ブログ

クロスの汚れを取る方法

毎日、クロスの汚れがたくさんつきます。少しの手間でクロスの汚れを取ることができます。ぜひ、試してみてくださいね。

普段の壁紙掃除・軽い汚れ

  • 中性洗剤or 水拭き:たまにホコリとりと水拭き、目視できる汚れには洗剤で拭き掃除がベスト。
  • 黒ずみ・手あか:中性洗剤、重曹、セスキ炭酸ソーダコンセントやドアノブ周辺に手あかや皮脂が付着して蓄積。
  • 油・調理の汚れ:中性洗剤、重曹、セスキ炭酸ソーダ:調理の際に油や調味料がはねて壁紙に付着。ついてすぐなら水拭きで落とせるが時間が経つと洗剤が必要。
  • クレヨン・ボールペン:中性洗剤、重曹、セスキ炭酸ソーダ:水拭きだけでは取れないので洗剤を使用して汚れを落とす。
  • 大型家具の裏の黒ずんだ汚れ:中性洗剤、重曹、セスキ炭酸ソーダ:ホコリと油煙が混ざって汚れが蓄積。
  • カビ:消毒用アルコール:結露など高湿度が続くことで発生。まめに結露を拭き取って防ぐ。
  • タバコのヤニ:中性洗剤、重曹、セスキ炭酸ソーダ:室内での喫煙。換気扇の近くで喫煙すると汚れが壁に付く汚れを減らせる。

弱い→中性洗剤

重曹

強い→セスキ炭酸ソーダ

 

中性洗剤:酸性でもアルカリ性でもない、中性の性質を持っているため「中性洗剤」。洗濯用洗剤やお風呂用洗剤のなかにも中性洗剤はあり安心です。

掃除前に壁紙の素材を確認

掃除をしたい壁紙がビニールクロスは、水で固く絞った雑巾で拭いたり、少量の洗剤を使ったりして掃除します。壁に少量の水をかけたときに、壁が水を弾いて吸い込まなければ、ビニールクロスです。家庭で使用されている壁紙の9割以上はビニールクロスです。和紙や布が使われて居る場合や、昔ながらの土や砂が固められた土壁の場合、漆喰や珪藻土などの塗り壁は、ビニールクロスと同じような方法で掃除を行うことができません。これらの壁は、水拭きをし洗剤を吹き付けると、壁を傷める可能性があります。ビニールクロス以外の壁の汚れを落とした場合は、掃除のやり方が特殊なので、壁紙メーカーなどの取扱説明にしたがって掃除をするか、プロに依頼するのがおすすめですね。

  1. 水に濡らし固く絞った雑巾に台所用中性洗剤を数滴垂らす
  2. 壁の汚れを拭く
  3. 洗剤のついていない濡れ雑巾で水拭きする(1で使った雑巾をよく水洗いして使います。)
  1. 乾いた雑巾で乾拭きする

水分や洗剤が残らないようにきれいに拭き取りましょう。

いつも室内をきれいに保つには、少しの手間でお掃除をすることですね。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031