ブログ

浴室乾燥機について

これからの台風のシーズン、洗濯物がたくさんあるととても大変。手早く洗濯物を乾したいとき雨続きのとき、家族に花粉症の人がいる場合などに浴室乾燥機があると便利ですね。浴室乾燥機には、浴室のカビを抑制する効果や浴室内が寒いときに暖める効果が期待でき、良い面だけが浮き彫りにされがちですが、浴室乾燥機にデメリットもあります。ここでは、浴室乾燥機について伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

浴室乾燥機のメリット

浴室乾燥機とは、浴室についている乾燥機で、乾燥のほかに換気、暖房、冷風など、さまざまな機能があります。

冬は浴室内を暖めることができ、夏は涼しくすることができるため、入浴時に快適に過ごすことが可能。浴室内を乾燥させられるだけでなく、洗濯物を干すことができます。浴室内で洗濯物を干せば、衣類がしわになるのを防ぐことも可能です。洗濯物を乾かすには洗濯乾燥機を利用する方法もありますが、しわになりやすかったり衣類が縮んだりすることがあります。さらに、衣類の種類によっては洗濯乾燥機で洗うことが難しい場合も少なくありません。浴室乾燥機があれば、雨が続くときや花粉症の家族がいる場合でも洗濯物を干すことができ、部屋干しの臭いや生乾きの臭いなどもしにくいです。

浴室乾燥機のデメリット

フィルター掃除が面倒

浴室乾燥機にはフィルターが付いており、フィルターにはホコリが溜まりやすいです。フィルターのホコリをそのままにしていると、十分にパワーを発揮することができないだけでなく、健康にもあまり良くありません。そのため、定期的にフィルター掃除をしてホコリを取り除くことが必要です。忙しい人は、フィルター掃除の手間を面倒だと感じる人も少なくないでしょう。

干すのが手間

浴室乾燥機の場合は、洗濯物を浴室内に干す作業が必要となります。洗濯乾燥機を使えば、洗濯物を洗濯機に入れるだけで乾燥まで行ってくれるので、干す手間を省くことが可能です。洗濯乾燥機には乾きムラがあったり生地が傷んだりしがちだったりとデメリットもありますが、手間の少なさという面に限ると、浴室乾燥機よりも優れています。

干すスペースに限りがある

浴室で洗濯物を干せるスペースは、一般的には浴槽の真上の部分になるため、外やベランダに洗濯物を干すときと比べて、あまり広いスペースとは言えません。1~2人世帯であれば、洗濯物を干すことは可能ですが、家族が多い場合や洗濯物がたくさん出る家庭の場合は、1度にすべての洗濯物を干すことが難しいケースもあります。1度にすべての洗濯物が干せなければ2度に分けて干す必要があるため、手間も時間も余分にかかってしまうでしょう。

お風呂に入りたいときに入れない

一人暮らしの場合は、洗濯乾燥機を利用して洗濯物を乾かす時間を調整することが可能です。しかし、家族と同居している場合は、自分がお風呂に入りたいタイミングで洗濯物の乾燥のために浴室が使われていると、お風呂に入れないことが起こります。

浴室乾燥機にはメリットだけでなくデメリットもあります。バルコニーが広く洗濯物を干すスペースが十分にある人や洗濯乾燥機を持っている人なら、浴室乾燥機は必ずしも必要ありません。一方、洗濯物を外に干せない、部屋干ししたときの生乾きの臭いが気になるなどの悩みがある人は、浴室乾燥機の設置を検討してみると良いでしょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。これからも、工事が進んでいきます。また、最新情報をレポートしますね。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930