ブログ

スロップシンクのメリットデメリット

泥だらけの靴や、食べこぼしのついた洋服を、お気に入りの洗面台やお風呂で洗うのは、少し抵抗がありますよね。スロップシンクの活用法や注意点を伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

スロップシンクとは

スロップシンクとは、底の深い流しのことを指します。スロップシンクは一般的な洗面台に比べると、大きくて深さがあります。普通の洗面所やキッチンの水道では洗いづらい、大きな物を洗ったり、バケツを設置して水を貯めたりしやすいシンクをいいます。排水口が太めにされているのも特徴。泥や食べこぼし、ペットの抜け毛などが流れていっても、配管につまりづらくなっています。スロップ=slopとは英語で汚水の意味で、一般的に掃除道具や靴など、キッチンや洗面台のシンクで洗うことに抵抗があるものを洗う流しとして使われています。最近は、昔に比べてスロップシンク自体のデザインもおしゃれになりました。一戸建てだけでなく、マンションのバルコニーでも取り入れられることが増えています。

スロップシンクのメリット

靴や衣類の手洗い

汚れがひどく靴や衣類を手洗いする場所として。子供の食べこぼしがたくさんついたTシャツや、外遊びで泥汚れがたくさんついた靴も、スロップシンクなら排水口の詰まりを気にせず洗えます。特に水と比べて重い泥・砂は、普通の洗面台だと配管の中に堆積しやすいもの。管の内側のヌメリに泥が付着してしまい、その泥がさらにヌメリを誘発・・・と悪循環に陥りやすいのですが、太い配管のスロップシンクなら安心です。普通の洗面所で靴をあらうと、周りに水や泥が飛び散ってしまうという悩みも解消。スロップシンクは大きさと深さがあるので、水が飛び散って壁や服を汚してしまうことも少ないです。

家庭菜園

庭やバルコニーにスロップシンクを設置すれば、家庭菜園の水やりがすぐできて便利です。家庭菜園を行う場合、土が手・服・靴についてしまいます。そのまま家に入ると、室内に土や雑菌、虫などを持ち込むことになります。屋外にスロップシンクがあれば、汚れた物を洗ってから室内に入れるので、お家の中が汚れにくいです。土がついたスコップ、収穫した野菜も、きれいに洗うことができます。玄関先にスロップシンクがあれば、家に汚れを持ち込まず清潔が保ちやすいです。

ペットのシャンプー

ペットを飼っている方にも、スロップシンクは非常に便利です。犬や猫をお風呂場で洗うと自分も濡れてしまいますし、洗面所だと抜け毛で排水管が詰まってしまわないか気になります。スロップシンクなら、深めなのでペットも洗いやすいです。また、太めのパイプなので、大量の抜け毛があっても詰まることなく流れていってくれます。

スロップシンクを設置するデメリット

設置スペースが必要

スロップシンクは、一般的な洗面台に比べるとサイズが大きめです。広い設置スペースが必要です。洗面所や玄関、バルコニーなど、置きたい場所はさまざまですが、広いスペースがとれるのか、動線の邪魔にはならないのかしっかり確認してから設置する必要があります。

洗面ボウルより種類が少ない

一般的な洗面ボウルなら、色・形・質感などさまざまなデザインのものがあります。スロップシンクは数少ない種類がしか出ていないため、デザインはあまり選べません。普通の洗面台とは異なり、収納スペースもついていないことがほとんどです。

工事費用がかかる

スロップシンクを付けるには、スロップシンク本体の価格に加え、設置費、配管工事費も必要となります。特徴な配管工事しなければならないケースもあります。

スロップシンクをどう活用する

スロップシンクの設置工事をおこなうときには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

用途に合わせた大きさと深さ

スロップシンクはどんな用途に使いたいか考えてみましょう。用途にあわせてスロップシンクの大きさと深さを選びましょう。衣類のつけ置きや掃除用具を洗いたいなら、バケツを置けるサイズだと便利。ペットを洗う場合は、愛犬や愛猫が入れる大きさにしなければなりません。靴を洗いたいなら、ある程度の深さがあると水が飛び散りにくいです。

床や壁の水はね対策

スロップシンクで土などの汚れ物、絵の具や習字道具などを洗う際、水が飛び散りにくいとはいっても、ある程度は飛んでしまいます。スロップシンクの周りの壁や床は、汚れにくい素材や、汚れても簡単に拭き取れる素材を選びましょう。普通の壁紙クロスに水が飛んでしまうと、黒ずみの原因になります。スロップシンクの周りに適した壁材は、水に強いタイルや、さっと汚れが落ちる機能性壁紙など。床も無垢フローリングではなく、クッションフロアやタイルなど耐水性のある素材がおすすめです。

冬場はお湯が出ると便利

水しかでないようにすれば、コストは削減できます。スロップシンクなら、水もお湯も出るように給水管・給湯管を設置されるのがおすすめです。汚れ物もお湯の方がよく落ちて便利です。

洗濯動線を効率化

洗濯機の隣にスロップシンクを設置する場合、ご飯粒がついたお子さんの洋服の下洗いや、靴洗いなどに活用されます。物干しスペースが近くにあると、「下洗い→洗濯機→干す」という洗濯動線もスムーズ。

大きさと深さがあって排水管も太いので、水はね・配管の詰まりを気にせず汚れ物を洗えるスロップシンクを活用することができます。洗面所や屋外、玄関などにあると、特にお子さんやペットのいるご家庭にはとても便利です。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930