ブログ

収納について

これから、季節の変わり目は衣替えの時期。暮らす中で収納はとても大切なポイント。その収納の取り方によって生活様式や使い勝手も変わります。注文住宅で収納を計画する際に意識しておきたいポイントを伝えたいと思います。参考にしてみてください。

収納重要なポイント

●過不足のない収納量

●使い勝手のよさ

●収納効率のよさ

●見栄えのよさ

過不足のない収納量

収納量、手持ちの持ち物の量と照らし合わせて必要な量、また将来家族が増える予定があるのであれば、その分も加味した収納量を確保する必要があります。過不足のない収納量=現在の住まいの収納量+α+家族の増加分クローゼットであれば幅何メートル分あるのか、納戸や物置であればどれくらいの幅と奥行きがあるのか。測ればおおよそ必要な収納スペースが分かるはずです。今後増えるであろう物の量や子供が増える分をプラスすれば、おおよそ必要な収納スペースが計算できます。物を買うお金もかかるし、収納する場所を作るための費用を考えると、出来ればあまり物を持たない生活が理想ですね。

使い勝手のよさ

使い勝手の良さでは重要ポイント。使い勝手をよくするポイントはいくつかあります。キッチンで使うものはキッチン、リビングで使うものはリビングに収納。使い場所の近くに収納を設けるようにすると便利ですね。人気のファミリークローゼットも同じような考え方で生まれました。帰宅して、脱衣所で脱ぐ、脱いだものを洗濯して干し、それをそのまま近くに収納するという動作は理想的ですね。

収納効率のよさ

スペースでも収納をどう取るかによって、収納力が変わります。収納スペースにも建築費用がかかります。同じスペースの大きさなら収納力が多い方がいいですね。収納力が同じなら収納スペースを減らしたいです。

見栄えのよさ

収納は使う場所の近くに設けたいですね。収納は出来るだけ存在感を目立たせたくないものでもありたいです。出来るだけリビングやダイニングなど長時間滞在する場所からは見えない場所に配置し、間取りデザインを工夫したいですね。

過不足ののない収納量、使い勝手のよさ、使い場所の近くに収納を設置、収納の奥行(基本は浅く、でも深いのも必要)、納戸や土間収納の活用、収納効率のよさ、見栄えのよさ、費用など色々なことを想定して収納スペースを確保したいですね。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

 

関連記事一覧

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031