ブログ

おしゃれな床の間

床の間といっても洋風住宅が進む中床の間を必要とするかたは少なくなっています。日本人が古くから大切にしてきた風情を感じられる場でもあります。和室に床の間があると華やかさや日本の素敵な趣があります。格式高い雰囲気を演出することができます。しかし、古風な印象になってしまうかと心配する方もいます。 また、せっかく床の間をつくったのに空間を持て余してしまうという悩みもあるかもしれませんね。今回は床の間について伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

床の間とは

床の間とは、客間などでよく見るような、掛け軸や壺、生花などが飾ってある和室の少し窪んだスペースのことを指します。時期的には、五月人形などが飾られる場所でもあります。元々は奈良時代に、身分の高い貴族が座る場所を一段高くしていたことがはじまりと言われており、座する場、寝る場所という意味があります。床の間はお客様をおもてなしする部屋であるため、現在でも床の間側が上座となり、反対側が下座となっています。

床の間の種類

本床:床板(とこいた)に床框(とこがまち)を施し、畳より一段高くしたスタイルの床の間。壁面に床柱を立て、上部に小壁を設けた代表的な様式。

蹴込み床:床框を施さないスタイルの床の間。床板の下に蹴込み板という垂直に立てる板を取り付けて一段高くしています。本床と比較すると、床框がない分、簡易的なつくりになっています。

踏み込み床:床と同じ高さの床の間。地板を貼るなど畳の一部だけ素材を変えて床の間にしています。「敷込み床(しきこみどこ)」とも呼ばれます。

織部床:床板を取り払い、天井と壁の境目を抑える廻縁(まわりぶち)に化粧板をつけた床の間の様式。安土桃山時代の武将・古田織部が好んだため「織部床」と呼ばれています。

置き床:置き床の形式は様々で特に決まりはない。フレキシブルさが魅力です。床の間にはさまざまな伝統的なスタイルがあります。近年は伝統に捉われず洋風の家にも合うモダンな床の間を設置する人が増えています。収納を設けたり間接照明と組み合わせることにより、現代の暮らしに合った新しい床の間が仕上がります。

床の間のメリット

現在では和室を持たない住宅が増えてきたり、一般的な住宅において床の間の必要性や役割を感じにくくなったこともあり、昔と比べて床の間がある住宅は少なくなっています。しかし、床の間があることで、ゆとりが生まれ、この場所でしか生み出せない雰囲気や美しさを創り出してくれます。

リラックス効果がある:洋室の場合は絵画、和室の場合は床の間や掛け軸が視線を集めるスポットになります。絵画や生け花、床の間のようなスペースを設置すると自然と視線が集められます。人間は目のやりどころに困らずリラックスできるスポットをつくる必要があります。

空気清浄や調湿機能がある:和室は畳が使われています。畳にはさまざまな優れた機能があります。畳の素材であるイグサは、まるでスポンジのように小さな穴がたくさんあいています。シックハウス症候群の原因の一つとされているホルムアルデヒドやニオイを吸着してくれます。天然の空気清浄機といえます。湿度が高いときには空気中の水分を吸収し、逆に湿度が低いときには水分を放出するという調湿機能があるので、和室はいつでも快適です。

防音、吸音効果:硬いフローリングは何か落としてしまったり、子どもが走りまわったときの音が気になりますが、畳は防音・吸音効果があるので、音が響きにくく、外にも漏れにくいです。

現在風でおしゃれな床の間も:昔の床の間は、照明計画されることなどはほとんどありませんでしたが、現代に取り入れるならば照明や自然光をうまく利用して、オシャレに「魅せる」床の間にするのもオススメ。現代ならではのアレンジが可能です。

床の間のデメリット

日々の掃除が大変:フローリングを掃除する場合、基本的には掃除機をかけて終了。フローリングはそれだけでもきれいになりますが、畳の場合は小さな隙間がたくさんあいているので、掃除機をかけるだけでは不十分です。ホコリをかき出すように乾拭きもあわせて行う必要があります。シミや汚れを除去するためには、水にぬらして固く絞ったぞうきんで拭きます。たたみはカビが発生しやすいので、水拭きのあとは水気をふき取り、部屋の風通しを良くしておきましょう。

家具があまり置けない:畳は柔らかいので、あまり重い家具を上に置いてしまうと、跡がついてしまいます。畳を大切にするためには大型の家具や重い家具があまり置けないということを気を付ける必要があります。

定期的なメンテナンス:和室にある建具は、自然素材で作られているものが多く、定期的なメンテナンスが必要となります。ふすまや障子は和紙で作られており、穴が開いたり、破れていなくても、和紙はじょじょに黄ばんできてしまうので、美しい状態を保つためには年末などに張り替える必要があります。

 

床の間は、どのような暮らしをしたいのかによって、ご家族に合った利用の仕方があります。ちょっとしたスペースを作ってあげるだけで、雰囲気もゆとりも生まれます。自由設計も多くございますので、生活スタイルに合わせたゆとりある間取りなど、是非ご相談ください。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031