ブログ

住宅を大切に使うコツ

自然住宅は、住まい手が掃除を念入りにしたり手入れが必要な住宅です。大切にして長くきれいに暮らしたいならば、家のメンテナンスも考えなくてはいけませんね。ここでは、住宅を大切に使うコツについて伝えたいと思います。是非参考にしてくださいね。

手入れでものを大切にする

あらゆるものは、生活を共にしていると汚れが付いたり、劣化したりする。いずれは、使用できなくなり寿命を迎えることになる。使い方や手入れの仕方によっては、寿命は長くも短くもなる。できることなら、大切に手入れをしながら長く使いたいとは誰もが思っている。時を経たものが汚いものでなく、味のある古びたものになっていってほしい。住宅の手入れとなれば、プロの手を借りなければならない場面も出てくるだろう。とはいえ、安全な自然ま塗料で塗装をしているところは、住まい手がメンテナンスできることは行うべきです。

内部の手入れ

内部については日々の手入れをしていれば、改めて塗り直しをする必要があります。まず、自然系のワックスでクリーナー効果+艶出しあるいはオイルを含ませてウエスで拭くことだ。水のかかることではオイルを含ませたウエスやワックスで拭く。毎年1年に一度はオイルを塗っていた住宅を大切にするべきです。

外部の手入れ

外部については、直射日光が当たるところと当らないところ、雨掛かりの有無、また、壁のように垂直の部位とデッキのように水平の部位でも、劣化の進行にかなりの差が出てくる。状態を観察し、見極めたうえで適切な手入れが必要です。

メンテナンスの頻度と注意

キッチン

キッチンは毎日利用する部分なので掃除が大切です。水を触れるところは、しっかりと掃除が必要です。半年に一度はしっかりとメンテナンスが必要です。自然素材の無垢材を利用した床は質感を十分に保つことができます。

洗面

キッチンと同様に毎日利用する部分なので、水を触れるところは、しっかりと掃除が必要です。半年に一度はしっかりとメンテナンスが必要です。自然素材の無垢材を利用した床は質感を十分に保つことができます。

浴室

毎日の使用後の換気を十分に行えば、カビの心配はいりません。塗り直しやワックス掛けもする必要があります。

居室の床

範囲が広いので、2~3年に一度は、自然塗料の塗り直しをすると、自然素材のワックスを利用すると長い間きれいに保つことができます。

トイレ

毎日使う水回りなのできれいに保つ必要があります。半年に一度くらいは自然素材のワックスを利用すると長い間きれいに保つことができます。

ウッドデッキ

外部用の自然塗料を3~5年に一度2~3回塗りで塗りなおすと保つことができます。

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930