ブログ

男木島 視察の旅。。。

来年の春2022ART SETOUCHI イベント・作品公開のための建物の依頼があり、本日は男木島に6人で視察来ました。

男木島とは

女木島の北約1kmに浮かぶ男木島へのアクセスは、高松港から女木島経由で約40分。平地が少ないこの島には、南西部の斜面に階段状に集落がつくられ、港から民家が鱗のように重なり合う独特の景色を見ることができます。島内は徒歩で移動しましょう。

港に入るとまず目に入ってくるのは、瀬戸内国際芸術祭2010で制作されたスペインの現代芸術家、ジャウメ・プレンサの作品「男木島の魂」。貝殻をイメージした白い屋根には8つの言語の文字がデザインされており、建物自体がアートになっています。現在では食事やお土産、乗船券の販売などを行っている「男木交流館」として、島のシンボルになっています。

坂道の石段や石畳が美しい男木島の路地を歩くと、カラフルなペインティングが施された壁画と出会うことができます。眞壁陸二の「男木島 路地壁画プロジェクト wallalley」は、島で集めた廃材などに風景のシルエットを描き、民家の外壁に設置した作品で、島の景観の一部として溶け込んでいます。いろいろとみどこともたくさんあるみたいですね。

島は、高齢者が多く、オンバクルマ(乳母車)を押す人が行きかってます。

こちらに、倉庫を建てる予定。しかし、いろいろと難関があります。

こちらは、。。。イベントの時期には大活躍間違いないでしょう。お楽しみに。。。

細かい部分まで、目で見て確かめて。2022ART SETOUCHI イベント楽しみですね。慎重に進めていきたいと思います。また、進捗情報をレポートしますね。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031