ブログ

失敗しない家づくりは計画が大切

失敗しない家づくりは、家族みんなで計画を立てて設計することが大切です。部屋の広さや生活していて生活の音など配慮するべきところはいろいろ。住む人がどの部分を重点に考えて設計するかが大切です。家づくりを始めるなら計画的に物事を進めていきましょう。失敗例などを参考にしてみて下さい。きっと家づくりのヒントがあると思います。

部屋の広さについて

・リビングが広すぎるため、冷暖房の効きが悪く光熱費用が高い
・キッチンが狭く、家族がすれ違えない
・寝室が狭く、ベッド以外のものが置けない
・思ったように家具を配置できない
・作った部屋が想定より狭く、使いづらいために物置になっている
・ロフトを作ったものの、子どもには危ないので有効活用できていない

部屋の広さを考えるときに大切なのは、家具や家電の配置を最初に考えておくことです。家具を置いてみると、思いのほかスペースが少なかったというケースも。どこに何を置くかをしっかりと考えておくと、失敗が少ないでしょう。現在家具を持っているなら、設計段階で家具の大きさを伝えると空間管理もしてくれるはずです。部屋の広さは実際に使うシーンを想定して考えるのがおすすめです。リビングの広さなら「家族が今後増える予定か」、キッチンは「一人で料理をすることが多いか、複数人で料理をすることが多いか」など、ライフスタイルに合わせて作りましょう。「来客の頻度が多い場合は来客をもてなす場所があるか」や「将来子どもが成長しても大丈夫な広さなど」、「歳をとっても住みやすい広さであるか」といったことも重要なポイントになります。

 

音の伝わりについて

・寝室が道路に面していて車やバイクの走行音が気になる
・子ども部屋からの足音や声が響いてうるさい
・乾燥器や食洗器の音が寝室に響き、夜使うことができない
・吹き抜けにしたがリビングのテレビの音が響きやすくうるさい
・浴室と隣の家の窓が近く、音が外に聞こえてしまう

家族の足音や家電の動く音、お風呂やトイレの排水音など、家の中ではさまざまな生活音あります。音が発生するであろう部屋や設備の発生をピックアップしておき、リビングや寝室などに接していないかをチェックしましょう。日中は気が付かない小さな音でも、夜になると耳に障るということも。電気代の少ない夜間に家事をしたい、夜は静かに過ごしたいなど、夜間の生活も考えた上で家づくりをしたほうがよいでしょう。

配線について

・数ばかりを重視し使い勝手を考えていなかった
・配線を隠したいと見えない位置につくったら掃除がしにくい
・調理家電を使いたいときにコンセントが足りず延長しなくてはいけない
・テレビボードから配線までが遠くコードが長くなってしまった
・玄関を広く作ったのにコンセントがなく掃除がしにくい

部屋の間取りが決まったら、家具や家電の配置を考え、必要な数のコンセントが想定されているかを確認しましょう。
季節や子どもの成長によって使う家電も変わってくるので、常時接続しておくものとそうでないものをピックアップしておくことが必要です。コンセントの位置は抜き差しがしやすい場所にあるか、照明のスイッチはドアや家具の裏など使いづらい位置になっていないかなども重要なチェックポイント。生活導線や使う人の要望を聞きしっかりと確認してください。エアコンの設置を考える場合は、エアコン用のコンセントも必要なので設置場所もしっかりと考えて予めつけておきましょう。弊社は、電気配線も現場で打ち合わせを行います。生活のシーンを考えながら、プロの電気専門家の意見を取り入れながら現地で打ち合わせを行います。コンセントの数や位置など緻密に打ち合わせを進めて行きます。

家事動線

生活の動線を考えて全体の間取りを考えないと、いざ住んでみた時に面倒があることも。特に、重たい洗濯物を運ぶ時の動線や忙しい朝の動線を確認しておきましょう。

・洗濯機から物干し・ベランダまでが遠く移動が大変
・朝は洗面や着替えのため廊下が混雑する
・2階にパントリーを作ったが、移動が面倒でつい1階にため込んでしまう
・玄関から洗濯機が遠く、子供の汚れた服で家が汚れてしまう

家族が一日をどのように過ごすかは、その家族によって異なります。家族が家でどんな生活をするのか、朝と夜、平日と休日で紙に書きだして動線を考えてみましょう。家族の行動パターンを設計時に伝えたうえで、不便なところはないか相談しながら間取りを考えるとよいでしょう。間取りがある程度決まってきたら平面図をもらい、その中でどのように動くか、実際に生活する姿を想像してみるとイメージがつきやすくなります。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31