ブログ

夏涼しくて、冬暖かい家

家を建てるなら、だれもが手に入れたい“夏涼しくて冬暖かい家”
“夏少しの冷房で涼しくて、冬少しの暖房で暖かい家”
“冷房なしで涼しくて、暖房なしで暖かい家” ここでは、夏涼しく、冬温かい家について伝えたいと思います。参考にしてみてください。

夏少しの冷房で涼しく、冬少しの暖房で暖かい家

「夏涼しく冬暖かい家に住みたい!」誰もが思う事だと思います。各部屋をエアコンや暖房器具で暖めたり冷やす事も出来ますが、たくさんのエネルギーとたくさんのランニングコストを使う事になってしまいます。最新の家づくりだと設計と断熱材計画にもよりますが、エアコン1台でそれを叶える事が出来るのです。しかも家中どの部屋に行ってもほぼ同じ室温になります。家を高気密高断熱な性能の家にする事は必須になります。「高気密高断熱の家」35坪ぐらいの家で1.0だと携帯電話のスキマくらいの大きさで、0.5だと名刺ぐらいの穴があると考えるとわかりやすいでしょう。断熱性能は設計段階で出せる数値ではありますが、しっかり断熱工事をしていなければ設計時の能力を発揮する事が出来ません。高断熱、高気密は、数値の確認も大事なのですが、いかにしっかりとした施工をしているかが、実は一番重要なのです。そして、一軒一軒必ずUA値・C値測定をして、その家がどれくらいの数値であるかを把握する必要があります。弊社は、すべての家でUA値・C値測定を行っています。

断熱性能の基準値

UA値とは家全体の外部に面している面積(外皮面積)に対して、どれくらいの熱量が外に逃げているかを表します。数字の小さいほど性能が高くなります。小さい数字の方が良いということですね。

冷房なしで涼しくて、暖房なしで暖かい家

“冷房なしで涼しくて、暖房なしで暖かい家”パッシブデザインの考え方の一つで、家の形や配置、間取りによって作ります。

“冷房なしで涼しくて”は、いかに日射を遮って風を通すかがポイント。

“暖房なしで暖かい”は、いかに日射を取り入れて熱を逃がさないかがポイント。

基本熱を逃がさないためには窓は小さく少なく高性能な方がいいのですが、南からは冬場の日射を取り入れなければいけません。東西北は小さく少なく遮熱性の高い窓にし、南面は大きい窓で日射を取り入れるのが基本になります。夏場の過剰な日射取得は掃き出し窓(テラス窓)はひさしの深さ、腰窓や高窓は軒の出によりある程度コントロールできるのです。

夏涼しくて冬暖かい家を、高断熱高気密という希望はこれから家づくりを考えている方は多くかんがえているでしょう。性能のみを追い求めているだけではなく住みやすい住宅づくりも考えていく必要があります。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

ご連絡はこちらから

 

 

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930