ブログ

漆喰について

漆喰とは石灰を由来とした壁材。漆喰壁はホコリやゴミなどが付きにくい、温度・湿度を一定に保つ効果がある、耐久性が高い、ホルムアルデヒド(シックハウス症候群の原因物質)を分解するなどさまざまな特徴があります。内壁だけではなく、外壁にも使用可能。漆喰は基本的に何も加えずに壁にくっつきます。洋風や和風など、どんなお部屋の雰囲気にも合わせられるでしょう。また不燃性や耐久性の高さに優れております。日本古来ではお城の城壁や神社仏閣などにも使用されています。特に部屋の臭いが気になる方やアレルギー体質の方花粉症の方にはおすすめです。

漆喰の長所

環境に優しい:空気中の二酸化炭素を吸収しながら、時間をかけて自然に強度を増し、もとの石灰石に還る。まさに生きている素材といえる。漆喰はほとんどの構成素材を国産で調達可能で循環性にも優れている。

防火性が高い:防火素材としての歴史は長い。

豊かな表現力:仕上げでは、コテ押さえや磨き仕上げ、引き摺り仕上げなどでさまざまなテクスチュアが表現できる。

抗菌性がある:強アルカリ性のためカビや細菌の繁殖を抑えることができます。素手でさわると手が荒れることがあり、取り扱いには注意が必要です。

循環性:国産で調達可能があります。

抗菌作用がある:漆喰は抗菌作用に優れています。phが高く強アルカリ性であり、石けんよりも強いアルカリ性です。そのためカビや細菌を防いでくれます

消臭効果:漆喰には消臭効果があります。なぜかというと漆喰には細かい穴が多数空いており、前述したように強アルカリ性の性質を持っているためです。その細かい穴が酸性の匂いを吸うことで、アルカリ性で中和し消臭します。

体臭や生ごみ、排水溝などの酸性の生活臭に特に効果を発揮します。またタバコの匂いはアルカリ性であり中和はしないですが、多数の細かい穴が匂いを吸ったり吐いたりするため、匂いが薄れます。他にペット臭にも効果が期待できます。

光を取り込み反射する:漆喰は光を取り込み反射することで、白く美しい輝きをします。漆喰は硬化した炭酸カルシウムの結晶で菱形をしています。窓から入った光が乱反射し、白く見えるのです。

漆喰の短所

強いアルカリ性:直接触れると肌が荒れる可能性があります

収縮率が高くひびが入りやすい

アクリル系樹脂などの添加:有害物質が発揮する。吸放出の効果を妨げることがある

白い粉が落ちる:塗りたては表面が細かくザラザラし、白い粉が落ちてしまいます。服などに白い粉が付いてしまう可能性があるため、クローゼットの内部は漆喰を避けるなどの対策が可能です

費用が高い:漆喰は材料費だけではなく手間と時間もかかるため、ビニールクロスよりも費用が高くなります。初期費用は高くなりますが、ビニールクロスのように定期的な張り替えがないことを考えれば、漆喰はコスパが良いという考え方もあるでしょう。

汚れが目立つ:漆喰は汚れなどが目立ちやすいです。水をはじかないため、コーヒーなどをこぼしてしまうと掃除が大変です。ビニールクロスとは違い汚れを拭き取ることは難しいため、削るか塗り足すかなどの対策が必要でしょう。またホコリなどの汚れの場合はほうきで軽くはたく、軽い汚れの場合は消しゴムで取れます。

アレルギーなどの症状が心配の方には漆喰はとてもいいでしょう。花粉症の方にも、空中に埃が浮遊しにくいので、居心地のいい空気環境となります。ぜひ試してください。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930