ブログ

対面式キッチンメリット&デメリット

対面キッチンとは、リビング・ダイニングに向かって設置された対面式のキッチンスタイル。「コミュニケーションが取りやすい」「ながら調理しやすい」などのメリットから、近年特に人気が高まっています。対面キッチンのメリット・デメリット、お伝えしたいと思います。ご参考にしてみてください。

開放的なキッチンスタイル

リビングとひとつなぎにしたキッチン。シンクや作業台がリビングやダイニングに向き合うスタイルで、その様子から「カウンターキッチン」これに対し、従来の日本のキッチンは「壁付けキッチン」または「背面キッチン」とよばれるものです。シンクや作業台に立つ人は顔が壁、背中がキッチンやダイニングに向くため、やや閉塞感を覚えやすいかもしれません。壁を背中にして立つ対面キッチンの方が、明るく開放的な雰囲気になります。

対面式キッチンメリット

家事しながらの家族間コミュニケーション

家族と会話しながら作業できるため、家族の家事参加のハードルがさがり、協力的になってくれるという印象をお持ちの方が多いです。

家事中、広がる空間に目を向けることができる

リビングのお子さんの様子を確認したり、テレビを見たり、窓の風景を眺めたり、と開放的な空間で家事作業可能となります。

収納を増加させる

壁面をキッチンクローゼットとして使用できるので、収納力を増やすことができます。

周囲とコミュニケーションを取りやすい

対面キッチンは、リビングやダイニングの方を向きながら調理できます。壁に向かって黙々と調理するスタイルよりも、調理する人が孤独を感じにくいでしょう。キッチンとリビング・ダイニングが分離していなければ、家族も家事に参加しやすくなります。親子や夫婦で家事作業を行いやすいでしょう。

配膳・後片付けがスムーズ

リビングやダイニングの距離が近ければ、キッチンから料理を運んだりお皿を片付けたりがらくらく。カウンターとダイニングの一体型、ダイニングテーブルをカウンターのすぐ横に配置したりすれば家事動線はごくわずかになるので、調理から食事、後片付けまでの手間や面倒が軽減されます。

他の家事をしながら料理も

対面キッチンでは、目の前がリビングやダイニング。リビングのテレビを付けて好きな番組を見たり、くつろぐ家族と会話を楽しんだりしながらの調理が可能です。また、小さな子どもやペットがいる家庭なら、「常に視界のどこかにいれておきたい」という人も多いのではないでしょうか。対面キッチンなら、調理中もペットや子どもの様子をきちんと確認できますよ。

対面式キッチンデメリット

キッチンのスペースを広く取る必要

壁付けキッチンと比べ、通路を確保する必要もあり、面積を大きく占有してしまいます。

臭い、油・水ハネの心配

キッチンとダイニング・リビングとの間に仕切りがない場合、臭いが部屋中に充満したり、油・水ハネのため床が汚れたりする心配があります。

対面キッチンとダイニングテーブルのレイアウトとして、並行か垂直に配置することやキッチンカウンターをダイニングテーブルにするなどいろいろ方法があります。間取りに合わせていろいろと配置を考えてみましょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031