ブログ

薪ストーブのような暖炉

だんだんとさむくなってくると、お部屋を暖かくしたいですね。暖かい家に帰るとホッとしますね。クリスマスも近づいてきたし、暖かくお部屋で過ごしたいですね。今回は薪ストーブのような暖炉について伝えたいと思います。

薪ストーブのような暖炉

炎を見ながら暖を取るとなぜか、心の中からリラックスできます。揺らめく炎が精神的なくつろぎを与えてくれるからです。遠赤外線の輻射熱でとてもあたたかく、体の芯から暖めてくれて、ホッと落ち着く気持ちや幸せな気持ちになれるからだと思います。簡単に取り入れられる煙突のいらない暖炉をお伝えします。

煙突のいらない暖炉

煙突のいらない暖炉は燃料の種類から分けるとガス式、液体変性エタノール式、環境に良いバイオエタノール式などあります。

ガス式暖炉

ガス式の暖炉はガス会社と機器メーカーの共同開発によりいくつか製品化されていて、ランニングコストもガスファンヒーター同様にリーズナブルな製品があります。ガス管の接続が必要となりますので、壁取付けタイプと床置タイプの固定する製品が多く、どの製品も基本的な仕組みは同様です。

仕組み

室内の空気をファンで取り込み燃焼させた空気を室内に送り出すタイプで、屋外に煙突やダクトで強制排気するタイプに比べると暖かいでしょう。室内の空気を燃焼させ二酸化炭素を発生しているので、適宜換気が必要で、たまに窓を開けたり換気扇を廻すなどする必要があります。安全面では立ち消え安全装置、不完全燃焼防止装置、過熱防止装置、転倒時ガス遮断装置など安全装置もあります。

液体変性エタノール式暖炉

液体変性エタノールを燃料とした暖炉。液体変性エタノールは燃焼させると水と二酸化炭素になるため、水は水蒸気となりお部屋の加湿になります。二酸化炭素は増えるので完全締め切りではなく換気が必要です。ただ24時間換気により計画換気がされていれば窓を閉めていても、ほとんどの部屋では問題ないかもしれませんが、換気は定期的にする必要があります。

仕組み

液体変性エタノールのエタノールとはいわゆる高濃度アルコール燃料のことで、日本では法の締め付けやコスト等によりなかなか発展してこなかった経緯がありますが、海外では石油が出回る前から自動車にも利用されていたので馴染みの深い燃料です。

煙突のいらない暖炉の暖かさ

実際の暖かさは、炎の大きさに比例して暖かいです。と言っても実際の炎を見て暖を取ることの少なくなった現代ですので、なかなかその感覚が失われていると思います。暖炉ひとつで16畳の部屋が暖められる。暖かい石油ストーブや電気ストーブと違って、本体全体が熱くなるので、その輻射熱で360度全方向に暖かいです。本体の熱さは、このように手を近づけると熱が伝わってきて、逆にこれ以上手を近づけてはいけないというのがわかります。この暖炉本体は薄い鉄板なので、蓄熱効果はそれほどなく、内部の燃料タンク脇とかに玉砂利を入れておくと蓄熱効果は増すので消してもしばらくは暖かいようです。

これから寒い時期暖炉がある家に住みたいですね。冬とても暖かく、リラックスできる素敵な住まいとなるでしょう。アトムアソートの住宅も、快適な室内空間を保ちながら、自然素材に特化した住宅の設計施工も手掛けていますので気になる方は、ご連絡くださいね。弊社は、高断熱住宅を推進しています。一棟一棟断熱測定も必ず行っていきます。自然素材の塗料を取り扱いしており、健康住宅を目指し、皆様に健康で長く快適な暮らしを提供しております。自然エネルギーの利用と有効活用をして省エネルギー住宅に努めています。環境に優しい自然素材を利用した住宅のなので体に優しく快適な住空間が実現できます。家族構成やライフスタイル、敷地等にあわせた自由度の高い注文住宅をご提案します。生活スタイルに合わせて長く心地いい自然素材を組み込んだ健康住宅を実現しましょう。身体に優しい注文住宅に関するお問い合わせは、弊社までご連絡ください。

ご連絡はこちらから

関連記事一覧

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31