ブログ

採光を取り入れる窓の工夫

住まい快適性を左右する要素のひとつである窓には、さまざまな役割や機能があります。明るい光を取り入れ、住まいに新鮮な風を通し、眺めを楽しむことあります。熱の出入りを防ぐことや設置場所によっては外からの侵入を遮ることなどを検討する必要もあるでしょう。今回は快適な窓について伝えたいと思います。参考にしてみてください。

窓の配置や窓サッシ

窓の配置や窓サッシを選ぶ選ぶタイミングは、間取りを検討するのと同時に進める必要があります。その場所に窓が求められる役割を明確にし、家全体の空間構成を考慮しながら検討することが大切です。

敷地や周辺環境、間取りに適したプランで採光を確保

窓のプランニング際に、まず考えたいのは採光でしょう。たっぷりと光を取り入れるためには、むやみに窓を多く取ったり大きな窓を設ければいいというものではありません。空間のつくりを検討する中で、効果的な採光を得られるように配慮することが重要。敷地の形状や周辺環境、季節による太陽の動きなどを把握して、環境に合わせた窓を、効果的に配すること。敷地条件にもよりますが、たとえば、密集地であれば、ハイサイドライト(高窓)やトップライト、床面近くに低めの窓などを取り入れても。プライバシーを確保しつつ採光を得ることができるように配慮することがポイント。

効率の良い通風や換気計画で風のながれる住まい

採光と同時に検討したいのが、通風の確保。風通しのよい住まいは、快適なだけでなく、湿気を防ぎダニやカビの発生を抑えるものです。空調や換気扇といった設備機器のプランニングももちろん大切ですが、効率のよい通風を確保できるような窓を設けることはとても重要でしょう。自然の風を上手に取り入れるためには、まず、敷地の風向をチェックすること。季節による違いも把握しておきたいものです。その上で、効果的に風を取り入れるための基本である、風の入口と出口を確保することがポイント。入口と出口である、ふたつの窓は、風が流れやすいように、部屋の対面に設けるといいでしょう。また、上下に開口部を設けることでも風は通り抜けやすくなります。暖かい空気は上部の開口部から抜けるので、天井近くに設けた窓やトップライトなども効果的です。

日々の暮らしの中での窓からの眺めを楽しむ

日々の暮らしの中では、窓からの眺めも楽しみたいもの。敷地周辺のどのような景色を取り込むことができるか、季節の移り変わり、プライバシーへの配慮なども含めて検討することが大切です。また、窓の形状や大きさ、設置する位置によって見える景色も変わるもの。ソファに座って眺めるのか、畳に座って楽しむのかなど、空間の使い方に合わせたプランニングを。植栽を含めたガーデンプランと同時に考えてもいいでしょう。

間取りや空間スペースに合わせた形状の窓スタイル

窓サッシ形状は多種多様。引き違い窓や上げ下げ窓、内倒し窓や滑り出し窓。出窓やルーバー窓、トップライトなど、各メーカーから豊富な商品が提案されているので、間取りや空間、使い勝手に合わせて自由に選ぶことが可能です。

最近では、リビングなどに適する広い開口部を取ることのできる窓、いくつか並べることで外観デザインのポイントにもなる細めの長方形のもの、小型の丸型や正方形のデザインもみられます。小型やスリムなものであれば、プライバシーを保ちつつ採光や通風を確保することができるでしょう。上部からの光や風を確保するためには、トップライトも効果的。壁面に設ける窓よりも効率のよい採光を得ることが可能なので、リビングや階段の吹き抜け、北側の居室や廊下などに向いています。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。一棟一棟断熱測定も必ず行っていきます。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

 

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31