ブログ

キッチンについて

キッチンには大きく分けて「壁付けキッチン」と「対面キッチン」の2つの種類。壁付けキッチンはその名の通り壁に向かって設置されています。壁付けキッチンでは、家族と話しながら料理をするのには向きませんが、集中して料理をしやすいという特徴があります。対面キッチンはダイニングやリビングを見渡せるように配置されたキッチンなので、家族とコミュニケーションが取りやすいのが特徴。ここではキッチンについて伝えたいと思います。参考にしてみてください。

対面式キッチン

対面キッチンの最大のメリット、それは家族の様子を見ながら料理ができるということ。対面キッチンはLDに向かって開けているので、会話したり子供さんの様子を見ながら料理をすることが可能なんですね。対面キッチンはオープンなキッチンなので開放感があります。あなたとあなたの家族の最適なキッチンを選びたいですね。キッチンを使う場合、シンク、コンロ、冷蔵庫の距離が2〜3歩以内に収まると移動距離が短くなり料理がしやすくなりますが、対面キッチンは背面に冷蔵庫や食器棚を配置できるので移動も楽らく。キッチンと食器棚の間に少し余裕を持たせれば、家族で料理をする場合も余裕のある広さにすることができます。効率的に動けるというのは毎日の家事を考えると大きなメリット。対面キッチンはオープンな開放感が魅力のキッチンですが、オープンな分だけ調理の際のニオイも広がりやすくなります。家全体の換気や風通しという面もしっかり意識しておきたいですね。対面キッチンはオープンなキッチンなので場所を効率的に使っているように感じますが、実は壁付けキッチンと比べると対面キッチンの方がスペースが必要になります。

アイランドキッチン

アイランドキッチンとはキッチンの名前にアイランドという言葉がつく通り、キッチンと壁が接する部分が無く、部屋の中で島のように独立しているキッチンの事をアイランドキッチンと呼びます。アイランドキッチンは見た目のインパクトも大きいので、対面キッチンというとアイランドキッチンを思い浮かべる方も多いと思います。アイランドキッチンは、いわゆる対面キッチンの代名詞ともいえる存在なんですね。アイランドキッチンには壁など視線を遮る物が近くにないので、キッチンとは思えない程の開放感があるんですね。

ペニンシュラキッチン

見た感じはアイランドキッチンのように思えますが、ペニンシュラキッチンとはアイランドキッチンの違いは左右どちらかが壁にくっついた対面キッチンの事を言います。ペニンシュラとは半島という意味で、島(アイランド)が壁にくっ付いたから半島(ペニンシュラ)。ペニンシュラキッチンは、キッチンを好む人は多いでしょう。

I型キッチン

I型キッチンとはコンロからシンクまでが横一直線に並んでいるキッチンです。一般的な住宅で一番よく使われている対面キッチンがI型キッチンなので、I型キッチンを使ったことがあるという方がほとんどだと思います。I型キッチンとこれまで見てきたキッチンの大きな違いは、手元を隠せるかどうかということ。I型キッチンの場合は基本的にキッチンの前にカウンター(腰壁)が必要なので、手元が丸見えにならないんですね。

セパレート型キッチン

セパレート型のキッチンはシンクとコンロを別々に分けたキッチンです。キッチンが2つに別れるのでその形からⅡ型キッチンです。I型キッチンは真っすぐ1列なのでI型。2列になるのでⅡ型キッチン。Ⅱ型キッチンの場合、通常はコンロ側が壁付けキッチンにシンク側が対面キッチンという配置になるのが一般的ですね。

対面キッチンにする場合はどんなキッチンを選ぶのかも重要ですが、対面キッチンから何が見えるかというのも大きなポイントになります。キッチンの前に立った時、気持ちよく料理を作れそうかどうかというのが重要なんですね。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031