ブログ

遮光カーテンメリット

遮光カーテンとは、「光を遮る(さえぎる)」という文字通り、外からの光を遮断し、部屋の中を暗くするカーテンを遮光カーテンと呼びます。もちろん、どんなカーテンでも、何も吊っていない状態と比べれば、少なからず光を遮ることになりますが、その度合いが強いものが「遮光カーテン」と呼ばれます。遮光カーテンメリットとデメリットについて伝えたいと思います。参考にしてみて下さいね。

遮光カーテンメリット

カーテンには、様々な機能がありますが、その中でも最も人気の高い機能が「遮光」です。寝室や西日がきつい部屋ではもちろん、すべての部屋で遮光カーテンを選ばれる人もいるほどです。種類も多種多様品揃えはどこも豊富で、なかなか選べないということも…。遮光カーテンメリットをお伝えします。

睡眠の質UP

ベッドや枕、就寝時の服装、スマホ利用を制限するなど、様々な観点から睡眠の質を上げることが注目されています。寝室の明るさを決めるカーテンも睡眠の質を左右する重要なアイテムです。部屋の外の街頭の光が入る場合や、朝日の光を遮り、しっかりと睡眠を取りたい場合は、遮光カーテンは必須です。

インテリアの日焼け防止

日差しを遮るので、家具や床・カーペットの日焼け・色あせ防止効果があります。特に西日の強い部屋などでおススメ。

プライバシー保護・防犯対策

外からの光を遮ると同時に、部屋の中の光を外に漏らさず、夜間に室内の様子が外から見えないので、プライバシーを守る効果があります。低層階の道路に面した部屋などでおススメ。

冷暖房効率UP

遮光カーテンは、普通の生地に比べて、厚めの生地が多いので、光を遮ると同時に、熱を遮断する効果も高くなります。そのため、夏は室外からの熱気の侵入を防ぎ、冬は室内の暖気が逃げることを防ぎ、結果的に冷暖房効率UPに繋がります。

遮光性と色・生地の関係性

遮光性とカーテンの色には深い関係があります。基本的に、ブラック・ネイビーなどの暗めの色は遮光度合いが高くなり、ホワイト・アイボリーなどの明るめの色は遮光度合いが低くなります。

遮熱・UVカット・・・ほかの機能との関係性は?

遮光機能と、その他の機能性についての関係について説明します。「遮光」はドレープカーテン(厚地カーテン)の機能なのに対して、「遮熱」「UVカット」などは、レースカーテンの機能としてうたわれるケースがほとんどです。遮光性と同様に、正式な試験で一定基準をクリアしたカーテンのみがこれらの機能性をうたうことが可能になります。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031