ブログ

土間について

土間とは、日本の古き良き田舎の家にあったスペース。モダンな印象はありませんが現在では同じような機能を持つ住宅が少しずつ増えてきています。屋内にある土足で使える床より低い空間と考え、そこに特有の機能を持たせれば、現代的な解釈の土間になります。ここではモダンな家に取り込まれた土間空間について伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

土間とは

土間は昔の日本の家には当たり前のようにありました。家の中でありながら土足で歩くことができる玄関の延長のようなスペースです。昔はセメントがなかったので、たたき土と石灰、にがりを混ぜ合わせ、たたき固めることで作られていました。

土間のメリット

・多目的スペースとして活躍:室内と違って汚れが気にならないので、雨風にさらしたくない自転車などを置くガレージとして使うことができます。雨が降りそうなときは土間で洗濯を干す場所としても有効利用できます。また、子供の遊ぶスペースや土間にイスを置いておけば、ご近所さんが来たときにわざわざ家の中にあがってもらわなくても話をすることができます。

・メンテナンスフリー:コンクリートの土間はメンテナンスに手間がかかりません。気づいたときにささっとほうきではけばきれいになりますし、土汚れも水をまいてブラシでこすってあげれば簡単におとすことができます。

・天候を気にせず作業ができる:家庭菜園やガーデニングをしている方は定期的に庭で作業する必要があると思いますが、雨が降っていたり、強い日差しが降り注いでいたりすると暑さで作業が中断してしまうこともあります。土間であれば室内なので天候を気にせずに屋外でしかできないような作業も行うことができます。

土間のデメリット

居住スペースが狭くなる:本来なら居室の床となるスペースに床材を使わず、あえて土間としてスペースを確保しているので、それだけ狭くなってしまうことは理解しておきましょう。

移動が面倒に:土足で行動する土間を設けることで、部屋から部屋への行き来が不便になることがあります。また、土間に出るたびサンダルなど下履きを履かなければならないというわずらわしさがあります。

冬は底冷えする:地面に近い土間は、施工する際に使用する素材や設置場所によっては冬に底冷えすることがあります。せっかく多目的に使えるスペースがあっても、寒いと作業したりするのは不向きになってしまいます。リビングの一部を土間にしたり、キッチンに土間を取り入れたりする場合は、床暖房を導入しておくと良いです。

広々とした玄関土間:玄関の延長として土間を設けることで、エントランスのような広々とした空間を実現することができます。

土間キッチン:キッチンは油汚れなどが気になる場所なので、掃除をしやすくするためにも土間仕様にしてしまうという方法もあります。勝手口を設けることで買ってきた食材を靴を脱がずにそのまま運ぶことが可能です。

通り土間:繁に行き来する部屋同士は土間で分断されるとかえって不便になってしまいますが、あえて分断したいところに設けると効果的です。たとえば、玄関からつながるような形で通り土間を設け、片方は来客用もう片方は家族用というように空間をわけることができます。

土間空間が分断:室内と室外の両方の機能を持っているため、空間を区切るには良い空間です。しかし一方で区切りたくない空間を分断することもあります。室内計画をきちんとしなければ、不便になる可能性もあります。下履きを履く必要がありますので、その煩わしさも計算しなくてはいけません。他にも室内との段差が必然的に発生しますので、将来的に年齢を重ねるにつれて段差が不便になる可能性もあります。将来的な計画も視野に入れて取り込みたいですね。

土間のいい部分もありますが、使いづらい部分もあります。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031