ブログ

ペニンシュラキッチン 

キッチンは、毎日利用するところだから、使いやすいレイアウトにしておきたいですね。作業効率を上げるためには、「ワークトライアングル」と呼ばれる配置を意識して、シンク・コンロ・冷蔵庫の位置を決めることをおすすめします。今回は、あなたに使いやすい家事動線のポイントを伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

ペニンシュラキッチンとは

ペニンシュラ(peninsula)とは、英語で「半島」を意味。キッチン部分が半島のように突き出ていることから、ペニンシュラキッチンというのです。四方が壁に接していないアイランドキッチンを、片側だけ壁につけたものです。対面キッチンはオープンキッチンといい、コミュニケーションが取りやすく開放的な空間を演出できます。料理の手元が見えるためきちんと整理整頓ができていないといけません。アイランドキッチンとペニンシュラキッチンが料理の手元がよく見えますので毎日の掃除が必要です。機能面やデザイン面で、ペニンシュラキッチンは現在見直されています。

ペニンシュラキッチンのメリット

ペニンシュラキッチンは、キッチンの独立スペースのようなものです。アイランドキッチンでは、空間が必要ですがペニンシュラキッチンは、壁にくっつけることで空間も節約でき利用しやすい部分もあります。

コミュニケーションが取りやすい対面キッチン

ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンと同様に対面キッチンなので、キッチンに立つ人の視線がリビング側に向くように設置されます。料理中もリビングやダイニングにいる人とコミュニケーションが取りやすいのがメリットです。リビングが一望できるため、小さなお子様がいる家庭では、調理中子供の様子が確認できます。

間取りの自由度が高くバリエーションも豊富

ペニンシュラキッチンは、キッチンの片方を壁付けにするレイアウトなので、スペースの有効利用ができます。一方、アイランド型キッチンは両サイドに通路を確保する必要があることから、広いスペースが必要です。キッチン前部にカウンターを設置すれば、テーブルカウンターのように使うことも可能です。

目隠しは意外に必要

共働きの夫婦にとってキッチンを常にきれいに片付けておくのは容易ではありません。料理や盛り付けなどの作業中に手元が丸見えなのも少し気になりますね。少し高めの目隠しの家具を造作するなど適度に目隠しすることも可能です。存在感のあるパーティションを置くと室内が狭く感じられることがあります。

空間の開放感が高い

ペニンシュラキッチンは独立型キッチンと比較すると、開放性が高く、リビングやダイニングと一体となった空間を楽しむことができます。壁付けキッチンは作業中の視線が壁に向くため、作業に集中しやすいのが魅力です。しかし、閉鎖的な空間に置かれるので、空間が狭く感じる方もおられます。

ペニンシュラキッチンデメリット

キッチン選びは、そう何度も経験することではありません。それだけに、設置してから想定外のトラブルが起こるケースも少なくないのです。デメリットや注意点を把握して、対策を立てておく必要があるでしょう。

対策が不可欠?ニオイや煙が広がりやすい

対面キッチンでは開放的なスペースで調理をするため、どうしてもリビングやダイニングにニオイや煙が広がりやすくなります。換気扇を回しても、解消できないことも少なくありません。ソファなどのインテリアにニオイが染み付いてしまうこともあるでしょう。

油はねも起こりやすく、放置すると見た目も衛生上も良くないため、こまめな手入れが欠かせません。ペニンシュラキッチンを導入するなら、ダイニングとリビングの消臭対策と定期的なキッチンの掃除が求められるでしょう。

下調べが肝心!少なくなりやすい収納スペース

ペニンシュラキッチンで空間の開放感を出したい場合、吊戸棚の収納を設置しない場合があります。吊戸棚がない場合、壁付けキッチンの収納よりもスペースが少なくなるので、注意しましょう。

必要な収納スペースを確保するためには、あらかじめキッチンに置きたいものをリストアップし、収納の計画を立てておくと良いでしょう。

開放感を重視したいなら、キッチンのすき間やワークトップ下のスペースなどを、上手に活用する必要があります。充分なスペースがあるなら、背後に収納棚を置いたりパントリーを設けたりするのも良い方法です。

油はね・水はねには注意が必要

ペニンシュラキッチンはアイランドキッチンと同様、油はねと水はねに注意が必要です。油はねや水はねが気になる方は、コンロ前が壁になるよう施工前から計画しておくことや、油はねガードを設置しましょう。

ペニンシュラキッチンのメリットとデメリットをお伝えしました。キッチンはワークトップパランスなども参考にして、家族みんなが生活しやすい配置をするといいでしょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031