ブログ

セパレート型キッチン メリットとデメリット

セパレートキッチンとは、コンロとシンクが2つのキッチンカウンターに切り離され(セパレートされ)ているキッチンタイプのことを言います。また、2つのキッチン台が二列に平行に並んでいる形から、「Ⅱ型キッチン」とも言われます。これに対するキッチンタイプは、コンロとシンクが1つのキッチンカウンターにあるもので、「Ⅰ型キッチン」と呼ばれる種類になります。それでは、セパレートキッチンについて伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

セパレート型キッチン メリット

作業動線が短い

シンク台とコンロ台への移動が身体の向きを変えてできるので、キッチンでの作業動線が短くなります。冷蔵庫の配置する位置によってワークトライアングルを作りやすいというメリットがあります。

作業スペースが広くなる

II型キッチンは2つのキャビネットがあるので、作業を行えるスペースを広くとりやすくなります。調理が効率的にできるので、複数人やお子様と一緒に調理がしやすくなります。

収納スペースが多い

2つのキャビネットがあることで、収納スペースを他のキッチンレイアウトと比較して多く確保することが可能です。また、II型キッチンのどちらかの台を壁付けすることで、壁面収納も利用することができ、更に収納スペースを確保することができます。

セパレート型キッチン デメリット

濡れた物を運ぶ時に水が垂れる

II型キッチンのデメリットとしては、洗った食器や食材などの濡れた物をシンク台からコンロ台へ運ぶ時に、床に水が垂れやすいということです。

広いスペースが必要となる

II型キッチンは作業スペースが広くなるというメリットはありますが、キャビネットを2つ設置することができる広いスペースが必要となります。スペースに制限がある場合、I型キッチンなどコンパクトに設置できるキッチンが利用しやすいでしょう。

身体の向きを替える動作が多くなる

コンロとシンクが前と後ろに設置されているため、調理の際には身体の向きを変える作業が多くなります。

キッチンにする場合はどんなキッチンを選ぶのかも重要ですが、キッチンから何が見えるかというのも大きなポイントになります。キッチンの前に立った時、気持ちよく料理を作れそうかどうかというのが重要なんですね。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031