ブログ

寝室について。

1日の始まりと終わりを迎える寝室は、家づくりにおいてとても重要な部分になります。寝室のサイズや間取りに後悔する場合はがあります。よく考えて広さを決めましょう。寝室について気を付けて計画した方がいい内容を簡単に伝えたいと思います。是非参考にしてみてください。

洋室広さ

6畳タイプ:ダブルベッドを1台置くと、通路分くらいしか残りません。
8畳タイプ:ダブルベッド1台おいても余裕があり、テレビや家具も設置できます。
10畳タイプ:ベッドしか置かないのであれば、広すぎて空間があります。

ベッドのサイズ

ダブルベッドかシングルベッド2つがおすすめです。ベッドが大きければ、仕事の帰りが遅くなっても相手を起こさずにベッドに入れます。

マットレス

良いマットレスを利用すると、睡眠の質が上がります。自分の好みのマットレスをりようしましょう。

位置

通路に面さないようにします。「外の音が気になってよく眠れないことがあります」平屋の場合は寝室を配置するのに注意が必要です。

照明

ダウンライトだとベッドに横になった時に直接目に光が入ってきません。調光シーリングライトや間接照明がお勧めです。

収納

ウォークインクローゼットを配置すると、間取りに余裕があるならウォークインクローゼットはお勧めです。寝室がすっきりします。

ニッチ

枕元にニッチは、スマホを置いたり、眼鏡を置いたりと便利です。インテリアを飾ったりできます。ニッチを設けることによってとても便利です。

クロス

クロスは、あまりに強い色や柄物の壁紙にすると落ち着きがない雰囲気になってしまいます。

コンセント

枕元と足元にコンセントがあると便利です。
枕元のコンセントは、スマホやタブレットを充電しながら利用できます。
足元のコンセントは、空気清浄機やオイルヒーター、足元の電気などに活用できます。

いろいろとこんなことがしたいなど希望や要望がいろいろとあると思います。是非、相談してみてください。弊社は住む人の心地良さを一番に考えて提案いたします。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031