ブログ

木造住宅について

夏は涼しく、冬暖かい家がいいですよね。日本の季節にぴったりの住宅に住みたいのは、家族みんなの希望だと思います。今回は木造住宅について伝えたいと思います。参考にしてみてくださいね。

木造住宅のメリット

夏は涼しく冬は暖かく過ごせる
木は断熱性や調湿性が高く、建物の材料として日本の気候に適しています。
夏は涼しく、冬は暖かく快適に過ごせるでしょう。高い調湿性は結露やカビの発生も抑えてくれるので、湿度が高い日本の夏には最適。

気密性が高い
耐震性を担保するため、鉄骨造と比べて壁や柱を増やす必要が多い木造住宅。その分壁が多い、窓が小さい・少ないといった間取りになり、気密性が高まりますね。

鉄骨造と比べてコストが安い傾向
鉄骨造よりも材料費が安く、工期も短いので建築コストを抑えられる傾向にあります。木材の種類によって費用が変動する可能性があります。住宅用木材の種類についてもいろいろと考えて材料の選別もしっかりとしましょう。

木造住宅のデメリット

鉄骨造りに比べ、柱や壁が多く必要
法律で定められている耐震性を担保するため、鉄骨造と比べて柱や壁を多くする必要があります。ワンフロアの広いリビングや壁一面の窓、高い吹き抜けなど、木造では難しい間取りもあります。鉄骨よりも間取りやデザインに柔軟に対応できる面もあり、木造軸組み工法や木造ラーメン工法だと特に自由な設計が叶いやすいのが木造住宅です。

耐用年数が短い
建物構造体の素材により法定耐用年数が定められており、鉄骨造よりも木造の方が短いです。一般的には自然素材を中心に建築される木造住宅の方が、品質を維持できる期間は短いかもしれませんね。近年は建物の性能が上がってきているので、定期点検や早めの修繕などメンテナンスをしっかり行えば長く住むことは可能でしょう。

職人の腕で品質が左右されるケースがある
担当する職人さんや使用する木材の種類によって品質のばらつきがでる可能性があります。住宅の構造や品質は大きく向上しています。耐震性や耐火性は、鉄骨造でも木造でも法律で定められた基準をクリアする必要があり、どちらの方が特別に弱い、心配ということはありません。木造は日本の気候に合った素材で夏は涼しく冬は暖かくすごせ、鉄骨造よりもコストを抑えられる可能性があります。柱や壁を増やす必要があるので難しい間取りがあるのと、耐用年数は鉄骨よりも劣ること、職人の腕によって品質が左右されるケースがあることがデメリットです。

アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。一棟一棟断熱測定も必ず行っていきます。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031