ブログ

24時間換気システム義務化について

健康に暮らすために、室内の空気をきれいな状態に保つことはとても大切です。マンションでは、24時間換気システムなどの換気扇設備の設置が義務付けられています。24時間システムの仕組みやきちんと換気をするために知っておきたい換気扇・給気口について伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

24時間換気システム

昔の日本家屋は風通しの良いつくりで、空気を出すのも入れるのも自然に行われてました。近年、冷暖房が普及し通気の良い家は冷暖房効率が悪く、高気密・高断熱化が進んでいます。高気密の家は常に意識して空気を入れ替えないと空気が汚れます。湿度が高くなるためカビ、ダニなどが繁殖しやすくなるとともに、建材や家具などから発散されるホルムアルデヒドなどの化学物質などが部屋にこもり「シックハウス症候群」が増えて社会問題になっています。「シックハウス症候群」対策の一つとして、室内の空気がきれいに保てるようにと2003年に建築基準法が改正され、換気設備の設置が義務付けられました。

機械換気設備の設置が必要

「改正建築基準法が施行された2003年7月1日以降に建設された建物はすべて(建築基準法の改正前に建築確認を終えているものは対象外)、機械換気設備(24時間換気システムなど)の設置が義務付けられました」シックハウス症候群の原因となる化学物質の室内濃度を下げることを目的に、建築物の建材・部材や換気設備を規制するための法律改正で、住宅、学校、オフィス、病院など、すべての建築物の居室を対象にしています。住宅の場合は、換気回数0.5回/h以上の機械換気設備(24時間換気システムなど)の設置が必要と定められています。換気回数0.5回/h以上とは、1時間当たりで部屋の半分の空気が入れ替わる、つまり2時間で部屋の空気が全部入れ替わることをいいます。定期的に部屋の空気が入れ替わることで、人が生活することで発生する二酸化炭素や水蒸気、臭気、チリやホコリなども低減されます。

第1種換気

第1種換気とは、給気口と排気口の両方に換気扇を設置して強制的に換気する方法。換気扇を使用するため、新鮮な空気をたくさん取り込み、空気の循環をコントロールできるという特徴があります。家の中に取り入れる空気が冷たい場合、排気口から出ていく空気の熱だけを取り出し、給気口に熱を送る仕組みを持つ熱交換システムを使用すれば、室内に入ってくる空気が暖められ、外気による室内温度の変化を防ぐことも可能です。給気口と排気口の両方に換気扇が必要なので電気代が2倍になることや、設置費用が高くなるというデメリットもあります。さらに熱交換システム用にダクトを設置するとなると、さらに設計・施工費用が高くなる場合もあります。第1種換気では給気も強制的に行うため、汚染物質などを室内に取り込まないよう、目の細かいフィルターを設置する必要があります。そのため、フィルターの掃除や交換といったメンテナンスをこまめに行わなければならず、フィルターを交換するのにも費用がかかります。

第2種換気

第2種換気は、給気口だけに換気扇を設置し、排気口には換気扇を設置しない換気方法です。空気が入ってくる力が強く、出ていく力が弱いのが特徴で、室内の気圧が高いため、ドアや窓を開けても外からの菌や汚染物質が入りにくいという衛生的なメリットもあります。空気の入れ換えや不衛生な物質の侵入防止を重視する工場や研究所などのクリーンルーム、病院の手術室などでよく使用されるシステムです。性能が高く、第1種換気と後述する第3種換気のメリットを併せ持ってはいますが、第2種換気方法を採用している住宅は少ないのが現状です。デメリットとしては、排気の力が弱いため室内に湿気がたまりやすく、結露が発生しやすいことが挙げられます。また、給気口の近くは外気温と同じ温度なので、冬は寒く、夏は暑く感じられます。

第3種換気

第3種換気は、給気口には換気扇を設置せず、排気口にのみ換気扇を設置する方法です。一戸建て住宅やマンションに多く採用されている換気方法で、第1種換気や第2種換気と違い、すべての部屋に給気口が必要となるのが特徴です。第3種換気は湿気が室内にたまりにくく、第1種換気よりも設置コストや電気代が安いというメリットがあります。一方で、熱交換システムに対応していないため、外気の温度がそのまま室内に入ってきやすく、給気口近くにいると冬は寒く、夏は暑く感じやすいというデメリットがあります。また、第1種換気に比べると空調効率が落ちるので注意しましょう。

家の中の空気は思ったよりも汚れています。目にみえないほどのハウスダストが空気に浮遊しています。人間の取り込んだ空気の約6割は室内の空気といわれています。その空気が汚れていたら…身体に影響がでてきてしまいます。換気は汚れた空気を排気口から外に排出して、きれいな空気を吸気口から入れてやること。空気の流れをコントロールすることで、24時間空気をきれいに保つことができます。換気をうまく行えるかどうかは、気密にかかわってきます。気密高断熱のある住宅づくりが大切です。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031