ブログ

キッチンの動線について ~その2~

システムキッチンには「I型キッチン」「II型キッチン」「L型キッチン」など様々な種類があります。それぞれどのような特徴があるのでしょう。キッチンレイアウトについて伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

I型キッチン

キッチンレイアウトで多く使われているのが「I型キッチン」。I型キッチンは、シンクとコンロが一列に並ぶのが理想的なスペースです。広さもそれほど必要がなく、複数人で作業する時に並んで作業できるのがメリットですが、横に長くなり過ぎると作業効率や動線が悪くなるのがデメリットがあります。

II型キッチン(セパレート型キッチン)

「II型キッチン」キッチンレイアウトです。シンクとコンロを分離して、平行に配置したものです。作業台は対面式になっており、広い作業スペースを確保することができます。ただ、シンクとコンロは前後に離れているため、体の向きを頻繁に変える必要があります。身体に負担をかけるかもしれません。

L型キッチン

「L型キッチン」キッチンレイアウトです。シンク・コンロをL字型に配列した間取りであり、シンクからコンロまでの動線が短く、作業効率が良好でしょう。動線が自然と三角形になるため、ワークトライアングルで作業効率の軽減ができます。L型キッチンは角がデッドスペースとなりやすいというデメリットがあります。

U型キッチン(コの字型キッチン)

「U型キッチン」はシンク・コンロ・冷蔵庫をU字型に配置したレイアウトです。キッチン空間は独立したスペースになり、収納が多いのも特徴です。作業スペースも収納スペースも広いため、効率的に料理をすることができるでしょう。しかし、通路が袋小路となっているため、通路幅がないと動線が悪くなる場合もあります。

キッチンに配置するアイテムを洗い出す

キッチンでは非常に多くのアイテムを配置しなくてはなりません。絶対にキッチンに置かなくてはならないかを考えることが大切です。調理に必要な基本の電化製品として「冷蔵庫」は重要なアイテムです。また、「食器棚」もキッチンの収納には欠かせないアイテムでしょう。こうした必要な家電や家具などを使う頻度別にピックアップしていきましょう。

冷蔵庫のレイアウト

冷蔵庫は家族全員で使うことが多く、調理中でない時も使用します。動線を重視するなら、冷蔵庫は可能な限りキッチンの入り口付近に配置し、調理中の人の邪魔にならないようにするのがポイントです。冷蔵庫をあまりダイニングルームから近いところに置きたくない方は、冷蔵庫はキッチンの一番奥に設置することをおすすめします。

食器棚のレイアウト

食器棚は食事の準備と片付け両方の時に使用するものなので、調理台やシンクとの動線がよい場所に設置するのがおすすめです。

ダイニングテーブルのレイアウト

ダイニングテーブルをどこに配置するかも、キッチンレイアウトを考えるうえでは重要なポイントとなります。それは調理の配膳時や、食器の片づけという動線に影響するからです。ダイニングテーブルをキッチンと対面に配置するか、横並びに配置するかを決めるには、間取りや動線を考慮して決めることが大切です。

ゴミ箱のレイアウト

キッチンは「生ごみ」や「プラスチックごみ」などを頻繁に捨てる機会があり、生ごみの臭いなどが気になる場所です。そのため、ゴミ箱の位置はキッチン内の動線を考えるときにも重要なポイントです。

キッチンは毎日利用する場所だからこそいろいろと考えて配置する必要があります。作業効率などを考えてレイアウトすると後々使いやすいキッチンになるでしょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031