ブログ

パッシブハウスについて

注文住宅を検討していると「パッシブハウス」や「パッシブデザイン」という言葉をよく聞きます。パッシブとは「消極的・受動的」パッシブハウスとはどのような住宅のことを指すのでしょうか。パッシブハウスについて伝えたいと思います。。環境に寄り添う住宅を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

パッシブハウスとは

厳しい燃費の基準を乗り越えた家のこと。 断熱材や高性能な窓、熱ロスの少ない換気システムなどを駆使して、 寒さや暑さをガマンしない、快適さを生み出す家。 自然の力を最大限利用し、少ないエネルギーで、快適な暮らし。 日本の気候風土を利用した燃費の基準を、パッシブハウスジャパンといいます。

パッシブハウスのメリット

パッシブハウスは人工的なエネルギーに頼らないので、環境に優しいというのが最大のメリット。日常生活においては、「室温調整にかかる光熱費がほとんどかからない」という点です。さらに、室温が年中快適に保たれて安定するため、ヒートショックなどのリスクが少なく健康的にも大きなメリットがあります。パッシブハウスに用いられるパッシブデザインは、「自然エネルギーを活かして快適な住環境をつくり出す」ことを目的に住宅を設計するため、「夏は涼しく、冬は暖かい」という一年中快適に過ごせる家を実現することができます。パッシブハウスは高断熱・高気密なので、冷暖房効率が非常に良く余計な光熱費がかかりません。また住宅内の各部屋での温度差を少なくおさえることが出来ます。光熱費の節約と健康に良い点もメリットです。

パッシブハウスのデメリット

建築費が高くなる可能性があることがパッシブハウスのデメリット。パッシブハウスを実現するには、高いレベルの断熱性能が不可欠です。より性能の高い断熱材や窓などを取り入れる分、建築費に影響します。ただし、建築費だけでなく、住んでからの光熱費や、健康的な温熱環境を実現することで得られるメリット(医療費削減など)まで考えると、長期的にはメリットのほうが大きくなるかと思います。

パッシブハウス

高機能の断熱システム
日射を利用して部屋を温める工夫
暑い季節の日射遮蔽
日中は照明不要な昼光利用
熱交換換気などの高効率換気システム
寒い時期は太陽エネルギーを取り入れ、逆に暑い時期は太陽エネうを遮るなど、設計段階での工夫を施して、出来るだけ機械に頼らない住宅にすることで、パッシブデザインが実現できます。冬温かく、夏に涼しい住宅が実現できます。

パッシブハウスは四季による気候の変化が大きい日本において健康で快適に暮らせる家づくりのために、パッシブデザインの考え方は欠かせないものになっていくでしょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930