ブログ

アイランドキッチン 

「開放感があるキッチン」「おしゃれなキッチン」アイランドキッチン。キッチンで人気があるアイランドキッチン。シンクや調理台などを壁から離して設置するタイプのキッチンなのでとてもおしゃれな間取りに。アイランドキッチンは壁から独立していて「アイランド(島)」のようにみえるため。オープンキッチンや対面キッチンの1つに分類されます。なによりも、開放感がありとても広い空間を必要とします。今回はアイランドキッチンについてつたえたいと思います。参考にしてみてくださいね。

アイランドキッチンのメリット

さまざまな用途で使用できる

工夫次第で使い方が広がります。たとえば、キッチンスペースをダイニングテーブルのように使用することも可能です。アイランドキッチンに小さなカウンターを設けるケースも。また、収納スペースを追加するのもおすすめ。

おしゃれなデザイン性

アイランドキッチンは、そのおしゃれなデザイン性に魅力を感じている方も。アイランドキッチンはデザインや機能性に力を入れている商品なので、それぞれ特徴的なデザインのキッチンが販売されています。ショールームでもとても目にひく場所に置かれています。ぜひ、ショールームでの確認をしてみてください。

複数人で調理ができる

アイランドキッチンはキッチンの四方全てから調理や配膳を行えるので、複数人で調理をするときに便利。家族で一緒に調理をしたい方や、ホームパーティーが好きな方におすすめのキッチン。また、家庭での料理教室を開く場合でも料理を四方からできるためとても便利です。

コミュニケーションが取りやすい

キッチンの対面に遮るものがないため、リビングルームにいる家族や来客と調理をしながらコミュニケーションを取ることができます。小さいお子様の様子を見ながら、調理をしながら確認できるので安心。オープンなので、リビングにあるテレビを見ることもできます。

料理がしやすい

キッチンの周りのスペースが広く、前後左右すべての位置で作業ができます。そのため、人数が多くても窮屈な思いをせず、同時に作業ができます。ダイニングへの導線が複数になるため、配膳や片付けもスムーズ。

空間に開放感を得られる

壁や仕切りがないため、視界が遮られることがありません。キッチンとダイニングが一体になっているようにみえるため、キッチンだけでなく、部屋全体も広々とした開放感のあるイメージになります。

レイアウトの自由度が高い

壁にくっつけないため、キッチンの周りを回遊でき自由に配置できます。スペースに余裕さえあれば、どのような向きで置いても構いません。希望や好みに応じたレイアウトが選択できます。

スタイリッシュなデザインがかなう

周囲からキッチン全体がみえるため、すっきりとしたスタイリッシュな印象になります。アイランドキッチンは特にデザイン性にこだわってつくられている場合が多いため、設置するだけでおしゃれな雰囲気を高められます。

コミュニケーションが取りやすい

ダイニングとの間に仕切りがないため、ダイニングやリビングにいる家族やお客様とコミュニケーションが取れます。小さな子どもがいる場合、姿を見守りながらキッチンでの家事をすることも可能です。

アイランドキッチンのデメリット

広いスペースがないと設置できない

前後左右にスペースを設ける必要があるため、キッチンが広くないと設置できません。家全体の広さによっては、アイランドキッチンを設置できない場合もあります。

こまめな掃除・整理整頓が必要

キッチンのほぼすべてが丸見えになります。作業スペースも丸見えになります。散らかっていたり汚れていたりするとリビングからすべてみえてしまいます。アイランドキッチンを選んだら、こまめな掃除や整理整頓が必要です。

臭いが拡散しやすい

周囲に壁や仕切りがない分、キッチンで発生した臭いがすぐにダイニングやリビングに。特にIHクッキングヒーターは上昇気流が弱いため、換気扇をしっかり回していても臭いが広がります。

他のキッチンより高価格

アイランドキッチンは他のキッチンよりも使用する部材が多いため、高価格になる傾向があります。前後左右の4面すべてに化粧パネルを設置する必要があります。

換気システムを導入する

アイランドキッチンは臭いや煙が広がりやすいため、高性能な換気システムの導入がおすすめ。大きくて強力な換気扇を設置し、上昇気流が弱くても空気をしっかり吸い上げられるようにしましょう。

臭いや汚れ防止用のパネルを設置する

アイランドキッチンは基本的に仕切りがありません。油汚れが飛び散るのを防ぐためには、コンロ周りにパネルを設置するほうがいいでしょう。油汚れが不意に飛ぶこともあります。パネルがあると油煙の広がりも防止できるかもしれません。

収納や片付けに自信がある人

アイランドキッチンは全体が周囲からみえるため、収納や片付けが得意できれいな状態を保つ自信がある人に向いています。余計な物を置かず、常にすっきりしたキッチンをイメージしている人に最適です。

家族とコミュニケーションを取りながら料理をしたい人

キッチンがダイニングやリビングと近くて一体感があるのも、アイランドキッチンの大きな魅力です。料理をしていてもしっかり家族とのコミュニケーションが取れます。

アイランドキッチンで後悔しないためのポイント

コンセントの配置場所は事前に確認しておく

アイランドキッチンは壁から少し距離があるため、コンセントの配置は設計やリフォームの段階で確認しておきたいポイントです。キッチンに電子レンジなどの家電を置くときは、置き場所を踏まえたコンセントの位置や、コンセントの数や容量がどれぐらい必要かを考えておきましょう。

通路の幅に気を付ける

キッチン周りの通路幅を広くすれば動線は良くなりますが、その分スペースが必要になります。また、キッチンの本体とその背面の通路幅は、動線に大きな影響があるので、どのぐらいの通路幅が適当かはしっかり確認しましょう。

油はねに気を付ける

アイランドキッチンの導入を検討している方の中には、油はねが気になっている方もいるでしょう。調理中の油はねは、IHコンロかガスコンロかによって空気の対流が異なるため、汚れる範囲や飛び方が変わってきます。気になる方は油はねガードや、コンロ前だけパーテーションを設置することを検討するのもいいでしょう。油はねガードはせっかくのキッチンの開放感を損なう可能性もあるので、耐火ガラス製にする、高さを工夫するなどが必要になるでしょう。

アイランドキッチンはデザイン的にはとても素敵ですが、広い範囲の場所を必要とします。メリットとデメリットをよく研究してあなたにふさわしいキッチン間取りを考えていきましょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031