ブログ

夏涼しく、冬温かい。。。断熱材について

断熱は一戸建てを考えるときには是非に欠かせない選択となるでしょう。断熱することは住宅の寿命を延ばし、快適性を向上させ、住んでいる人の健康にも寄与します。ここでは断熱がどれだけ住宅にメリットがあるかを伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

断熱とは?

夏は涼しく冬は暖かいという住環境。もちろん、冷暖房をつければいつでも部屋を快適な温度に調整することができます。しかし、住宅を断熱材ですっぽりと覆うことで、最低限の冷暖房エネルギーで快適な温度を維持することが可能となります。断熱とは室内と外気の熱の流れを遮断することができます。夏の場合は40度近い屋外の熱が天井・壁・床から家の中へ侵入してきます。家全体を断熱することで熱の侵入を断ち、家の中を涼しく保てます。冬は反対に家の中の熱を外に逃がさないようにできます。断熱することの主な目的は快適な住環境を得ることですが、断熱をするかどうかは住宅自体の寿命にも関わってきます。住宅を傷め、寿命を縮める天敵は内部結露です。内部結露とは、壁の内側・天井・床下などで発生する結露のことです。冬場に暖かい室内と室外の寒暖差から、室内の水蒸気が壁に侵入して水滴に変わり結露が発生します。結露は木材を腐らせ、住宅の大事な土台部分や柱部分を劣化させてしまいます。湿気があると、カビ・ダニ・シロアリの温床になる可能性もあります。こうした場所に生じる結露が厄介な理由は、表面結露と違い、目に見えないため傷んでいることに気づかずに時間が経ってしまうことが多いからです。結露によって住宅の寿命を縮めるのを防ぐには、防湿効果や調湿効果のある断熱材を入れることが重要です。

断熱について

断熱効果は、快適な温度の住環境と住宅の長寿命化以外にも3つほど代表的なメリットがあります。

1.健康への影響です。内部結露に触れましたが、目に見える表面結露が室内に生じてカビ・ダニが発生し、アレルギー・アトピーの原因となることは広く知られているでしょう。しっかりと断熱をした住宅では結露が発生しづらくなるので、小さい子どもがいる家も安心です。

2.環境への影響です。地球温暖化によって気候変動問題が世界中で起きています。断熱住宅では冷暖房を最低限の使用量で生活できるので、省エネルギーで地球環境に貢献できます。

3.省エネルギー効果によって、光熱費が安く収まるので家計にも優しいという点です。

新築一戸建てを建てるときやリフォームのときに、断熱を取り入れるメリットは理解してもらえたでしょう。しかし使用する断熱材にはさまざまな種類があり、それぞれ断熱効果が異なります。最高の断熱住宅を実現するためにも、以下の断熱用語を確認してみてください。

U値と熱伝導率の違い

U値とは熱貫流率のことです。熱貫流率と熱伝導率は両者とも、断熱材の熱の通りやすさを評価した断熱性能を知るための数値です。値が小さいほど断熱性能が高いと言えます。熱伝導率が評価するのは材料自体です。断熱材の仕様を評価するのが熱貫流率で、熱伝導率と材料の厚さから値を算出します。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031