロの配置が直線ではなくL字にレイアウトされているのが「L型キッチン」です。限られたスペースを右に、左にと移動するのではなく、右を向いて、左を向いてという動作で料理ができるため、「洗う」「切る」「煮る・焼く」という動作を少ない動きで完結できることができます。シンクと調理スペースも壁に向けるレイアウトの他に、リビングに向けてカウンターキッチンとしたレイアウトも可能です。限られたスペースを使って効率的に調理をすることができる一方で、複数の人数で使うと使い勝手が悪くなってしまうことがあります。夫婦や子供と一緒に料理を楽しみたいという場合はレイアウトの工夫が必要ですね。

Ⅱ型・U型キッチン

Ⅱ型キッチンはシンクや調理スペースとコンロを前後に配置したレイアウト、U型キッチンはL型キッチンをさらに延長させ、コの字にしたレイアウトです。Ⅱ型キッチンはL字型と同じで洗う・切るをシンク周辺で行い、背中側のコンロで煮たり焼いたりすることでスムーズな動線を叶えたレイアウトです。U型はL型をさらに延長したコの字のようなレイアウトで、調理スペースをより広くとりたいという方におすすめです。I型、L型、Ⅱ型は同じスペースのキッチンをどう配置するかがポイントとなるため、誰が、どう使っていくかをある程度イメージしていくことでより好みに合ったイメージになります。U型はキッチン回りが調理スペースを兼ねた棚のような配置になるため、広々とした作業スペースを確保したい場合に便利です。ただし、冷蔵庫や食器棚の置き場所を別で確保する必要も出てくるため、かなり広いスペースが必要となる可能性があります。

カウンターキッチンとアイランドキッチン

最近多いのが、調理スペースをリビングの方に向け、カウンタータイプにしたスタイル。別名「対面キッチン」といいます。Ⅱ型やU型だけでなく、I型や、L型でも調理スペースをリビングの方に向けることでカウンターキッチンにすることが可能です。調理をしていても顔を上げるだけでリビングを見ることができるため、壁に向かって調理をしている時に比べて目の前の状況を判断しやすいメリットがあります。カウンタータイプの中でもキッチンの両サイドが壁とくっついていない、独立型のものを「アイランドキッチン」といいます。一方が壁に面している場合、キッチンの片方が行き止まりになっているため複数の人が入ると動線が窮屈になってしまいます。アイランドキッチンの場合両方からの行き来が可能となるため、冷蔵庫の飲み物を取りたい時、料理の準備でお皿を出して手伝いをするときなど、シーンに合わせて入口を変えることでスムーズな動線になりやすいメリットがあります。その分広いスペースが必要となるので、間取りを組むときは注意が必要です。

キッチンは動線だけではなく収納も良く考えて

キッチン回りは食器や調理器具などさまざまな物が使い勝手の良い場所になければ不便を感じてしまうので、収納はとても重要です。賃貸では用意されたキッチンに合わせて物を配置し、自身の動作もそれに合わせていきますが注文住宅では自分が不便に感じていることをすべて解消することが可能です。背が低いので高い場所にしまった物が取りにくいと感じている場合は棚や収納の設置場所を別に確保することができます。
「この場所がこうだったら」というちょっとした不便さを解消して、理想のキッチンを作ることが可能です。

便利な収納スペースパントリーを設置

パントリーというのは、キッチンに隣接して設けられる収納庫。お米が入っている袋、ミネラルウォーターなどのストックを置いておくのに便利な場所として取り入れる家も増えています。土鍋やカセットコンロ、かき氷や流しそうめんの機械など、使用頻度の少ない季節の調理器具をしまっておくスペースにも活用できます。

コンセントの電力不足に注意

冷蔵庫、電子レンジなど、キッチンには電力を使う家電が多く配置されます。「ブレーカーが落ちる」というのは比較的よくある話ですが、頻度が多くなれば不便さが出てくるもの。考えて作ったキッチンに別の場所から延長コードを引っ張ってくるような事態にならないためにも、電力の確保には気を遣いましょう。設計段階で、よく使う料理器具を申告してください。それに合わせてアースの配置や電圧なども調整します。

意外と後で困るのがゴミ箱の配置

ビン、缶、ペットボトル、燃えるゴミに燃えないゴミ・・・キッチンで出るゴミにはさまざまな種類があります。分別することも大切ですが、数あるゴミ箱のスペースをうまく確保しておくのを忘れてしまうと分別がさらに面倒なことになります。どこに何を置くのか、どれくらいのスペースが必要なのかは事前にしっかりと計画を立てておきましょう。

キッチンのデザインやシステム的なお悩みであればショールームなどで解決できるかもしれませんが、配置や間取りのことはやっぱり施工業者に聞くのが一番。数ある実績の中からご家族がどういったスタイルのものを思い描いているのかをヒアリングし、過去の例を参考に出しながらお悩みを解決することが可能です。気になることは何でもお気軽にお問い合わせください。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031