ブログ

空間づくり

マイホームをつくる時には、室内空間を考える必要があります。現在、コロナウイルス感染と共に生活リズム関わってきています。いろいろな生活リズムを考えながら室内空間を作っていきましょう。ここでは、コロナウイルスに大した空間づくりに気を付けることを書きました。参考にしてみてくださいね。

空間づくりで工夫すること

新型コロナウィルスからWithコロナ時代のライフスタイルの変化は、住まいに求めることも変化しています。外から菌を持ち込まないことが大切です。家族のひとりが菌を持ち込むと家族みんなが感染する可能性があるので要注意です。玄関先に手洗い場をもうけたり、これからの季節は、アウターを玄関先で脱ぎ着できる収納スペースを確保する家庭が多くなっています。

在宅勤務の増加

感染リスクを減少するため、出社や取引先への訪問などは極力避け、在宅勤務やテレワークが推奨されるようになりました。共働き家庭が多い現在、夫婦ともに自宅でテレワークを行ったり、さらに子供のオンライン学習も同時進行するケースがあることから、多様なワークスペースが求められるようになっています。オンラインとなると背景やお部屋の配置などを気を付ける必要があります。プライベートの部分を見せたくないなど気を配る必要があります。背景なども確認し、リモートを行う必要があります。

外出や旅行の機会が減少

密を避け、生活圏外への移動を控える必要性から、外出や旅行の機会が減少し、自宅で過ごす時間が長くなっています。家に居ながら自然を感じて過ごしたいという希望から、ベランダやバルコニーなど半戸外スペースや、庭をもっと暮らしの中で活かしたいと考える人が増えています。お庭で家族みんなでバーベキューやカフェをしたりとお庭で楽しむ時間を作りましょう。

健康意識の高まり

家の中にウィルスを持ち込まないために、帰宅後のうがい・手洗いは必須になりました。そのため玄関先には、手洗いスペースを設けるところが多くなりました。また、外出時に着た衣類やバッグがしまえる大型の玄関収納や、抗菌や抗ウィルス建材の使用、電気などは赤外線センサー付きや玄関扉の鍵はタッチレス設備するニーズが高まっています。

ダイニングリビングの間取り配置

テレワークの増加や外出機会の減少など、家族の“おうち時間”がこれまで以上に長くなる傾向にあります。家づくりの中でも、家族が集まり食事や団らんを楽しむリビング・ダイニングは、おうち時間が快適かどうかを左右する空間となるでしょう。住宅の新築住宅を検討されるなら、家族のプライバシーを確保しつつ気配が感じられる間取りをおすすめします。住まいの中心であるリビング・ダイニングと、ベランダなどの半戸外空間、ワークスペース、キッチンなどを壁やドアで区切らず、ゆるやかに繋げる間取りにすれば、家族全員が居心地良く過ごせるでしょう。

ワークスペース

家族の仕事や暮らしに合うように、多彩なワークスペースを提案しています。リビング・ダイニング内には、ワークテーブルやワークカウンターを複数配置。適度な距離感を保ちながら、在宅ワークやオンライン学習に対応できるように計画が必要ですね。

仕事とプライベートのON/OFFを切り替えやすいように、独立型の「ワークスペース」を玄関横に配置すると便利かもしれません。独立性を保ちながら、閉塞感が無く仕事や学習ができるよう、間仕切りはガラス仕様に開放的にする必要があります。ちょっとした工夫で明るく、集中できるワークスペースになるでしょう。

室内にウィルスを持ち込まない工夫やおうち時間をゆったりと過ごせるスペースや在宅ワークができるように考えて設計しています。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。一棟一棟断熱測定も必ず行っていきます。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031