ブログ

家の周辺環境

家の周辺環境は、とても大切ですね。南側に空き地や駐車場がある場合、何か建設される計画か、建物が建つ場合、どれくらいの高さになるのか環境を確認しましょう。周辺環境について伝えたいと思います。

家の周りの環境

家のまわりのような「小さな範囲の気候」のことを『微気候』。同じ敷地内でも場所が数メートル違うだけで、日の当たり方や風の吹き方、温度や湿度などが違います。家のまわりの環境をよく観察し、微気候を理解することで、より快適に暮らすことができます。エコハウスでは、南側に落葉広葉樹を植えて夏の日差しをさえぎるなど、快適に暮らすための微気候をつくる工夫をしています。

日射を調節する

家の南側に落葉広葉樹を植えると、夏は茂った葉が日差しをさえぎって影をつくり、部屋温度の上昇を防ぎます。冬になると落葉広葉樹の葉が落ちるので冬の低い日差しが室内の奥まで入って部屋を温めます。

風温度の調節

風は通ってきたところの熱の影響を受けます。風の入り口となる場所に植栽や池を設ければ、風の温度が下がります。

夏の日差しを遮ると家の中が涼しくなります
家の南側に落葉広葉樹を植える
すだれを付ける
緑のカーテンを植える

家への日差しの入り方や風の吹き方などを家の周りの環境をコントロールすることでより快適に暮らすことができます。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。一棟一棟断熱測定も必ず行っていきます。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

 

関連記事一覧

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31