ブログ

ドーマーウインドウ

ドーマーウインドウ

ドーマーとは、屋根の上に突き出た形状の、小さな屋根付きの窓です。ドーマーウィンドウともいい、屋根裏部屋やロフトのある洋風住宅に、よく見られます。屋根裏や吹抜けの採光・換気を目的としていますが、最近は外観のアクセントとしても設けられています。他に屋根に設けられる窓として、トップライトもあります。トップライトは、屋根の面に沿った形状ですが、ドーマーは垂直で屋根付きです。このためトップライトほどの採光は望めませんが、直射日光を遮ることができます。

 

ドーマー

ロフトなどの屋根裏部屋への採光を目的として屋根上に設けた窓のことをいいます。屋根から小さな三角屋根が突き出るようになった形です。採光や換気の目的と屋根や外観のデザインとしても人気です。

 

メリット

採光

ドーマーの特徴としては日当たりのよい屋根の中央に窓を摂るので小さな窓でも大量の光を室内に届けることができます。

 

通気性

開閉可能なドーマーなら、その窓を開けることで部屋の換気を確保できます。屋根裏はもともと湿気や熱が溜まりやすい場所です。通気口となり風を取り込むことができます。

 

外観のデザイン

ドーマーは、その個性的な形から、外観のデザイン性としても使われています。屋根が立体的になるため、屋根のボリュームが増し洋風の雰囲気が味わえます。

 

デメリット

すてきな外観ですが、デメリットもあります。

雨漏りの危険性

ドーマー窓を設けると屋根の垂木が切断されるため、形状も複雑になります。屋根の勾配が緩やかな点や悪条件などが重なると雨漏りの危険もあります。

 

掃除に手間がかかる

天井近くに配置されるため掃除することができません。十分に検討して決めてくださいね。

 

修繕費用がかかる

ドーマー窓の形は様々です。洋風の施行の為施行実績のある施工業者は少ないため雨漏りや破損の時修理に対応できる業者は少ないかもしれません。一般にあまり普及されていないため施工費もかかる可能性があります。

部屋の温度の上昇

当初の目的が採光目的で取り入れるため、部屋が暑くなる可能性があります。ドーマー窓には断熱材がないため部屋には直射日光が差し込むため夏場は部屋の温度が上昇するでしょう。

 

デザインや機能性はとても魅力ですね。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31