ブログ

トイレのラクする掃除の仕方

掃除は、その家庭その人によって、いろいろですね。トイレは、いつもきれいにしておきたいですね。今回はトイレを楽して掃除する仕方について伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

トイレの汚れは3つ

ピンク色のカビ

便器の内側に水の流れに沿って浮かび上がってくるピンク色のすじ。お掃除をサボっているとすぐに現れてくるこの汚れは、実はバクテリアなのです。空気や水の中に住んでいるバクテリアが便器の内側の湿気や水中の栄養を食べて繁殖した「バイオフィルム」と呼ばれピンク色の滑りが見えるのです。すぐに現れたら落とすのも実はすごくラク。中性洗剤を付けて軽くこするだけで大丈夫。バクテリアはすぐに繁殖してしまうためこまめのお掃除が大切です。

黒ずみのよごれ

トイレの汚れは黒ずみの汚れが多いかもしれません。水が溜まっている部分や便器の裏縁などに黒ずみができていたり。。。トイレの天敵、カビが表面化したものです。カビもバクテリアと同じく湿度と温度そして栄養がある場所ではたくさん増殖してしまいます。黒ずみの汚れは中性洗剤を付けたトイレブラシでこすると、落ちます。カビのバクテリアに比べて放置しておくと根付いてしまいます。その場合はトイレットペーパーをカビの上に敷きその上から洗剤をしみこませて少しの時間置いてしばらくして、トイレブラシでこすってください。このとき、必ず洗剤はちゃんと水で流すことが大切。便器の表面に洗剤が残ったままだと、実はカビの繁殖の原因になってしまいます。

黄ばんだ汚れ

真っ白な便器の場合、よく見ると黄ばんでいるっていうことありませんか?黄ばみの原因は尿石の汚れです。人の尿に含まれる尿素やタンパク質の成分が細菌によって汚れとして付着しているのです。見た目の汚れだけで無くにおいの原因になります。黄ばみの汚れは、酸性の洗剤たとえば重曹やクエン酸を使ったお掃除もおすすめです。※成分の異なる洗剤は一緒に使わないようにしましょう。有毒ガス発生の原因になる可能性もあります。

いつもきれいに保つには

毎日きれいに保つ方法は、汚れをためないことで毎日お掃除をすることが効果的です。こまめな掃除が大変ですが、毎日数分で掃除をさっと済ませることがいいでしょう。

  • 中性洗剤を便器に入れる。トイレットペーパーを便器内に敷いておくとより効果的です。
  • トイレ用お掃除シートで蓋と便座の表裏をさっと拭く
  • 使い終わったお掃除市意図と一緒に便器内の洗浄を流します。もし、汚れがある場合はブラシでこすりましょう。

毎日のお掃除を続けていくコツはラク楽しく行う。眼に見える部分の肌に直接触れる部分だけをきれいにするだけで気持ちがよくなりますね。細かい部分は週末に、まとめておこないましょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

 

関連記事一覧

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031